hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

自己嫌悪

問い「朝は一人で起きられず、朝ごはんも食べれないです」

問い「朝は一人で起きられず、朝ごはんも食べれないです」

【ご質問内容】

 ここ1ヶ月くらいのことですが朝、全く起きられません。

 私は学生なので親に毎朝何回も声をかけてもらってやっとリビング(?)まで歩けるだけです。
リビングに行ってもまたそこで寝てしまうため朝ごはんもまともに食べれないです。

また、それだけならまだ良いのですが私は自分で起きれないということや朝ごはんを食べれないということに対してイライラしてしまいます。

そして起こしてくれたりご飯を作ってくれた親に対してイライラをぶつけてしまいます。 
お昼頃になってから「なんであんなことしたんろう」と毎日後悔しています。

それでも遅くに帰ってくる私のために毎日駅の近くまで迎えに来てくれる親に感謝の反面とても心が痛いです。

 親にはお礼を言いたいのですが良い言葉が見つかりません。またこの症状を改善する方法とまでとは言わないのでどうかイライラを少なくする考え方等を教えていただきませんでしょうか。

お忙しいなかわざわざ読んでいただきありがとうございました。


【拙回答】

睡眠障害外来

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

朝の寝起きがつらいことで、色々と悩みになっておられるご様子・・

もしかすると、安眠(すっきりと寝れて起きれる)ができない体質が続いている可能性がございます。

安眠のサプリ等も市販されてますが、続くようであれば一度、医療機関にて睡眠障害外来を受診されてみるのが良いかもしれませんね。

よく寝て、よく起きられたら、きっとイライラも収まっていくことになるかと存じます。

拙生も睡眠不足の時はかなりイライラしてしまい自己嫌悪することがありますよ・・

ご両親への今の感謝の心を忘れずに。また余裕ができ、できる時に親孝行も。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「誰に頼ればいいでしょうか」

問い「誰に頼ればいいでしょうか」
【ご質問内容】

死にたい気持ちでいっぱいです。 
他人からすればそんなことで…と思うような小さなことで自己嫌悪しその度死にたくなります。 
仕事はなんとか行ってますし、くだらない話で笑うこともできますが、どうしても気持ちがしんどいです。

一度心療内科へ行きましたが、病気ではなく性格的なものと診断されたためそれ以来は行っていません。 
性格的なものでうじうじ落ち込んでいるだけで、他の人から見れば単なる甘えに見えると思います。 
それでもしんどくて、誰かに頼りたいと考えてしまいます。

親とは離れて暮らしていますが、親に話すことの方がしんどくて、連絡を絶っています。 
お付き合いしている彼は忙しく、わたしの死にたいとかしんどいという話はあまり聞きたくないようです。彼に頼りたい気持ちが一番強いですが、嫌われたくありません。 
友人はわたしよりもしんどい思いをしている方が多く、そちらにも相談できません。

一人でいる時、胸の中が真っ黒になって叫び出したい気持ちにかられます。誰にも頼ることができないのでなんとかおさめるのですが、その度に胸に穴が空いたように虚しくなり、諦めのような気持ちが生まれます。 
わたしは誰に頼ればいいでしょうか。 
そもそも頼りたいという考えは間違いでしょうか。


【拙回答】

人は、頼られると結構嬉しいもんですよ。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

是非、hasunohaを頼りになされて下さい。

人は一人では生きてはいけない弱い存在です。他の人、モノ・コトに頼らなければ、到底生きてはいけません。

でも人との関係でも、一方的に偏って頼りすぎてはいけなくて、頼り頼られのバランス関係も大切となります。

配慮、気遣いなど、お互い様で有り難うという気持ちも必要となります。

誰かに頼ったら、またその分、自分が頼られればお返しをできることで構いませんので心掛けたいものでございます。

また、どこか知らずの内に自分の思い込みで壁を勝手に作ってしまっているところもあるのかもしれません。

人は、頼られると結構嬉しいもんですよ。

見ず知らずの人から、SNSのメッセージを通じて、急に、これ教えて下さいとか、ありますけど、よほど無礼でマナーの無い内容でない限りは、頼られて、あまり嫌な思いはしたことはありません。ただ、答えられる内容かどうかの問題は別にありますけれども。。

もう少し、ご家族や友人、彼氏さんにも、うまく頼ってみられてもどうでしょうか。それも、ただ、しんどいとか、死にたいでは、やはりネガティブ過ぎて相手が嫌になるのも仕方がないかもしれません。もう少し、具体的な理由や話す内容の工夫は必要なのかもしれませんね。

「胸の中が真っ黒になって叫び出したい気持ち」にかられましたら、是非、hasunohaにでも吐き出して下さい。溜めるより、吐き出すだけですっきりすることもありますから。。

