hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

福徳

問い「仏教徒に対する疑問パート9」

問い「仏教徒に対する疑問パート9」

【ご質問内容】

僕が昔瞑想してた時に雑念を払い無になろうと心がけ瞑想してました 
でも雑念を払い無になろうとする意識自体が雑念であることに気づき 
無になろうと意識することも意識しないいことも野放しにしました 
そしたら目の前で色んな色をした小さな粒が不規則な動きをしてる光景が見えました 
その小さな粒の不規則な動きを目で追ってるときはまだ自分の中に意識がある状態で 
その小さな粒の不規則な動きを目で追ってないときは自分の中に意識が無いような状態でした 
そしてその小さな粒の不規則な動きを目で追ってない意識が無い状態になると 
神妙な気持ちでボーっとしてるんです 色即是空のような無であると同時に無でないような 
そしてずっとその状態でいると白昼夢みたいなのを見るんです 
白昼夢を見てるときは意識がないのでそれを見てるという意識がなく見てるんです 
でも後で意識がある状態にもどると自分がさっき変な夢を見てたなと気がつくんです 
白昼夢には良いものもありましたが悪いものもありました 
一番悪いものは白昼夢の夢の中でもう一人の自分が無差別に人を殺してました 
でも僕はそれをボーっと見てるんです 
意識があるのかないのかもわからず 
善悪の価値観があるのかないのかもわからず 
自分であるのかないのかもわからず 
ただただボーっと見てるんです 凄く怖い夢だったのでそのことを親に話しました 
そしたら親は「え!おまえ上の階で瞑想してたのか?おまえ下の階でテレビ見てたじゃん・・・」って言われました 
それを聞いて僕は瞑想して意識が有るのか無いのかわからない状態になると悪霊に憑依されるんじゃないかと思いました 
そして瞑想やヨガのルーツを探ると 
ヒンドゥー教の破壊神シェバからで人間の切り落とした頭部を持って踊ってる神様からだというのを知りました 
インド人はカニバリズムや麻薬や変態的性癖を儀式的に行いこのシェバを崇めてることも知りました 
瞑想やヨガのルーツって危ないんじゃないんですか? 
瞑想やヨガの危険性は全く無く健康に良いだけなんですか? 
瞑想のしすぎて悪霊に取り付かれることとかないんですか? 
僕が見たのは単なる幻想で何も考えず瞑想し続けて悟りを開いた方がいいですかね? 
というか瞑想し続けた結果として自殺大国日本や僕のこの悪夢すら救える悟りの力は得られるのですか?


【拙回答】

智慧と福徳

川口英俊でございます。問い拙生のお答えでございます。

あまり瞑想における神秘体験に対して、とらわれたり、こだわったり、実体視したりしてしまってはいけません。

円満なる悟りへ向けて大切となるのは、智慧と福徳の二資糧の集積となります。

智慧は、主に「空性」の理解。

福徳は、功徳・方便行の実践。

両輪をバランス良くに修めていくことが必要となります。

この中で瞑想・禅定は、あくまでも「空性」の理解のための一つの実践にしか過ぎません。

瞑想・禅定において重要となるのは、「空性」の理解になります。

それも止と観により、正しく調えていくことが望まれます。

比量と現量で「空性」を正しく捉えていけるようにしっかりと頑張って参りましょう。

川口英俊 合掌

問い「即身成仏について」

問い「即身成仏について」

【ご質問内容】

密教の在家信者でも悟りに至ることができるのか、質問したものです。出家者にお布施をして悟りに至るとのことですが、即身成仏の問題があります。

在家信者でもご真言を唱えれば即身成仏できるんですか?(出家者にお布施なしで)


【拙回答】

無上瑜伽タントラの「幻身」と「光明」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「即身成仏」につきましては、拙生も長い間、考えてきたところがありましたが、最近になり、成仏する身体も心も、いま私たちに普段あるような粗い身体、粗い心(意識)によるものではないということがようやくに分かりました。

特に、無上瑜伽タントラに説かれる「幻身」と「光明」というものが、成仏のための質料因として必要になるというところでございます。

その「幻身」と「光明」の双入の次第によっては、確かに「即身成仏」も可能であると理解することができました。

しかし、そのためにも、やはり、悟りのための智慧と福徳の資糧集積の修行が必要となります。特に密教では、智慧と福徳の資糧集積を迅速に調えていくための教えにもなっておりますものの、一歩間違えれば、とんでもないことになってしまうため、誤りなく、慎重に修習していくべきことになりますので、気を付けなければならないと存じております。

