hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

空と縁起

問い「般若心経読んでみました。」

問い「般若心経読んでみました。」

【ご質問内容】

教えてください。 
般若心経読んでみました。

つまり般若心経は。

リラックスしようよ。 
あなたが思っているようなことは 
何も起こらないよ。 
感情は浮かんでは消え川のように流れ、 
大海に流れていく。 
そして、 
あなたは大海そのものだから、 
決して溺れることも沈むこともない。 
だから身を委ねてマントラ?を唱えましょう。 
みたいなことですよね?

全てはひとつ。(ワンネス) 
と言っていても、

色と空は一つにできない 
って書いてありますよね。 
そこらへんがわからない。

色と空がさっぱりなんですが、 
そんなに深く考えなくてもいいところでしょうか?


【拙回答】

焦らずに

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

早速に、どなたかの般若心経の解説の本を読まれたのですね。。

ただ、どうもやや抽象的で捉えにくいところがあるような感じにも見受けられます。

とにかく焦らずに、少しずつ字義の真意について納得されていかれると良いのではないだろうかと存じます。

これからの理解へと向けたヒントとしては、「縁起と空」、そして「世俗諦と勝義諦」ということにて、その理解も必要となって参ります。

「色と空」は、「顕れの世界と世界の本質」というものについての考察となりますが、まだ全く何のことかは分からなくて構いません。

般若心経に関する解説本はたくさんありますから、できる限り、色々と、それぞれを学ばれる中で、検討吟味しつつ、また、仏教の基本的なことも学びながら、是非、今後ともに仏教に興味を持って取り組んで頂けましたら有り難くに存じます。

川口英俊 合掌

問い「傲慢を治したい」

問い「傲慢を治したい」

【ご質問内容】

自分は昔から自己承認欲求が強いと自覚しています。 
僕は周りより少し勉強ができるのでそれについてつい、自慢っぽくなってしまいます。

誰かに認めてもらいたくて、満たされない気持ちです。

どうにかこの気持ちを抑えて、謙虚になりたいです。


【拙回答】

「傲慢」の対治

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「傲慢」を対治するためには、仏教における「空と縁起」という考え方が、かなり効果的になるかと存じます。ご興味がありましたら、是非、学び進められてみて下さい。

簡単には、自分は自分独りではとても生きていけない弱い存在であり、様々なモノ・コトに頼って、依存して成り立っているということになります。

傲慢では、敵を作るだけで、正直、良いことは全くありません。損するだけです。

周りへの感謝と配慮をできるだけ心掛けて参りたいものでございます。

川口英俊 合掌

問い「これが空病なんでしょうか?」

問い「これが空病なんでしょうか?」

【ご質問内容】

気付けば真昼間に歯磨きしてました。意識してない。 
ボーっとして、坐禅に身が入らない。 
目が浮いて、足元がふらついています。

只管を練るとはどうすればいいのか? 
感覚に生きるのが正解という事は分かったのです。 
悟りすら余計事という事が分かりました。空も思えば荷物です。 
何を思っても重しになる。悟りを捨てて木阿弥に戻ったと思っても、既に重し。

真理が空であろうとも、一時的に現生している縁起の世において、 
日常の悩み苦しみは、ついて回り、いかに空を日常に生かしていくかが大事で、勝義諦を日常である世俗に活かしていくかが大事と知りました。 
服、ご飯、PCも縁があってのもの、息吸うのも酸素が無いと、生きられません。 生活をホッポリ出せば観念遊戯に終わると思いました。

機縁が整ったのか、天狗になった私の前に、ネット上ですが川上雪担老師の、弟子という人物に会うことが出来て、話を数回交わしたら、スッカリ楽になったんですけど、ここから先が分からないのです。

一体何をしたらいいのでしょうか?


