hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

慢性疲労症候群

問い「不妊体質に振り回される愚かな毎日から解放されたい」

問い「不妊体質に振り回される愚かな毎日から解放されたい」

【ご質問内容】

お忙しい中、駄文に目を留めて下さり感謝いたします。

現在34歳です。 
3年前、第一子を帝王切開で出産したため、2~3年間は妊娠を避けるよう指導がありました。

半年前、第二子妊娠に向けて頑張ろうと思った矢先に、突然3ヶ月間の無月経を経験しました。

不妊治療には抵抗がありましたが、年齢もギリギリですし、2か月前に不妊検査だけでも受けようと決心するも、生殖器の機能が低下しているのか、検査が進んでいきません。

一般に女性が28日で一つの周期を終える中、私は45日もかかりました。当然、妊娠の機会は減ります。

自分の体が信用できず、焦っていることを医師に伝えるも、 
「心の問題まで不妊外来で扱えない。不妊治療はいったん辞めておいて心療内科か精神科に行きなさい」と一蹴されてしまいました。

検査は全部終わっていないものの、これまで受けた検査はすべて問題なしでした。

でも、普通の女性のように周期も整わず、妊娠もしませんでした。

排卵日が近づくたびにイライラ、ソワソワ、 
妊娠が成立しなかったことがわかるたびに落ち込み、眠れなくなり。

本当にバカみたいです。

正常にホルモンの分泌もできない、欠陥品の体を壊したくなる衝動にかられます。 
本当に下腹部を棒で殴りまくり、アザだらけにした日もありました。

子どもの笑顔を見ても「あなたのきょうだいをつれてきてあげられなくてごめんね」 
と卑屈で惨めな気持ちになります。

無意識に妊活やまだ見ぬ第二子のことで頭がいっぱいになっている自分が恥ずかしいです。

何かが嬉しいとか、楽しいという気持ちも弱くなりました。 
どんなに良いことがあっても、誰かが耳元で「でもあなたは、一人しか子どもを産めなかったんだよね」とささやきます。

これはもう、夢や願いなどではなく煩悩、執着といった醜い感情ではないでしょうか。

こんなものに振り回されるのはもうたくさんです。

今いる子に全く関係ないことで悩みながら子育てしているのは、二重人格的で苦しいです。

不妊治療はあくまで生殖活動の補助であり神仏に代わって命を作っているわけではないので、否定はしませんが、 
子どもは授かりもの、授からない奴は前世で悪いことをしたからだ、などと言われていた時代の方がまだサッパリしていたかもしれません。

終わらない悩みを断ち切ってくださるお言葉を賜りたいです。


【拙回答】

ホルモンバランスの変化について

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

お子様を授かるためのご縁が調えば、また授かれることもできるのではないだろうかと存じます。

そのご縁をどう調えるかとなりますが、何よりまずは、ご夫婦仲睦まじくに、お互いで支え合って助け合って、そして、お子様のこともご縁が調えばにて。

そのためにもご自身のお身体、ご家族を大事に、大切に。

ホルモンバランスの変化につきましては、副腎機能の低下の問題が考えられます。

最近よく耳にする慢性疲労症候群の原因でもあります。

もし、慢性疲労症候群に当てはまるようなことに心当たりがあれば、不妊治療と全く関係ないとあまり思い込まれずに、一度、慢性疲労外来を受診されても良いのではないだろうかと存じます。

心の不安定も、意外にも原因は、身体の機能的な問題にあることも。

ふゆり様、ご家族のお幸せを心から祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「これからのこと」

問い「これからのこと」

【ご質問内容】

連日すみません。 
どうにも精神不安定です、 
最近は電車でも泣いてしまいます。 
耳のことを考えれば転職しなきゃなんですが、 
どんな仕事を選べばいいのかぜんぜんわかりません。 
日常生活で耳栓つけてないですし、もう聴力に異常がでるのは仕方ないと諦めて今の仕事をつづけるしかないのかなあと、疲れました。 
今の職場はすきです。 
あと、イベント映画館カラオケいけないのがやはりつらいです。 
行動制限は本当に本当につらいです。 
会社のパーティにもいけません。 
あと、風邪をひくと中耳炎になりやすいらしく、毎日気を付けて参りました。 
アレルギーのせいで常に搾取気味で不快です。 
耳鳴りも自室が静かなんで煩わしいです。 
耳鳴りになってから、不安でもう半年安心して寝れてないです。 
家族はわかってくれずつらいです。 
悲惨な将来を迎えたくないです。