川口英俊 合掌

問い「理趣経の十七清浄句について」

問い「理趣経の十七清浄句について」

【ご質問内容】

理趣経の教えですが、私は「人間の欲望は本来清らかだが、使い方を誤れば汚れたものになる」と理解しています。このような理解で問題ないでしょうか。


【拙回答】

清浄な心と不浄な心

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

私たちの心には、大まかには、清浄な心と不浄な心があり、我々凡夫は、大よそ無明・煩悩により、不浄な心の状態にて、迷い苦しんでしまっておりますが、仏道修習、智慧と福徳の二資糧によって、しっかりと無明・煩悩を対治することで、清浄な心(空にして縁起なる真なる勝義の光明の心)を顕わにして参りたいものでございます。

密教もその清浄な心を顕わにしていくための教えとして、理趣経の教えにつきましても、誤りなく正しく学び実践して参りたいものでございます。

川口英俊 合掌

問い「これが空病なんでしょうか?」

問い「これが空病なんでしょうか?」

【ご質問内容】

気付けば真昼間に歯磨きしてました。意識してない。 
ボーっとして、坐禅に身が入らない。 
目が浮いて、足元がふらついています。

只管を練るとはどうすればいいのか? 
感覚に生きるのが正解という事は分かったのです。 
悟りすら余計事という事が分かりました。空も思えば荷物です。 
何を思っても重しになる。悟りを捨てて木阿弥に戻ったと思っても、既に重し。

真理が空であろうとも、一時的に現生している縁起の世において、 
日常の悩み苦しみは、ついて回り、いかに空を日常に生かしていくかが大事で、勝義諦を日常である世俗に活かしていくかが大事と知りました。 
服、ご飯、PCも縁があってのもの、息吸うのも酸素が無いと、生きられません。 生活をホッポリ出せば観念遊戯に終わると思いました。

機縁が整ったのか、天狗になった私の前に、ネット上ですが川上雪担老師の、弟子という人物に会うことが出来て、話を数回交わしたら、スッカリ楽になったんですけど、ここから先が分からないのです。

一体何をしたらいいのでしょうか?


【拙回答】

智慧と福徳

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

空と縁起の理解は、仏教における智慧の要諦。

しかし、悟りへと至るためには、もう一つの資糧である福徳も欠かせないものとなります。

そして、正しい福徳の資糧は、正しい智慧に支えられてこそ、真なる資糧ともなり得ます。

智慧の正しさの確からしさが向上していけばいくほどに、その智慧に支えれた福徳の資糧の正しい確からしさも向上していくことになります。

是非、智慧の資糧と共に、福徳の資糧も向上、集積に努めて参りたいものとなります。

共に頑張って参りましょう。

川口英俊 合掌

問い「仏教の教えと座禅」

問い「仏教の教えと座禅」

【ご質問内容】

心が強くなれそうと言う単純な理由で、座禅を始めました。

始めて見たら、座禅より、仏教の教えを勉強する方が、心のささえになるのではと思うようになり、座禅の意味が良く判らなくなりました。

座禅は、仏教の教えのひとつなのか?

仏教の教えと、座禅は、同列でどちらも仏教の修行なのか?

座禅で悟りを開いたものが、仏教の教えも理解出来るようになるのか?

仏教の教えを理解したものが、座禅で悟りを開けるのか?

初歩的な質問で凝縮ですが、教えて頂けますでしょうか?


【拙回答】

禅定も全体のバランスの中での一つの修行

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

龍樹(ナーガールジュナ)大師が、そのご著書「宝行王正論」にて、六波羅蜜の、布施・持戒を「利他」、忍辱・精進を「自利」として、そして、禅定・智慧を「解脱」に分類されておられ、このうち、坐禅(瞑想)は、禅定のカテゴリーに入り、坐禅(瞑想)も悟りへと向けた一つの修習として大切なものとなりますが、悟りへ向けては、それだけでは不十分であり、自利と利他の円満な修習、そして最終的な悟りへの智慧も必要なものとなります。

どうしても釈尊がお悟りを開かれた際における菩提樹下における最後の禅定・坐禅(瞑想)のイメージが強いため、禅定・坐禅(瞑想)をことさらに重視してしまうところがありますが、それまでの自利・利他の下地があってというところも、しっかりと理解しておきたいところとなります。

また、禅定・坐禅(瞑想)の中では、何も思わない、何も考えない、という「無想無念」、「無思無観」の「無分別知」こそが悟りだとする極端、偏見となる誤った主張も散見されることがありますので、それは注意が必要となります。

とにかく、智慧と福徳(方便)の円満な成就へと向けて、禅定もしっかりと全体のバランスの中での一つとして修習致して参りたいという感じでございます。

川口英俊 合掌

問い「癒しと悟りは別物?」

問い「癒しと悟りは別物?」

【ご質問内容】

癒しと 
悟りは別物ですよね?