【拙回答】

智慧と福徳

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

空と縁起の理解は、仏教における智慧の要諦。

しかし、悟りへと至るためには、もう一つの資糧である福徳も欠かせないものとなります。

そして、正しい福徳の資糧は、正しい智慧に支えられてこそ、真なる資糧ともなり得ます。

智慧の正しさの確からしさが向上していけばいくほどに、その智慧に支えれた福徳の資糧の正しい確からしさも向上していくことになります。

是非、智慧の資糧と共に、福徳の資糧も向上、集積に努めて参りたいものとなります。

共に頑張って参りましょう。

川口英俊 合掌

問い「橋本環奈ちゃんと結婚したい。」

問い「橋本環奈ちゃんと結婚したい。」

【ご質問内容】

 僕は彼女の容姿が非常に好みで、彼女のことを好きで好きでたまらない、一生側にいたいと考えている。愛していると言っても過言ではない。 
 しかし、橋本環奈ちゃんを好きな男性はこの日本中にごまんといるし、僕の容姿が彼女の容姿に釣り合っているかと言われれば、全くと言っていいほど釣り合っていない。 
 彼女を愛する気持ちは誰よりも負けないとは思うのだけれど、僕が一方的に彼女のことを知っているだけで、彼女は僕のことを1ミクロンほども知らない。 
 彼女と結婚できる確率は恐らく微粒子レベルに存在するであろうが、限りなく100%に近い確率で結婚できない。この彼女と結婚できない苦しみから解放されるにはどうしたらいいでしょうか?お智慧をお貸しください、お願い致します。


【拙回答】

橋本環奈さん、確かに可愛いですね。しかし・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

橋本環奈さん、確かに可愛いですね。。

芸能人に恋してしまうことは、あって当然だと思います。それだけ人に好かれる大きな魅力があるからです。そんな方との結婚を夢見ることがあっても、何らおかしなことではありません。

でも・・理想と現実は厳しい・・

そして、仏教はもっと厳しい・・

生老病死、愛別離苦、怨憎会苦、求不得苦、五蘊盛苦・・

永久永遠に続くものなど無く、全てのモノ・コトは因縁(原因と条件)により変化(無常)していく・・

橋本環奈さんもそうです・・あの可愛らしさだっていずれは・・

実は、私たちは、顕現において、まるであたかも、それがその側から、実体としてあるかの如くに囚われを起こしてしまうことにより、苦しみの大半が生じてしまっています。

果たして、橋本環奈さんの可愛さ、容姿、性格などは、実体(他に依存せずに独立自存として成り立っている何かがある)としてあり得ているのでしょうか・・

仏教は、そんな実体としては、何らとしてあり得ておらず、実体があるとして囚われて執着することによる苦しみからの解放を目指していく教えとなっています。

特に、実体へのとらわれについては、「空と縁起」という考え方により、その誤った捉え方を是正していくことが求められるものとなります。

是非、これを機会に仏教の学びを進めていって頂くことと共に、幸せとなるための因縁(原因と条件)をしっかりと調えることにも資していくことになるかと思いますので、仏教をお役立て頂けましたらと存じます。

もちろん、因縁次第によっては、橋本環奈さんと結婚することだって確かにゼロではないですよ。努力することは大切です。例え、橋本環奈さんとは無理であっても、その努力によっては、努力が無駄にならずに、素敵な方と結婚できることだってあり得えていきますしね。

また、結婚したから幸せかどうかではなく、互いに仲睦まじくに、人生の困難も互いに支え合い、助け合って乗り越えていくことのできるパートナーであるのかどうかも、本当に幸せになれるかどうかにおいては、大切になるのではないだろうかと存じます。

幸せへと向けて、頑張って参りましょう。

川口英俊 合掌

問い「悟りすら単なる概念?」

問い「悟りすら単なる概念?」

【ご質問内容】

悟りとは 
実はすべて幻だった!ときづくことですよね?

悟りすら単なる概念ですよね?


