hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

生き方

問い「どのように生きていけばいいのか分かりません」

問い「どのように生きていけばいいのか分かりません」

【ご質問内容】

私は過去から現在進行形で悪いことや責任の放棄、怠け、逃げ、裏切りなどを重ねてしまい周囲の人も自分自身も悩ませ、不幸にしてしまいます。

せっかく親切にしてくれる人もはねつけてしまいます。

人の気持ちを全く考えられず、思いやりが持てません。

自分と同世代の人を見ると自分があまりに幼く、未熟で惨めです。

変わろうと思ってもすぐ元に戻ってしまいます。自分よりひどく、何もできない人間は他にいないのではないかとも思います。

人生がどん詰まりのように思います。どのようにこれから先生きていけばいいのか分かりません。

私はもう21歳なのですが、自分を変えて人生をやりなおすことはできるのでしょうか。


【拙回答】

動機と行動

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

まだお若い。。うらやましい。。

変わることはもちろんできるでしょうし、全てのモノ・コトというものは、変わりゆくもの「無常」であり、永久永遠に変わらないものなど何も無いのであります。

とにかく、変わるためには、そのための因縁(原因と条件、動機と行動)も必要となります。

変わろうとする意思・動機と共に、変わるための行動が欠かせないものとなります。

とにかくあまりご自身を卑下してしまっての自己嫌悪に陥らずに、まず短所と長所をしっかりと自己分析して、また、客観的な意見も良く聞いて、短所を直し、長所を伸ばせるように、できることから一つ一つが大切となります。

自省されて、懺悔・慚愧されておいでで、変わりたいとの強い意思がおありでしたら、あとは実際の行動次第にて変わっていくことになるでしょう。

焦らずに進められて下さい。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「どうやって生きていけば」

問い「どうやって生きていけば」

【ご質問内容】

私は言葉がきつくて、たくさんの人を傷つけます。自分はその人のことが大好きなのに、公共の場でうるさくした友人に黙れといってしまっことがありました。私が友達に言ってしまったことはこれだけではないです。

毎日、夜に布団のなかで反省しては自己嫌悪に陥ります。そこで後悔しても、何度もくりかえしてしまいます。

人を傷つけるだけの私は生きている意味がないんじゃないかと思うことが多々あります。 
私はどう生きていけばいいのか教えてください。死ぬのも一つの手だと思っていますので、そのときは受け入れます。


【拙回答】

相手の事を思い遣る心を育てるために

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

怒りに任せて言葉が出てしまうといった感じでしょうかね・・

相手の事を思い遣る心を育てることで、抑制、配慮もできていけるようになるのではないだろうかと存じます。

相手の事を思い遣る心を育てるための一つとして、仏教的には「慈悲の瞑想」がお勧めとなります。

「慈悲の瞑想」につきましては、日本テーラワーダ仏教協会さんの「慈悲の瞑想」が有名ですので、下記にご紹介させて頂いておきます。

「慈悲の冥想 Metta Bhavana」 

「慈経 Metta Suttam/※注意・パーリ語読み自動再生あり」 

一つ参考として実践なされてみて下さいませ。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「人間と関わらずに生きたい」

問い「人間と関わらずに生きたい」

【ご質問内容】

宜しくお願い致します。 
11年前より、精神障害を患っています。

主治医が「貴女みたいな人は初めてです」と仰るほど、孤独好きで、人間が好きではありません。独りが楽です。 
人間に対して寂しいという感情はありません。

病気の内容にて、家族との思い出などもありません。 
人間は裏切る動物だと、根底にも脳にも刻まれています。

人間と関わらずに生きるには、どのような方法がありますか?

動物たちとだけ、暮らしたい。 
いや、苦しい今、そんなにしてまで生きなくても良いと、心は思っています。

宜しくお願い致します。


【拙回答】

慈悲心の滋養

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

もしか致しますと、人間の心に控えている悪い煩悩や無明(根本的な無知)に、人間嫌い、人間不信となられてしまわれている原因があるのではないだろうかと存じます。

実は、ひかり様も拙生も、人間全般、あるいは、動物たちも含めて、この輪廻において迷い苦しむ衆生の全ては、特に「無明」に侵されてしまっています・・

皆、迷い苦しみに喘いでしまっているのであります・・

何とかして、迷い苦しんでいる私、そして同じように迷い苦しんでいる皆、その原因となっている「無明」を対治したい、してあげたいというように、少しずつでも「慈悲の心」を滋養してことで、人に対しての見方も、慈悲の心を向けていけるように変えていくことができれば、誠に有り難いことであるかと存じます。