【拙回答】

不調の原因

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

前回のご質問にもお答えさせて頂いておりますが、少し身体的機能における問題が心配でございます。

身体的機能の不調により、心も色々と不安定に陥られていることであるのかもしれません・・

やはり、免疫機能の問題か、副腎機能のホルモンバランスの問題などが考えられます。

例えば、それらの問題が原因としてある起立性調節障害や慢性疲労症候群といったものは、なかなか周囲に理解が得られずに苦しんでおられる方も多くございます。

是非、一度、起立性調節障害や慢性疲労症候群について扱いのある病院を受診されてみることをお勧め致したいと存じます。

早く不調を治して、このまま好きな職場にて、笑顔で活き活きした日々を取り戻せますことを祈念致します。

川口英俊 合掌

問い「生きているのがしんどいです」

問い「生きているのがしんどいです」

【ご質問内容】

私はこの前病院に行っていくつかの検査をしてきました。 
大きな病気とかではなく、胸の痛みと胃の痛みと頭痛がありその原因がなんであるか、何も大きい病気はないことを確認するためでした。

結果として何も見つかることはなく、担当の先生が言ったことは受験などのストレスからくる鬱だろうと言われました。

私は自分が鬱だとは思わなかったのでとても驚きました。 
受験に対してもそこまでストレスを感じているというわけではなかったので、そこにも驚きました。

この体調不良が精神的なものからくるのであれば、私の何がいけなかったんだろうか。と思いました。 
自分の過去の言動が全てダメだったんではないか。この程度のストレスに負けるなんて弱い自分が悪いのではないかとも思いました。

病院に行く前、めったに泣かない私が、教室で泣いてしまいました。泣くというより勝手に涙が出てきたんです。 
初めてのことで、とてもびっくりしました。

頭痛はもう5年間、ほぼ毎日あります。 
私は今、大学に行くために勉強しています。大学に行って資格を取ってなりたい職業があるからです。

でも、この頭痛を抱えて仕事ができるのか。と考えるようになりました。

社会に出れば保健室で休むということはできません。心配されたとしても最初くらいでしょう。痛みはなかなか他人には理解してもらえません。 
たかが頭痛、で片付けられてしまいます。

仕事をするために勉強を頑張っているのに、仕事ができるかわからない。 
じゃあ、私は今なんのために頑張っているんだろう。と考えるようにもなりました。

病院で鬱だと言われた時、他に言い方がなかったから、そう言ったんだとわかっていてもショックでした。

ストレスなんてないよと親に言っておきながら、本当は自分が漠然とした何かに苦しんでいることに気づいていました。

でも、親にも友達にも彼氏にも本当の気持ちなんて言えません。平気だと嘘をついて、気持ちを偽って、そんな自分がますます嫌いになっていきます。

たまに、本当に死んで消えてしまいたいとすら思います。自分が何に苦しんでいるのかすらわからない。本当のことは誰にも言えない。人前でも泣けない。 
みんなの記憶から自分の存在が消えれば迷惑をかけることもないのにと思います。

私はこんなドロドロとした真っ黒な気持ちをどうしたらいいですか?


【拙回答】

身体的原因を更に探る

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

原因不明であっても、身体的な症状が出ている以上は、必ずその症状の身体的な機能における因縁(原因と条件)があるはずです。

例えば、起立性調節障害、膠原病なども考えられます。または、ホルモンバランスの変化・崩れによっての副腎疲労・慢性疲労症候群の予備的な症状といったことも考えられます。

一概に、「鬱」だとして済まされてしまって、本当の原因が見過ごされ続けてしまっては、取り返しのつかないこともございます。

もう少し身体的なことにおける原因を探るということをお考え頂きまして、上記も参考に調べて頂く余地があるのではないだろうかと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「長引く体調不良には何か意味があるのでしょうか?」