【拙回答】

悟りも「空にして縁起なる」幻の如きようなもの

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「悟りとは 実はすべて幻だった!ときづくことですよね?」・・

仏教では、確かに一切の全てのモノ・コトというものは、幻の「如き」ありようだと説明されます。

それは、あたかも、幻、夢、陽炎、こだま、逃げ水、蜃気楼、ガンダルヴァ城のようなものであるというような例えの表現で示されています。

しかし、あくまでも「如き」、「ようなもの」であることに気を付けないといけません。

何も無いわけではなく、確かにモノ・コトは「縁起」(因縁、依存関係など)において、あり得ています。

無いとして否定されるべきものは、「実体」(他に依存せずに独立自存にて、永久永遠に変わらずに存在し続けているような自性・自相)というものとなります。この実体が無いということを、仏教では「空」と申します。

ですから、「全ては幻だ」と言って、赤信号であるにもかかわらず、信号も車も「幻である」として、交差点に突っ込んでしまっていけば、当然に事故に遭い、怪我してしまう、最悪、死んでしまうことになります・・

悟りの一部分としては、智慧としての上記の「空と縁起」の理解をしっかりと修習していくことが大切なことになります。

「悟りすら単なる概念ですよね?」・・

概念であって概念でない・・むしろ、概念を超えた概念とでも言いますでしょうか・・また、「戯論寂滅」とか「言語道断」とか、概念を超えたところに「ある」ものだとも勘違いもされがちですが、悟りというものも、実は「空(実体としては無く)であり、縁起(因縁・依存関係など)により成り立っているもの」であります。

ですから、しかるべくに悟るための因縁(原因と条件、簡単には、原因としての菩提心と条件としての智慧と福徳の資糧の集積)を調えることができていけば、やがては、悟りへと至れることになるということでございます。

共に頑張って参りましょう。

川口英俊 合掌

問い「相依性縁起について」

問い「相依性縁起について」

【ご質問内容】

私は仏教哲学を勉強し始めたばかりの凡夫でありますが、仏教の縁起説に関して一つ疑問に思うところが有ります。 
もちろん、縁起説の欠点だとかそういう物ではありません。

仏教には時間的生起を認める「此縁性縁起」と、時間や空間を論理的に関係づける「相依性縁起」の二つが代表的だと聞きます。 
主に前者は釈尊の説かれた縁起とされ、後者は龍樹大師の説かれた縁起とされていますが、これらは学者によって意見が真っ二つであることを、最近本で知りました。 
例を挙げるならば松本史朗博士が「龍樹は此縁性縁起を説いた」といった感じですね。

1.果たして今現在の仏教界(?)のこれらに対する見解の主流はどうなっているのでしょうか?

2.また、以下の二つのリンクに対するご感想を伺っても宜しいでしょうか? 
ネットの意見を鵜呑みにするのもどうかとは思いますが、個人的にはこの方の縁起説は大変興味深いものだと思われます。




【拙回答】

「縁起と空」を理解する目的について

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

かなり昔のものとなりますが、「縁起」については、

施本「仏教・縁起の理解から学ぶ」 

この中で、時間的縁起・空間的縁起については、 

にて扱わせて頂いておりますが、正直、かなり未熟な理解で、まだまだであったと振り返ります。

佐倉哲さんの論考も誠に懐かしいですね。もちろん、当時、何度も何度も訪れて読んで、内容について考えていましたよ。。

で、今はどうかと申しますと、「縁起」については、「空」を理解するために、かなり重要な概念であることは変わりありませんが、「空」をある程度理解した後は、川を渡った後の筏のようなもので、あまり仔細に囚われてしまっては、さほど益がないものであると考えております。

もちろん、一応、「空」の理解がある程度進んだとしても、世俗諦の理解のためにおいては、完全に捨て去るべきものではありませんが・・

「今現在の仏教界(?)のこれらに対する見解の主流」・・

今の日本仏教界ということになるのか、あるいは大乗仏教界全体ということになるのか、でも変わってきますが、以前に無分別智をめぐるところでも少し触れていたかもしれませんが、チベット仏教、特にダライ・ラマ法王猊下様の属されているゲルク派における「縁起と空」の理解が、今後の主流になっていくのではないだろうかと、推察致しております。