癒しは『私』がいるけど、

悟りには『私』がいないから

自分を癒してから 
悟りについて向かっていったらいいでしょうか。


【拙回答】

「自利利他」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

仏教では、「自利利他」という言葉がございます。

自分の事だけでもいけないし、かといって、他の事だけでもいけない。

自分の事も他の事もバランス良く進めていくことが大切となります。

詳しくには、自利が智慧、利他が福徳(方便)として、両方の円満な成就を進めていくことで、悟りへと至れるものとなって参ります。

自分のへの癒しと共に、他への癒しもバランス良くに進めて参りましょう。

川口英俊 合掌

問い「悟ったお坊さんへ」

問い「悟ったお坊さんへ」

【ご質問内容】

悟ったら毎日どんな感じですか?

悟ったら毎日たのしいですか?

たのしいだと 
つまらないが対極について回るから

たのしいというより 
静かな感じですか?


【拙回答】

悟りへと向けて・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

悟りへのご興味、誠に有り難く尊いことでございます。

どんな境地が目的・ゴールとなるのか、それを事前におぼろげながらにでも、しっかりと理解した上で、仏教の修習を進めていかないと、一体どこへ向かっているのかも分からずに、無駄に五里霧中を彷徨うようなものとなってしまいかねません・・

悟っておられる如来様の境地につきましては、難しい言葉で申しますと、仏教を修習なさられて、智慧と福徳を円満に成就されて、輪廻して迷い苦しむ原因となってしまっている煩悩障と所知障を断滅されておられて、悟り得られたる如量知・如実知(一切知・勝義知)によって、例えば、モノ・コトの顕現については、「ご覧にならない仕方で、ご覧になる」と言うような表現となります。

もちろん、当然に「なんのこっちゃ・・」となるでしょうが・・

もし、大いに興味がございましたら、そうですね・・

全訳・ツォンカパ大師「中論註『正理の海』」の「第24章・聖諦の考察」の内容を理解できるところまで、是非、まず仏教について優しく分かりやすく説かれている教えから、一つずつ段階的に学びを進めていって頂けましたらと存じます。

拙生はもちろん全くまだ悟ってはおりません。共に悟りへと向けて頑張って参りましょう。

川口英俊 合掌

問い「恨みと嫉妬」

問い「恨みと嫉妬」
【ご質問内容】

以前こちらで相談させて頂きました。 
回答頂きありがとうございます。 
今回は違う件で相談させて頂きます。 
私は幸せな人が羨ましいです。 
私は昔から色々と大変な思いをしてきました。 
学生時代はいじめにあったり、人から利用されたり、ストーカーにあってお金を騙し取られたりしました。 
会社ではパワハラにあったり会社をクビになったりしました。 
ナンパされて連れて行かれそうになったこともあります。他にも色々な辛い思いをしました。 
何で私ばっかりと思うことがあります。 
私の従姉妹は人間関係に恵まれ、頭も良く、お嬢様大学に行けて、大手の会社にも入社出来き何も揉め事もなく、安定した生活を送れているのです。 
羨ましいです。 
人と比べるなとか、その人達も知らないところで大変なこともあるかもしれないとか言う人もいますが生きていれば少なくとも嫌なことはありますし、いいことばかりではないと思います。 
ただ、明らかに差があると思うんです。 
今までは今苦労した分、いつか恵まれると思い信じてきましたがそうとは限らないみたいですね。 
何も信じられません。 
親も嫌だしもっと優しい親に生まれていれば人生変わっていたかもしれません。 
親は一回スイッチが入ると感情的になるのでいきなり怒られたりします。 
で、急に絡んできたり。 
もうもっとまともな人生になりたかったです。 
あまりにも嫌で空想してもっとあーだったらなとかこーだったらなとか昔から考えていました。 
でも現実は違いますね。 
学校卒業して出会った人とかで出会わなければよかったと思う人もいます。 
既婚者の人からは性的なことで色々言ってくるしもう恨みや嫉妬でいっぱいなのです。 
私は数年前から強迫観念にとらわれ、頭の中で悪く思ってないことが浮かんできてその事柄を消す為に打ち消し行為をしています。 
気にしないようにしようとか考えないようにしても浮かんできたりします。 
後、数字に関してもこだわったりします。 
頭の中で浮かんできても考えない方がいいのでしょうか?私からすれば他人は呑気に気楽に生きてるように見え、どうしたらあんなに罪悪感もなく、気楽に生きていられんだろうと羨ましいです。 
とにかく私は怖くてたまらないんです。 
私はこれからどうしたらいいのでしょうか? 
私は自分の人生を受け入れるしかないんですかね?