慈悲の心を滋養していくためとして、「慈悲の瞑想」がございます。

日本テーラワーダ仏教協会さんの「慈悲の瞑想」や「慈経」が有名ですので、下記にご紹介させて頂いておきたいと存じます。

「慈悲の冥想 Metta Bhavana」 

「慈経 Metta Suttam/※注意・パーリ語読み自動再生あり」 

「慈悲(四無量心) 」 

川口英俊 合掌

問い「お坊さんが思う上手な生き方とは」

問い「お坊さんが思う上手な生き方とは」

【ご質問内容】

私は最近よくお坊さんq&aを見させてもらっています。お坊さんの考え方を聞いて、なるほどなー、勉強になるなー、と、いつも感心させられています。 
私は、お坊さん達の回答を見て、考え方が変わり、今まで抱えていた悩みが減り、生き方が少し変わるようなことがたくさんありました。 
そんなお坊さん達に、これから悩みがすこしでも少なくなる、人はどう生きていくべきなのか、またどのように生きていけばよいのか、お坊さん達が考える上手な生き方を聞きたいなと思いました。 
私は間違った生き方を知らずに続けて後々後悔することを少しでも減らしたいです。 
これから少しでも自分のためになる生き方をしていきたいと思っています。回答よろしくお願いします。


【拙回答】

ありがとうございます。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「私は、お坊さん達の回答を見て、考え方が変わり、今まで抱えていた悩みが減り、生き方が少し変わるようなことがたくさんありました。」・・

ありがとうございます。誠に嬉しいご意見に、有り難しボタンを押したいご質問でございます。「有り難し」。

「これから悩みがすこしでも少なくなる、人はどう生きていくべきなのか、またどのように生きていけばよいのか、お坊さん達が考える上手な生き方」・・

そうですね。とにかく、全てのモノ・コト、もちろん、悩みもそうですが、良し悪しに拘わらず、必ず因縁(原因と条件)があって成り立っているものとなっています。

ですから、悩み苦しみも、その因縁をしっかりと見極めて、好転させる因縁へと変えてやれば、少なくしたり、無くしたりもできるということになります。

その因縁の見極めと共に、因縁を好転させていくために取り組むべきことについて、仏教では多くの視座が示されるところとなっています。

ですから、是非、仏教の修習を自分の生き方へと活かして、役立てていって頂けましたら、誠に有り難いことであるのではないかと存じます。

あとは、「中道」になりますかね。断滅論、常住論などの極端論はできるだけ避けて参りたいところとなります。

自分のためだけでもダメですし、他人のためだけでもダメという感じです。「自利利他」の円満が求められるものとなります。

そのためにも「縁起」という、他に依存して成り立つことができているあり方についての理解を深めるのも必要になるでしょう。

そして、「縁起」と共に理解しておきたいのが、「空」というものになります。

また、これからも仏教を学ばれていかれます中では、是非、「縁起」と「空」というキーワードを常に意識しておいて頂ければとも存じます。

少しご参考までにて。

川口英俊 合掌

問い「生き方」

問い「生き方」

【ご質問内容】

自分に自信がないのか・・・よくわからない(自分で、いいところもいっぱいあるのもわかっている気がするのに)のですが・・・ 
他人に過去にいわれた自分の言動(とがめられ責められた部分)を思い出しては、またとがめられ責められるのではないかと疑心暗鬼になり、のびのびできない自分がいます。 
失敗をただして直せばいいという考え方もありますが、そうやってもどこか繕うようなばかりで、打たれ弱くもなり、どう生きるのが正解かよくわかりません。 
跳ね返すだけの強さがあればそれでもいい気がしますが、そうすると自分の性格がきつくなるようで。 
人からの批判に弱いのかもしれません、完璧にしたいのかもしれません。完璧な人なんていないし、完璧でない自分でも受け入れて仲良くしてくれる人はもちろんいます。でも、そうでなかった過去が怖いのです。万人と仲良くやるのは無理だとわかっているのに、怖いのです。 
どうやって生きていけばいいのでしょうか?