とにかく、「縁起と空」を理解するのは、何のためであるのか、その意義を考えることも大切なことになります。

当然に、智慧と方便(慈悲)のレベルアップによる無明の対治、自利利他の円満なる成就のためであるべきとなります。

特に、仏教の目的は、悟り、衆生済度であり、学究論文・学術研究等における論功行賞や名誉、称賛、お金などのためではないというところとなります。

「縁起」や「空」の理解を、では、どう仏教、仏道実践に役立ていくべきであるのかについても、少しお考えを頂きながら、是非、これからも更に意欲的に学ばれていって頂けましたらと存じます。

ちなみに、「縁起」には最終的に重大な欠点があるとは思っています。もちろん視点にもよりますが・・

川口英俊 合掌

問い「人間とは偽善と悪の塊」

問い「人間とは偽善と悪の塊」

【ご質問内容】

人間とは偽善と悪の塊だとは思いませんか?


【拙回答】

全ては縁起し空である

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

人間の心も身体も含めて、全てのモノ・コトのその本質は、「空」なるものであり、実体としてあるものではなく、つまり、善、悪も実体としては無いというものとなります。

しかし、実体が無いと言っても、それは何も無いということではなくて、心も身体も、善も悪も、「縁起」として一応は成立しているものとして説明することにはなります。

「縁起」とは、「縁って起こる」として、「他に依存して成り立っている」ということで、簡単には、例えば、「因縁(原因と条件)に依存して結果がある」といったものとなります。

偽善も悪も、そうなる因縁によって一応はあり得てはいるものの、その因縁をどうにか変えることができれば、偽善も善となり、また悪も善とすることはできるようになるのでございます。

その因縁をより良く変えるための方法が仏教においてたくさん説かれております。

私たちが迷い苦しむ最大の原因は、「無明」(根本的な真理を知らない無知)にあります。それが故に煩悩とその煩悩による行為、悪業という条件によって、結果として、迷い苦しむことになってしまっております。

ですので、迷い苦しみの原因としての「無明」を、悟りを目指したいという強い志としての「菩提心」を原因として、仏教の智慧の開発と福徳(善行・功徳・方便行)の行為、善業という条件により対治していくことで、迷い苦しみを無くしていくことが必要となる次第でございます。

是非、これからもっと仏教に興味を持って頂きまして、学びを進めて頂けましたら有り難くに存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「生きるのが怖い」

問い「生きるのが怖い」

【ご質問内容】

先日、愛がわからないでご相談させていただきました。 
その際は暖かいお返事ありがとうございます。

もう1つ長年心にあることについて、ご相談させてください。 
タイトルに載せた通り、生きるのが怖いです。

自ら命を絶とうとは思いません。生きるのが怖くて、逃げたくて、消えたくなります。

両親も元気、仕事もある、友達もいる… 環境的には恵まれています。 
ただ、パートナーがいない不安、お金に関しての不安…仕事を、今後どうするのかということ…様々な不安感がどうしても消えません。

人生における目的もわかりません。 
なぜ貯金をするのか、なぜ働くのか、なぜ生きるのか。

ないものにフォーカスしすぎているだけなのでしょうか。

情熱的に生きていきたいのに、一丁前にああしたい、こうしたいという気持ちがあってと、パワー不足になってしまうのです。 
そこから自己嫌悪の始まりです。

生きるのが怖い気持ち、少しでも軽くすることはできるのでしょうか。


【拙回答】

「不生不滅」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「生きる」ことや「死ぬ」ことについての色々な不安や恐怖というものは、おおよそ「無知」からきてしまうものであると考えることができます。