問い「長引く体調不良には何か意味があるのでしょうか?」

【ご質問内容】

どうぞ宜しくお願い致します。 
10年ほど前に、子育てによるストレスの為、身体を壊し、10年かかって(通院・服薬)ようやっと回復していたのですが、

この3ヶ月ほど前からやはり日常の様々なストレスから胸が苦しくなったり、血の気が引くように身体が痺れたり、突然、たまらないほどの不安感に襲われ、吐き気までするようになってしまいました。

とうとう就寝前には、「また明日が来るのか…」と何もかもが憂鬱に思うようになり、朝、目が覚めた途端に動悸がします。

もちろん病院では、各科ちゃんと診てもらいましたが、特に異常はなく、お薬をもらうだけでした。

このような状態が毎日続いているので、心もとてもしんどくなって、何も楽しめなくなって来てしまい、自分でもどうしたら良いものか? 
かなり参っております。

こんな辛く感じる毎日をどのように過ごすように心がければ、 
このようにストレスが身体に顕著に現れずに、穏やかに淡々と過ごせるようになるのでしょうか?

10年かかってだいぶ元気になり仕事にも行けるほどにまで回復していたので、 
「また振り出しに戻ってしまった…」 
と、絶望感でいっぱいです。。。

どうぞ宜しくお願い致します。


【拙回答】

慢性疲労症候群の疑い

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

もしか致しますと、産後のホルモン・バランスの乱れ、免疫機能の乱れが原因であるのかもしれませんね・・

慢性疲労症候群、副腎疲労を疑って、慢性疲労外来のある病院で一度調べられても良いかもしれません。

「慢性疲労 ○○県 病院」と検索されると、扱いのある近くの病院が見つかるのではないかと思います。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「恐怖心と不安感を無くすにはどうしたらいいですか?」

問い「恐怖心と不安感を無くすにはどうしたらいいですか?」

【ご質問内容】

夫が3月末から不安神経症を発症し、最初は体の不調を訴えるだけだったのですが、だんだん狂った感じになってきてしまいました。私も子供二人の面倒を見つつ、主人の対応をしていました。凄く狂った感じになりそうな時は義母に連絡を取り、一時間かけて来て貰っていました。しかし、私もストレスが溜まり主人の狂った感じに恐怖を感じてしまいました。『このまま私もおかしくなってしまったら、子供たちはどうなってしまうのか…逃げたい。』と思い、義母に必死に訴え何とか私の実家に子供を連れて行ける事になりました。自宅を出て3週間位になります。まだ、主人と向き合えるか不安ですが、そろそろ自宅に戻ろうかと思っています。娘には『パパは病気なんだよ』と言ってはいるものの、まだ5才です。主人の狂った感じを見ていたり、倒れて救急車騒ぎになった事が2回ほどあり、自分から口にはしませんがかなりショックを受けたように思います。少し聞くと「パパ怖い。」と言っています。無理に帰って子供の心に傷を残してしまっても…っと思います。義母には『まずはママが自信を見せないとダメでしょう』と言われましたが、私もまだ不安です。しかし、主人は家族でやり直したいと頑張っているみたいです。なので思いきって帰宅を…っと思いますが、どうしたら私と娘から不安、恐怖心を取り除くにはどうしたらいいのでしょうか?

追記:義母の話によると、本人は病気のせいか私達が出ていった事が何故出て行ったのか理解できてないようです。そのような人の面倒を見ながら子育て…ますます不安です。


【拙回答】

体調不良→心の不安の場合

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

少し気になりましたのは、ご主人様のことになりますが、精神不安→体調不良ではなく、徐々にでも体調不良→精神不安であるのかもしれないかな、というところでございます。

心と身体は密接に関連しあいます。もちろん、心の不安→体調不良の場合も十分あり得ますが、もしも、体調不良→心の不安である場合、いくら心療内科等で心の問題(あるいは脳神経系バランスの問題)の治療に取り組んでも、対処療法にしかならず、根本的な改善には向かわない可能性がございます。

もしも、体調不良→精神不安であった場合、副腎疲労・慢性疲労症候群、膠原病等によるホルモンバランスの乱れ、免疫機能疾患、またはウイルス感染など、何か根本的な問題があることも考えられます。