川口英俊 合掌

問い「楽しくない」

問い「楽しくない」

【ご質問内容】

毎日が楽しくありません。

死にたいと思います。

でも死ぬ勇気はありません。

死んだらなぜだめなのかもわかっています。

家族がいて幸せなはずなのに、孤独感を感じることがあります。 
誰からも必要とされていない気がします。

よく考えすぎだとか、気にしすぎだとか言われます。

みんなが私の悪口をいって見下されているような感覚になります。

悲劇のヒロインだと家族から言われたことがありました。

どうして産まれてきたんだろうと、感謝のない言葉がどんどんでてきます。

ダメなのはわかっています。

わかっているのですが、私は悲劇のヒロインになってしまいます。


【拙回答】

自己肯定へと向けて

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

少し自己嫌悪、自己否定、自意識過剰に陥られておられるご様子・・

自己肯定感が必要なのかもしれません。

傲慢、高慢などの慢心には注意が必要ですが、自分の肯定・自信、強い心・志へと繋がる思考・訓練も時に必要になります。

その一つとして、勇気のもらえるような人やエピソード、著書などに触れることも。

尊敬する人、憧れの人、なりたいと思う人はいないでしょうかね。。

拙生の場合でしたら、例えば、誠に畏れ多いことでございますが、ダライ・ラマ十四世法王猊下様でございます。

ご興味があり、宜しければにて、「ダライ・ラマ こころの自伝」(春秋社)を一度お読みになられてみて下さいませ。

川口英俊 合掌

問い「苦しいです」

問い「苦しいです」

【ご質問内容】

周りにこんなことを相談できる相手がいません。 
今日、18の誕生日を迎えました。 
私の家庭は、父と母が離婚しており、私と姉は父、弟は母に引き取られました。離婚自体は私が小学生の頃の話です。周りに離婚した家庭が多かったこともあり、今は特になんとも思っていません。 
父は、子供のような人です。作業療法士で、大学で教えているのですが、家族よりも生徒や自分の趣味が大事なようで、機嫌を損ねると毎回「勝手にすれば?もう面倒見ないから」などといいます。また、最近父宛てに債権回収?などの葉書がきて、怖いです。専門学校に進みたいですが、不安です。 
姉は離婚からずっと家事をしていて、今看護師として社会人1年目です。毎日とても大変そうですが、充実しているようです。一番苦労していると思います。 
父方の祖母は、経済的な面でも私達を支えてくれています。でも、私が苦労せずのうのうと生きているからか、当たり前ですが私よりも姉が好きなようです。 
私自身は、友達もそこそこ居り、姉とも仲が良く、虐待も受けていません。バイト代で本や服も買えるので、恵まれていると自覚しています。 
母ともたまに会っています。優しくて大好きです。弟もかわいいです。姉も好きです。父も嫌いではありません。祖母も苦手ですが好きです。自分のことも嫌いではありません。成績も悪くなく、好きなものもあります。 
しかし、誕生日を迎えてみて、「死にたい」と思ってしまいました。 
これまでも、何度か、そう思って、死に方を調べて、それで満足して、馬鹿みたいなことをしていました。 
でも、父は私の誕生日を覚えていません。姉も父も仕事ですし、1人です。友達も、きっとおめでとうと言ってくれるはずです。それは素直に嬉しいのに、全部どうでもよくなってしまいました。 
精神科に通ったことも、通おうと思ったこともありません。家族や友達の中では誰かが機嫌を損ねないよう明るく盛り上げています。 
自分が誰かに好かれる性格でないことはわかっています。外面はうるさくて調子が良くて、中身は根暗で卑怯者です。 
誰かに一番だと思われたいです。優先されたい、かえりみられたいです。ごちゃごちゃ考えて、面倒くさくなって死にたくなります。 
いっそ誕生日に死ねたらいいのかな?と考えます。これは一時的な感情なのかもしれません。 
支離滅裂で申し訳ありません。何を相談したいか分かりません。苦しいです。


【拙回答】

素敵なご縁、出逢いもまだまだこれから。。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

お誕生日おめでとうございます。

お若いですので、色々と多感なことがおありなのではないかと存じます。

あまりご自身を卑下なさられず、自己嫌悪に陥られずに、ご自身をもっと大切にご自愛なさって下さいませ。

どうしても皆、おおよそ自分への評価は低く見積もってしまうものです。変わろうと思ったら、いくらでも変われる方法はありますのに。。それを邪魔しているのは、自分自身による低い自己評価で、自分でハードル・壁を高くして制限を掛けてしまっているところがあります。

人生これからですよ。。

素敵なご縁、出逢いもまだまだこれから。。

あぁ、18歳に戻りたい。。

拙生も若い頃はよく不安や恐怖から死についても考えていました。そして、また、35歳を過ぎたあたりから、誕生日が来るたびに、今度は不安や恐怖ではなく、死は当然にいずれ受け入れるものとして、現実的な死を意識するようになりました。