仏教的には、「無明」(むみょう)と申しまして、真理を知らない愚かな心の状態のことを申します。

では、その不安や恐怖を無くすためには、どうすれば良いのかと申しますと、「生死」の真理をしっかりと理解して見極めることが必要となります。

その真理の見極めへと向けたヒントの一つとしては、「般若心経」の中にも出て参ります「不生不滅」という言葉の示めそうとしているような内容の理解となります。それは、簡単に申せば、「空と縁起」についての正しい理解となります。

では、その内容は・・と、ここで説明を始めさせて頂いたとしても、まだまだ理解されていくのは難しいのではないかと存じます。

そこで、是非、これから、その不安や恐怖を無くすために、「不生不滅」の内容の理解へと向けて、仏教にもっと興味を持って頂きまして、一から学ばれていって頂けましたら有り難くに存じます。もちろん、その中で分からないことがございましたら、hasunohaもどうぞ頼りになされて下さいませ。

川口英俊 合掌

問い「虚無感」

問い「虚無感」

【ご質問内容】

こんな風になったのがいつなのかは正直分かりません 
でも、私はいつも何かに怯えているように感じます 
何か過去にとても悲しくて辛い事があった、とか 
そんな壮大な物語は私の人生にはありません 
ごくごく平凡に暮らしてきたつもりです

中学二年生の頃に生きているのが嫌になって自殺未遂をしました 
死にたかった訳ではありません 
だからこそ未遂になったのだろうと今になって思います 
ただ、漠然と生きている事が嫌になったんです 
その時に両親や友人の悲しむ姿を見て 
「あぁ、私が死んだら誰かが悲しむんだな」と理解し 
それからは一度も自傷行為はしていません 
でも、だからといって 
特別「生きていたい」と思うようになった訳でもありません 
むしろ、昔と同じで「生きていたくない」と思っています 
ただ、死にたいとか死んでしまおうという思考がなくなっただけです

将来の夢はあります 
その為に現在大学にも行こうと頑張っている所ではあります 
でも、それも特別生きるための活力にはなっていないように感じます

なにをやっても何をしても 
胸の奥が満たされないように思うんです 
ぽっかりと空いた穴を埋められず 
常に虚しいと思ってしまうんです 
他者に過敏になって 
必要以上に神経を張り詰めて 
誰かに会いに行くでもないただの買い物でも 
酷く疲れてしまいます 
この、虚無感とでもいいましょうか? 
安らげる時間が欲しいです 
なにをしていても虚しくて恐ろしくて 
不安で不安で堪りません 
言葉にし難い感情を誰に話す事も出来ず 
解決もせず 
苦しいです

色々と相談したい事は実は山ほどあるのですが 
いつもうまく言葉に出来ず長文を失礼しました


【拙回答】

中道

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「虚無感」にお悩みのご様子・・

拙生もその昔、「無帰論」という論を考えて、「虚無感」にさいなまれた時期がございました。

何をしても結局、無に帰するだけ・・人生など無意味では、と。

ニヒリズム、あるいはシニシズムとでも申しましょうか・・

もちろん、漠然とした不安も抱えつつ・・

しかし、やがて、その「虚無感」から脱するきっかけが生じました。

拙生の場合は、もちろん、「仏教」がそのきっかけとなりました。

一切のモノ・コトには実体が無い、「空」なるものである。

しかし、何も無いわけではない。現に現象は目の前にあるし、モノ・コトは存在しています。つまり、虚無・絶無とは違う。

(実体として)「有る」ということと、(実体として)「無い」ということを離れた「中道」。

その「中道」について考えることで、少しずつ極端や偏見を断じていくことにより、虚無・悲観主義を脱することができて参りました。

ヒントは、仏教における「空」と「縁起」という考え方にございました。

是非、これを機会に「中道」にご興味を持って頂きまして、「中道」を「中論」という書物にて明らかとされました龍樹(ナーガールジュナ)大師の著書からでも仏教の学びを進めて頂けましたら有り難いことであると存じております。