過去の既往歴も鑑みられながら、少しくにでも医療機関における今後の治療方針へと向けた参考にして頂けましたらと存じます。

お子さまもまだ小さいですし・・本当にご心配申し上げます。

どうか善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「生きる意味」

問い「生きる意味」

【ご質問内容】

今現在生きてく意味が無いです。 
仕事、家庭、家族、すべてなくしてしまいました。 
もう辛いです。毎朝泣けてきます。 
楽になりたい。ただそれだけ感じます。


【拙回答】

心と体の関係

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

前回のご質問も拝見させて頂きました。

心の病気のせいのこともあるかとは存じますが、体調不良が、心の病気の原因となってしまっている場合もございます。

私たちもそうですが、身体が不調であれば、やはり元気も出せませんし、マイナスなことばかりを考えて落ち込み、更に心もしんどくなっていってしまうものであります。

体調不良に心当たりがあれば、心の病は体調不良から来ているのかもしれないとして、心の病の治療は対処療法にしかなっていないのかもしれません。それではいつまでたっても良くならないことになってしまいます。

もし、その体調不良の原因が分かり、根本的な改善が見込められれば、おそらく、改善と共に、元気や、やる気も出てくるのではないだろうかとも存じます。そうするとまた働き出せて、そして、家族を再び迎えることだってできるかもしれません。

「生きる意味」というものには、「これが生きる意味です」と言えるような何か「実体」があるわけではありません。でも、それは無いということではなくて、色々な因縁(原因と条件)によって成り立っているものであり、良い因縁によれば、良い意味となり、悪い因縁によれば、悪い意味になる、そういうものであります。

とにかく、良い因縁によって、これから良い意味へと変えていけるように努めて参りたいものとなります。

その良い因縁の一つに、少し身体のことについての、例えば、副腎疲労や慢性疲労症候群、あるいは膠原病など、何か自己免疫的なこと、ホルモンバランス的なことが、心の病に関わっていないかどうかを調べられてみられても良いのではないだろうかと存じます。

身体と心は密接に関連しています。身体は関係ない、心にだけ問題があるとあまり思い込まないようにすることも必要です。

とにかく、良い因縁をしっかり調えていければ、きっと良い結果としての意味も見いだせて参ります。

どうか希望を失わずに。

川口英俊 合掌

問い「心と体が重たいです。」

問い「心と体が重たいです。」

【ご質問内容】

自律神経失調症から来るふわふわめまいで月曜日は外出出来たのに、きのうから今日は体が重たいです。2日間引きこもりです。外に出ると回転性のめまいが起きるのではという予期不安が頭をよぎってしかたありません。それに電車やバスに乗る事も出来ません。ポジティブ思考になるようにと思っても切り替えが下手です。いつまでこの状態が続くのか良く外出していた頃の自分に戻りたいです。


【拙回答】

副腎疲労、慢性疲労症候群かもしれません

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

体調が悪いことで、なかなか前向きになれないお気持ち、不安な心をお抱えされておられるご様子・・誠におつらいことでございます。

とにかく、その「めまい」ですよね。

色々と治療や投薬はされておられるかとは思いますが、もしかすると対処療法にしかなっていないのかもしれません。

要するに根本的な治療になっていないということでございます。

また、自律神経失調症について、その原因には、自己免疫の問題やホルモンバランスの乱れ、アレルギー疾患、あるいは、副腎疲労、慢性疲労症候群、膠原病などいくつか根本的な原因となっているものも考えられます。

一度、副腎疲労、慢性疲労症候群を疑ってみられて、扱いのある医療機関へと受診されてみられてはどうでしょうか。

根本的な原因がしっかりと分かれば、根本的な治療も可能になるのではないだろうかと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「体の変調」

問い「体の変調」

【ご質問内容】

食べ物が美味しくいただけません。1日一食アイスクリームか、スイカ、どらやきのどれかをたべて元気だしてます。夜だけはお弁当たべますが7割食べると美味しくなくなり胃がロックされたかんじです。 
食べたいけど食べたい人とは、食べれない。きっと他の秀人食べてるのでしょう。妄想ですが。父の側にいきのも悪くないか子供らは自分等で成長するし。で、未練?なあ?ただ大きな声でわらいたいくらいです。