そして、死を迎えるにあたり、死のことを詳しく知っておきたいとして、仏教において死後のことについて甚深なる瞑想における疑似臨死のことについて、詳しく解説されている文献にも興味を持ち、できるだけ臨むにあたり準備しておくべき仏教的な修習も進めている途上でございます。

まあ、誕生日は、この世に生まれ出でた生の日、生を意識すればするほどに、その逆の死も意識してしまうのは、あながちあり得ないことではありません。生死は表裏一体です。

とにかく、いずれにせよ、死に臨むにあたっては、できるだけのより善き心の変容、滋養が欠かせないものであるというところとなります。仏教的には、智慧と福徳の二資糧の集積が大切になるということになりますが、難しいことは別としても、とにかくいずれその時は否が応でもやってきます。何も焦る必要はありません。それまでは、とにかくやれるだけは努めてやろうという感じでも構わないのではないだろうかと存じます。

できるだけ、善き因縁(原因と条件、動機と行動)を調えていくことで、より善き結果、より善き後生も目指して。。

川口英俊 合掌

問い「屑の生きる意味」

問い「屑の生きる意味」

【ご質問内容】

初めまして。 
私はアラサーでSEをしています。 
一人っ子で田舎に両親(共に定年退職済み)がいます。

もう生きてる意味が分からなくなりました。 
原因は両親から結婚を催促されていることと、私がどうしようもない人間ということです。

自分は子供のころからぐうたらで、朝は起きないご飯は食べない夜は寝ない屑でした。(今も大して変わらないので正確には『屑のまま』ですね。居眠りが多いです) 
ただ悪運だけはあったようで大学院を出て今の職場に就職するまで留年浪人はせずに済みました。 
両親のおかげで奨学金に頼ることもありませんでした。

就職の際、一生実家暮らしでは屑の度合いがより一層酷くなると思い、地元を出ました。 
父親は地元に就職して結婚して子供を産んでほしいと言われましたが、そのすべてが嫌で頑なに譲らず地元を出ました。 
(私は子供がどうしようもなく嫌いなのです。あの金切り声にどうしても耐えられないのです。マイノリティであることは自覚しています) 
金を出すだけ出させておいてこの仕打ちですから最低以外の何者でもないですね。

子供は無理として結婚はまだ我慢できるかと思い、今年から結婚相談所に入会しました。 
活動内容について逐一メールで聞かれるので答えているのですが、会ってもいない話したこともない相手の男性について散々に言われます。 
私から見てそこまで悪い感じの方ではしなかったのですが、恐らく私が酷く鈍いだけなのでしょう。

そうして誰とも付き合えずもう10月になってしまいました。 
結婚しなければ満足してもらえないと分かっているのですが、もう疲れてしまいました。 
同時に、今まで楽しかったものを楽しいと感じられなくなったり、見聞きするのが億劫になってきました。 
私は中学時代からある芸能人のファンなのですが、今は見るのもおっくうになってきてしまいました。その芸能人が好きなこと=私のアイデンティティ、と言っても過言ではないくらいに好きなのに、です。 
高校時代から通院してはいますが、この頃一層悪化してきた気がします。

これだけ自分の欠点を自覚しているくせに直そうとしない自分が酷く醜いです。 
部屋でずっと蹲っていたいとばかり願ってしまうのが卑しくて仕方ないです。 
何一つ親に良い事の出来ない、頑張れない自分が嫌いです。 
親孝行できない自分が生きる意味は何でしょうか。 
長文乱文失礼いたしました。


【拙回答】

何よりご自身の幸せを

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

あまり自己嫌悪に陥られずに、孝行しないといけないと意気込んで思われず、何よりご自身が幸せにイキイキとお過ごしであれば、きっと親御さんも喜んで頂けることになるのではないだろうかと存じます。

結婚につきましては、相手のあることで、良きご縁があればというところとなります。

良きご縁へと向けて、例えば、縁結びを積極的に行っているお寺もございます。

今参加されている結婚相談所のような煩雑なことはなく、会ってお話できる場(しかも神聖な雰囲気のところ)であると存じます。エントリーもそんな難しいものでもないかと存じますので、是非一度、ご興味がございましたらお問い合わせされてみて下さい。

ちなみに下記のようなものもございます。ご参考まで。

お寺で婚活「吉縁会」 

寺社コン 

お幸せを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「どうやって生きていけば」

問い「どうやって生きていけば」

【ご質問内容】

私は言葉がきつくて、たくさんの人を傷つけます。自分はその人のことが大好きなのに、公共の場でうるさくした友人に黙れといってしまっことがありました。私が友達に言ってしまったことはこれだけではないです。