【拙回答】

どうして、から、どうすれば、へ

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

過去の失敗に少し萎縮されてしまわれているようですね・・

当たり前のことですが、人間誰にでも失敗は付き物です。

問題は、その失敗を前向きなことにするのか、後ろ向きなことにするのかで、大きく異なることになって参ります。

それは、例えば、失敗について、「どうして」と思うか、「どうすれば」と思うかの違いです。

前者の場合は、自分や他人や環境、運などのせいにして、失敗を失敗としては認めたくないというようなことで、自己嫌悪、怒り・憎しみ・嫉妬などで苦しんでしまうことになります。

後者の場合では、その失敗を反省し、その原因を分析し、では、二度と同じ過ちを繰り返さずに、更にその失敗を活かして、どのように前へと進めるべきであるのかと、前向きに考えることになります。

もしかすると、りりー様は、まだその失敗に「どうして」と、心のどこかで納得できていないこともあるのではないかと存じます。もちろん、納得できているかどうかに拘わらず、現実にその失敗でまだ苦しんでしまっている自分がいるのは事実でございます。

とにかく、今一度、「どうすれば」として、その失敗について、前向きに、これからの自分へと活かしていけるように調えて参りたいものでございます。

まあ、人間、やはり性格や環境、思想・信条なども異なる者同士、合う合わない、色々ございますし、もちろん、全てを完璧にできるような者もおりません。

お互いがお互いで不完全な者同士、弱い者同士であるからこそ、支え合いや助け合い、分かち合い、補い合いが大切となるのでございます。

頼り頼られのお互いのより良いバランス関係を保つことが、この世においてより良く幸せに過ごすために大事なことになります。少しこのことも意識されてみて下さいませ。

川口英俊 合掌

問い「明日死ぬかもしれないのに、努力できるのはなぜですか?」

問い「明日死ぬかもしれないのに、努力できるのはなぜですか?」

【ご質問内容】

「明日死んでも悔いのないように生きる」 
という考え方と

「目標にむかってコツコツ努力する」 
という行動が、どうしても矛盾してしまうように思います。

1日で達成できない目標がある場合、その過程で死んでしまったら悔いが残るように思えて、コツコツ努力できない自分がいます。

もし本当に明日死んでしまうのであれば、1日でやりきれる楽しいことを選んでしまうのが普通ではないでしょうか?

目標に向かって進んでいれば、道半ばで死んでしまっても救われるのですか?

教えて下さい。


【拙回答】

「目標」をどこに設定するのか

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

人生の「目標」をどこに設定するのかによって変わってくるかとは存じますが、今生における世間世俗的な幸せ(お金や地位や名誉や権力など死ねば消えてしまうような幸せ)を目標とするのであれば、死んでしまえばそれで終わりとなってしまいます。

一方、仏教では、今生だけではなく、来世、来来世も引き続いていく心(心の連続体・心相続)の向上に取り組むことで、やがて「悟り」へと至ることが目標となります。

今生だけの世俗的な幸せを目標とするのか、それとも仏教の目指す究極的な悟りという幸せを目標とするのか・・後者を目標とするならば、仏教を修習し、智慧の開発と福徳行(善徳行・方便行)に精進努力していくことが必要となって参ります。

何よりも、これからの心相続、心の連続体の赴きにおいては、己自身の行い(業・カルマ)によって、その赴く先、境涯が決まっていくこととなります。

ですので、できる限り、この今、現在、そしてこれからも、確かなる仏道を歩みて、善き業・カルマをしっかりと調えることで、より善い赴き先、境涯へと向かえるように調えて参りたいものでございます。

できましたらこれを機会に、少しなりにも仏教に興味を持って頂きまして、是非、学びを進めていって頂けましたら有り難くに存じます。

共に頑張って参りましょう。

川口英俊 合掌

問い「わかりません」

問い「わかりません」

【ご質問内容】

今更ですが 
自分が生きてきた意味がわかりません

離婚して19年 
ずっとひとりで子供を育ててきました 
周りの人たちも支えてくれたと思います

でも 
辛い時もずっとひとりでした 
強がって生きてこなければ 
この世にいないと思います

今、お付き合いしている彼が 
『女のくせに強がってばっかりや』 
と言います

私は甘え方などわかりません 
どう頼っていいのかもわかりません

彼に 
自分の生き方を否定されているみたいで 
なんともいえない気持ちになります

私の生きてきた道は、生き方は間違いなのでしょうか? 
両親がいて子供がいて 
そういう生活してることが幸せなのでしょうか? 
強がって生きてきたことは間違いなのでしょうか?