【拙回答】

更年期障害や慢性疲労症候群・副腎疲労が原因かも・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

身体の変調にお悩みにて、また心も不安定なご様子・・誠におつらいことでございます。

これまでのご質問も読ませて頂きましたが、その中において、心の不安定なのも、もしかすると身体の変調に原因があるかもしれません。

例えば、更年期障害、または慢性疲労症候群・副腎疲労によるホルモンバランスの乱れなどが考えられますし、それらによっての鬱傾向がもしかすると出ていらっしゃるのかもしれません。

一度、更年期障害、慢性疲労症候群について扱いのある医療機関へと受診されてみられてもどうであろうかと存じます。

身体が安定すれば、心も安定してくるかもしれませんし、とにかく、身体の不調から、まず改善に取り組んでみられて下さいませ。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「学校に行けません。疲れました。」

問い「学校に行けません。疲れました。」

【ご質問内容】

生きているだけで疲れてしまいます。 
私は小学5年生のときに親に「生きるって疲れるね」と言ったそうです。

弱さを克服出来ぬまま約10年経ち、不登校気味になっています。もうすぐ出席日数が足りず退学になってしまいます。何故かはわかりませんが、学校に対して不安を強く感じ、お腹が痛くなってしまいます。不安障害だと心療内科では診断されました。

体は至って健康なはずなのに、すぐに心身ともに疲れてしまいます。

死にたいとは思いませんが、もう疲れました。 
どうしたら明るくなれ、学校に行くことができるのでしょうか。そもそも私は学校に行かなければならないのでしょうか。しかし働く方が大変だとも言われ、どうしたらいいかわかりません。

【拙回答】

もしかすると慢性疲労症候群や起立性調節障害かもしれません。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「生きているだけで疲れてしまいます。」・ 「体は至って健康なはずなのに、すぐに心身ともに疲れてしまいます。」・・

もしか致しますと、表面上、形式的な検査では調べてみれば健康に問題がない場合であっても、慢性疲労症候群や起立性調節障害、あるいは膠原病である可能性がございます。

心のご不安も、それらの身体的な原因が引き起こしてしまっている場合も考えられます。

星大晃様もおっしゃられておられますように、もっと「からだの声をきいて」みられるということで、拙生も心療内科とは別に、セカンドオピニオン的に、慢性疲労症候群や起立性調節障害を疑ってみられて扱いのある医療機関を受診されてみられてはどうであろうかと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「心のやまいで、興奮が収まらないです」

問い「心のやまいで、興奮が収まらないです」

【ご質問内容】

はじめまして。では、早速本題へ。

私は、とある心のやまいで、15年近く闘病してます。 
発症直後は、病状軽かったですが、病名が、次々と

変わり、顔つきも、変わってしまいました。 
この頃は、日常的に、興奮しすぎてます。

色々、季節的に、体調に、あってないの 
かもしれません。一番好きな季節なのに。

きちんと、処方薬もつねに、飲んでます。 
興奮してるなって思ったら、 
その場から離れ、その物事を 
やめるしかないのでしょうか?

(ちなみに、やまいは、妄想とか 
あると言われるやまいです。) 
幻聴幻覚はないので。

興奮おきると、買い物依存に走ります。

hasunohaで、以前、他のかたの、解答見ました。

心のやまいは、だらだらで、 
なく、早めに治さないといけないと。

ショックでした。

はじめてなので、簡単に書きました。

返信お待ちしております。 
お忙しいなか、読んでいただきありがとう。

【拙回答】

慢性疲労症候群、副腎疲労の疑いも

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

心の病は、もしかすると本当は心の病でないことの場合もございます。

身体の不調が心の病の症状を引き起こしてしまっていることもございます。

例えば、起立性調節障害や膠原病、あるいは、慢性疲労症候群、副腎疲労などが原因であるかもしれません。

何らかの免疫不全による要因が、ホルモンバランス、脳内神経物質のバランスを悪くしてしまっていることもあり得ます。

興奮が強いとなれば、ご存知であるかと思いますが、ドーパミンやアドレナリン、セロトニンなどのバランスが悪くなってしまっているということが考えられます。

そのバランスが悪いとなれば、もしかすると副腎に問題がある可能性もございます。

とにかく、無理や焦りは禁物ですが、もし宜しければ、慢性疲労症候群、副腎疲労を疑われてみられまして、扱いのある病院へと一度、セカンドオピニオン的にも受診されてみられてもどうであろうかと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