「空と縁起」の理解をしっかりと進めていけば、きっと、虚無感、悲観主義からも脱することができていくことになるでしょう。

そして、更に仏教の学びを進めていって頂けましたらと存じます。

もちろん、どうぞお気軽に具体的なことにつきましても何なりとご相談下さいませ。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「他人を気にしすぎてしまいます」

問い「他人を気にしすぎてしまいます」

【ご質問内容】

よろしくお願いいたします。

私は、常に他人からの評価を気にしてしまいます。

いろいろなことにそれは反映されますが、たとえば趣味で描いているイラストです。 
自分ではとてもうまくできたと思っているし、実際以前に描いたものよりもずっと出来がいい、というものでも、思うような評価を貰えずに苦しむことが多々あります。自分と同等、もしくはそれ以下(であるように思ってしまいます)の作品が自分のものより評価されている、ということがさらに自分を苦しめます。 
自己評価と他者評価とのギャップに苦しんでいる、と言えばいいのでしょうか。 
しかし、絵を描くのは楽しく、やめたいとは思いません。

自分は自分、他人は他人、と思えればいいのでしょうが、そう理屈ではわかっていてもできません。 
たとえば、自分というものを否定され続けてきたならば、生きていくために、肯定されるために「他者」を取り入れるほかどうしたらよかったと言うのでしょうか。 
というのも、私は不美人ですが、小中の頃から勉強も運動も芸術も、そこそこにできたのです。しかし、勉強も運動もできて部活も強く、顔が可愛くて男女問わず人気者の女の子が幼馴染みとして長年隣にいた、という過去が私のこの人格形成に影響しているのではないか、と最近になって思うようにもなりました。

まとまらなくてすみません。 
毎日苦しいです。助けてください。


【拙回答】

心の目薬

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

ハンドルネームに掛けまして・・心の目薬を差してみましょう。

私たちはモノ・コトを見る際には、どうしても自分を中心として判断してしまいます。それにより、偏見や差別、恣意性などが邪魔してしまうことで、モノ・コトのありのままが見えなくなっていることがございます。

ありのままのモノ・コトが見えない、くもって、ヨゴレてしまっている、その原因は、煩悩(嫉妬・怨み・怒り・貪り・慢など)にあるとして、そのくもり・ヨゴレを取るための薬が、仏教となります。

更に、そのくもり・ヨゴレの正体が何かと言えば、「無明」(根本的無知)に原因があるとして、その無明の対治に取り組むことも必要となります。

では、その「無明」とは何かとなれば、自分も他も、実体として存在しているのだという誤った見解へのとらわれということになります。

その誤った見解を治すために必要となる薬が、「空と縁起」の理解という仏教の智慧になります。

さて、ここまでは小難しいことになりましたが・・

まあ、とにかく比べてしまうことは、ある意味で仕方がありません。

なぜならば、自分というものが何であるのかということは、他と相対的に比較してでしか判断できないからです。

それは、更に言えば、他との関係性に依存して自分というものも成り立っていると言いえるものであり、また、私たちは、独りで存在できるものではなく、色々なモノ・コトに依存していかないと存在できないものということでございます。

そこで、他と比べること、他に依存することは当然として、それにより、自分の価値、立ち位置を正確に知り、それを活かして、自分という存在の長所と短所を見極めて、うまく人生を前へと進められるように、幸せになれるように、調えることが肝要になるのではないかと考える次第でございます。

この依存関係の世界では、互いに支え合い、助け合いが大切になります。足りない部分、短所は、他の支えや助けをもらったり、また、自分の長所を活かしてできることがあれば、他のための支えや助けになってあげたりできていけると良いのであります。

あまり他について、排除しようとか、無視しようとか、そう深刻に考えられず、他へのお互い様、お陰様という気持ちもお持ち頂ければ、有り難いことであるかと存じます。

川口英俊 合掌
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