私は辛くても 
自分の生き方に後悔したことはありません 
ただ否定されてるみたいで 
間違っていたのかと自信をなくしかけてます

【拙回答】

生きる意味について

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「生きる意味」・「生き方」というものは、人それぞれにおいても異なるものであり、「これです」と決めて言えるものではなく、また、色々な因縁(原因と条件)次第によって変わっていくものとなります。良き因縁であれば、良き意味になるでしょうし、悪い因縁であれば、悪い意味になるということでございます。

他の評価を気にされるところもあるかもしれませんが、結局は、自分で満足できているのかどうか、というところによるかもしれません。

とにかく、どのようにすれば、自分が満足して幸せに過ごすことができるのかどうかということを考えて、そこへ向けた良き因縁を調えていくことが大切となります。

自分が満足しているのかどうか、幸せであるのかどうかで判断なされてみて下さいませ。

あとは、私たちという存在は、独りで生きているようでも、実はそうではなく、無数のものたちに依存して生かされて生きることができております。この助け合い、支え合い、分かち合いの必要となる世界においては、互いに頼り、頼られという関係性のバランスも大切となります。

あまり何でもかんでもを独りで頑張ろうとばかりされずに、しんどい時、辛い時、苦しい時には、周りもどうぞ頼られて下さいませ。そして、また自分のできることでお返ししていければ良いのであります。お互い様で有り難うという感じにて。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「なにもかも嫌になって自信をなくしました。」

問い「なにもかも嫌になって自信をなくしました。」

【ご質問内容】

僕は今、高2なんですが今僕は二ヶ月前から不登校でして、これからの自分の生き方が分かりません。 
なぜ不登校になってしまったかと言うと、自分は何のために生きているかが分からなくなったからです。 
僕は小学校の時に中学受験をさせられまして、僕はその時勉強がものすごく苦手で中学受験をしたくないと言い続けても親はその話を聞いてくれませんでした。友達との遊ぶ時間や家族の時間を削って削って苦しみながら勉強をしました。親からは「努力したら報われるから」と中学受験の時にずっと言われていて、その言葉を信じて受験に挑みましたが不合格で終わってしまいました。本当に苦しくて苦しくてたまりませんでした。 
僕の姉と兄は中学受験で難関校に受かっていまして、僕は自分の存在に孤独感を覚えました。 
親からは「遅くに産んでごめんね」と変な謝り方をされたり、祖母と両親の会話で祖母が僕のことを失敗作と言っていてたりして、僕はそこから夢も自信もなくしました。 
そして公立の中学でもどれだけ勉強や部活で努力しても報われませんでした。 
そして高校では偏差値30ぐらいのとこに行くことになり、変わらない日常、勉強だけの日々で自分の生き方を見失い不登校になりました。 
今僕は俳優という夢があるのですが、しかし、また失敗するのではないかと怖くてたまりません。 
あと、今は通信制の高校を探しているのですがそれも怖くてたまりません。 
すいません、長々と書いてしまい。 

【拙回答】

「十七のしゃがれたブルースを聞きながら・・」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

多感な時期・・何気ないことでも深く傷ついてしまうこともあるかと存じます。

「何のために生きているかが分からなくなった」・・

尾崎豊さんの「十七歳の地図」を思い出しました。


「十七のしゃがれたブルースを聞きながら・・」

尾崎豊さんの曲、若い頃、何度カラオケで歌ったことでしょうか・・

是非、色々と聴いてみて下さい。多感で傷つきやすい心にきっと染み入る内容があるのではないかと存じます。

大丈夫。きっと挽回はできます。

定時制、通信制、フリースクール。大検を早めに取って大学へという手もあります。

「・・少しずつ色んな意味が解りかけてるけど 
決して授業で教わったことなんかじゃない 
口うるさい大人達のルーズな生活に縛られても 
素敵な夢を忘れやしないよ・・」