【拙回答】

随喜

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

境遇、環境への恨みと嫉妬・・人間誰もが少なからず持ってしまうものでしょう・・

拙生も・・

しかし、恨みや嫉妬などの悪い煩悩による行いは、悪い業(ごう)・カルマとなるため、やはり避けて参りたいものとなります。

それよりも、「随喜」(ずいき)と言いまして、一緒にその幸せや成功を素直に喜んであげることで、自分にもその「福徳」の分け前を頂くようにしていく方が、よほど先々へと向けた良い因縁(原因と条件)にすることができるようになります。

例えば、FacebookやTwitterでの他人の善い行いに「いいね」するというのも、仏教的には一つの「随喜」と言えます。

あるいは、他人の善い行いをシェア、リツイートするというのは、周りにもその「福徳」をお裾分けすることになり、仏教的には「回向」(えこう)と申しまして、尚、良い因縁とすることができます。

とにかく、良い結果へと向けては、良い因縁が必ずや必要となります。

原因の無いところに結果は生じませんし、原因があっても、条件が調わなければ結果は出ません。

自ら進んで悪い因縁を作るのはやはり愚かなこと。それよりも、お金も労力もある意味で全く掛からない「随喜」というものであれば、簡単に良い因縁としていくことができます。ここだけの話、実はかなりお得なのです。

是非、身近なことからでも、お試しになって下さいませ。

川口英俊 合掌

問い「魂は何になりたいのですか?」

問い「魂は何になりたいのですか?」

【ご質問内容】

人は何か自分が理想とするものになるために修行することが多いと思います。 
例えば、美容師になるため、寿司職人になるため、プロレスラーになるため、何年もの間、上の人について厳しい修行をすると思います。 
大したことしてなくても結婚するための花嫁修行というものもあります。

現世、人間の世界が苦しいのは魂の修行の場だと聞いたことがあります。 
しかもそれが輪廻転生で何回も続くなんて、魂は一体何になりたいのですか? 
しかも、何かになれたとしても人間として生きてる時にはそれを全く感じない。 
ダイエットですらきつい思いをした後には自分の理想とする体型を手に入れた喜びがあるだろうに。

ある企業のCMで「目的を知らずにレンガを積むのと、橋を作る目的でレンガを積むのとでは出来栄えが違う」というセリフを言ってます。 
目的がわからないのに現世で修行って無駄じゃないですか?


【拙回答】

目的は、悟り・涅槃

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

世間における人生や魂の目的というものは、幸せや豊かさ、楽というものになるでしょうか。

仏教での目的は、悟り・涅槃となりますでしょうかね。

そのために、智慧の開発と福徳(慈悲行・方便行・善徳行)の集積に励むのが仏道修行となります。

ただ、魂とは言っても、何か実体としてあるものではなく、「空」であって、他に依存して成り立っている「縁起」なるものとなります。

他に依存してとは、簡単には、因縁(原因と条件)に依って成り立っているというものとなります。

良い因縁に依れば、良い結果に、悪い因縁に依れば、悪い結果に、良くも悪くもない因縁に依れば、良くも悪くもない結果に、といった感じであります。もちろん、現実においては、その三要素を持った無数の因縁が複雑に絡んでくることにはなりますが。

とにかく、仏教の場合では、最終的な目標としての結果を悟り・涅槃であると考えて、そこへと向けて良い因縁をしっかりと調えて参りたいということになります。その良き因縁を調えるための教えが仏教となります。

是非、少しずつでも興味を持って仏教の修習に努めていって頂けましたら有り難くに存じます。

川口英俊 合掌

問い「罪人や自殺」

問い「罪人や自殺」

【ご質問内容】

こんばんは

罪を犯した人や、自殺した人は成仏出来ないのでしょうか?

よろしくお願いいたします


【拙回答】

成仏へと向けて ※追記あり

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

この世の全てのモノ・コトというものは、因縁(原因と条件)により成り立っております。

成仏も同じです。ですので、成仏のためのしかるべき因縁を調えることができれば、誰だって成仏することが可能となります。

成仏のためのしかるべき因縁を調えるための教えが、仏教となります。

しっかりと仏教を修習していくことで、成仏への因縁を調えて参りたいものとなります。

また、亡くなられた方であっても、成仏への因縁へ向けたお役立ちの一つとして供養、回向ということがございます。

しっかりと皆が成仏できるようにと供養・回向して参りたいものでございます。

川口英俊 合掌

※追記・・信仰だけではダメです。成仏へと向けては、しっかりと仏教を学ぶことはもちろん、智慧の開発と福徳(方便・慈悲・善徳行)の集積が欠かせないものとなりますので、その点はどうかご理解の程を宜しくお願い申し上げます。

カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