俳優の夢。いいじゃないですか。

夢を持つことは素晴らしいことです。

そして、もっと素晴らしいのは、夢を諦めずに努力して、夢を叶えることです。

夢を叶えるためには、叶えるための因縁(原因と条件)が必要になります。

強い意思と行動。是非、頑張って夢を叶えて下さい。

挽回はきっとできます。

川口英俊 合掌

問い「一人で生きていくには何か必要ですか」

問い「一人で生きていくには何か必要ですか」

【ご質問内容】

僧侶達みたいに一人で生きていくのか何かアドバイスを教えてください

【拙回答】

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

まず、私たちは一人(独り)で生きていけるような存在でありません。

様々な支えや助けによって生かされて、何とか生きることができる存在でございます。

僧侶であってもなくても、このことは変わりありません。

ただ、スッタニパータに出て参りますように「犀の角のようにただ独り歩め」という意味においては、世間の八法(利得、損失、称賛、非難、誉れ、誹謗、楽、苦)にとらわれずに、仏道を真摯に歩みなさい、ということになります。

この場合では、悟りを求めるという「菩提心」の意志を高く持ち、世間的な幸せや楽、世間的な浮き沈み事に左右されずに、という意味合いとなります。

こずえ様も、何か大きな目標や夢がおありでしたら、そこへと向けて意志を強く保ち、少々のことにはめげずに、忍耐すべきは忍耐して、頑張って一生懸命に取り組むというイメージになりますでしょうか。

とにかく、私たちは一人で生きていけるような存在ではありませんので、支え合い、助け合い、分かち合いも大切なことにはなります。

少しでも何か参考となりましたら幸いです。

川口英俊 合掌

問い「ホントの自分は何だんだろう」

問い「ホントの自分は何だんだろう」

【ご質問内容】

私は毎日すごく元気です! 
基本、笑顔が大事だし、笑いを交えながら話すのが大好きです!

職場、友達、身内から、相談事や愚痴を聞く事も多いです。 
もちろん、とことん聞いてあげるし、アドバイスもします。

笑顔で元気がトレードマークなだけあって、自分が泣ける場所を無くしてしまったみたいです…

旦那、子供達の前で泣ける訳もなく… 
親の前や友達の前でも泣けません

元気な私!を作り上げてしまった私は、このまま演じ続けるしかないんでしょうか? 
普段、演じてるつもりは無いんですが、多分、演じてる時もあると思います。

こんな自分が嫌気が差します 
一体、私は泣きたい時どこで泣けばいいと思いますか?

【拙回答】

「私以外私じゃないの♪ 当たり前だけどね♪」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

最近、喜怒哀楽を素直に出せなくなってしまっている方のために、映画館での独りでの映画鑑賞をお勧めさせて頂いております。そこで、リハビリ的にご自身の喜怒哀楽の感情を存分に出して頂いて、それから少しずつ現実の場へと応用されていかれる練習をされても、どうであろうかと存じております。

もちろん、映画の作品は、ドキュメンタリー以外は、演じて作られているものであり、でも、演じているとは分かっていても、感情移入して感動すれば、演じられていることを忘れて、それを受け入れてしまうものとなります。

「演じてるつもりは無いんですが、多分、演じてる時もある」・・実は、役者さん、女優さんになれる資質を持っておられるのかも。是非、オーディションをお受けされて、新境地を・・

と冗談はさておき、「私以外私じゃないの♪ 当たり前だけどね♪」(ゲスノートに引っ掛かってしまいませんように・・)として、少し前の回答でも扱わせて頂きましたが、本当の自分、私とは何かと申しますと、それは色々な無数の関係性の中において、依存的に成り立っているにしか過ぎない、「縁起」なる存在であるということになります。

簡単には、色々なご縁によって支えられて、助けられて、そして、生かされてある自分ということであります。

支えられて、助けられて、そして、生かされてある自分における有り難いご縁のあることを自覚し、感謝と報恩の思いを持つことで、きっと、それらの「ご縁による自分」というものを見つけていくこと、自分を今ある「ご縁」から見つめ直されていくことで、本当の自分というものが分かるようになっていくのではないかと存じます。

「私以外私じゃないの♪ 当たり前だけどね♪ だから報われない気持ちも整理して♪ 生きていたいの♪ 普通でしょう♪」

あれ、意外にも哲学的な歌じゃないですか。。・・ファンにはならないけれども・・

川口英俊 合掌
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