毎日、夜に布団のなかで反省しては自己嫌悪に陥ります。そこで後悔しても、何度もくりかえしてしまいます。

人を傷つけるだけの私は生きている意味がないんじゃないかと思うことが多々あります。 
私はどう生きていけばいいのか教えてください。死ぬのも一つの手だと思っていますので、そのときは受け入れます。


【拙回答】

相手の事を思い遣る心を育てるために

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

怒りに任せて言葉が出てしまうといった感じでしょうかね・・

相手の事を思い遣る心を育てることで、抑制、配慮もできていけるようになるのではないだろうかと存じます。

相手の事を思い遣る心を育てるための一つとして、仏教的には「慈悲の瞑想」がお勧めとなります。

「慈悲の瞑想」につきましては、日本テーラワーダ仏教協会さんの「慈悲の瞑想」が有名ですので、下記にご紹介させて頂いておきます。

「慈悲の冥想 Metta Bhavana」 

「慈経 Metta Suttam/※注意・パーリ語読み自動再生あり」 

一つ参考として実践なされてみて下さいませ。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「自分に自信が持てません。」

問い「自分に自信が持てません。」

【ご質問内容】

今まで、自分に自信が持てたことがありません。

大学の講義で話し合う時も、ふとした雑談でも、人に注目されると焦ってしまい、自分の意見を落ち着いて言えなくなります。自分の話は面白くないのではないか?飽きられてるのではないか?と考えてしまい、当たり障りのない話をしてしまいます。

また、自分の容姿にもコンプレックスがあります。周りの友達を見ていると、自分の見た目にも中身にも自信があるからこそ、堂々とできるのではと思うようになりました。

就職浪人をして、やっと来年から憧れていた会社に就職できることになりましたが、このままの自分でうまくいくのか不安です。会社の性質上、人に指示を出すことが多くなりそうですが、やはり「自分が人に指示なんて出せるのだろうか」という思いがあります。

どうすれば、自分に自信が持てるのでしょうか。他人の顔色を伺うばかりでなくなれるのでしょうか。アドバイスをいただきたいです。


【拙回答】

あなたは自分が思うよりもずっと美しい

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

下記のCM動画をご覧頂くと分かりますが、私たちは自分の短所ばかりが気になってしまい、自己嫌悪や劣等感に陥りがちとなり、そのため長所が見えなくなってしまっている、活用できなくなってしまっていることがございます。

ダヴ・あなたは自分が思うよりもずっと美しい 

人間、誰でも長所短所共に持っているもので、できれば、短所も、何とかできるならば努力して改善させれると良いですが、どうにもならないことであれば、無駄を避ける意味でも、さっさと諦めて、長所を伸ばしていけるようにその分、注力することで、バランス良く過ごして参りたいものとなります。

また、どうにもならない短所でも、他を頼り、他の助け、支えを頂くことで、カバーすることもできることがあります。

この世界では、お互いの支え合い、助け合い、分かち合いが大切となります。ですから、短所で助けてもらったことも、自分の長所において、頼られたら助けてあげられると良いのであります。

助けられて、そして、助けつつに、少しずつ自分のできることが増えていけば、自信も醸成されていくことになるでしょう。

人に指示を出すことも、お互いのお陰様ということを考えておくと、色々とスムーズになるのではないだろうかと存じます。

あまり気負いすぎずに。。

川口英俊 合掌

問い「早く死にたい」

問い「早く死にたい」

【ご質問内容】

中学生の頃から早く死にたくて仕方ありません。 
だからと言って自殺をしたり自傷をするわけではありません。 
家族や周りには迷惑をかけたくないし、家族に行き渡る保険金が少ないのは嫌だからです。 
毎日あわよくば事故に合わないかな?病気で死なないかな?と思って生きています。 
鬱なわけではありません。 
「はぁ…死にたい…」って言うより「今日死なないかな?(^o^)」くらい明るく生きてます。 
でも早く死にたくてたまらないのです。 
死にたくてたまらないのにはいろいろ理由があります。 
・私のようななんの才能もなく、生産性のない人間が社会保障なんて受けていいとは思えない。 
・親や家族が死ぬのが怖い。家族が大好きです。末っ子なのできっとこのまま長生きしてしまうと全員の死に向き合わなくてはならないだろうこと。 
・頑張って働いたところで年金なんかもらえないだろうこと。 
・きっと自分みたいな人間は一生独り身で寂しく生きるんだろうという不安。 
・なんの娯楽もなく、遊ぶ友達も家族もいないど田舎での毎日のつまらなさ。 
・長生きして介護等周りに迷惑をかけたくない。 
・仕事に興味がなく覚えられない。自分の分野と離れすぎてて理解ができない。(入社後の適性検査により職種が決まる組織です。文系も理系も考慮されません。) 
・自分の人生に価値があると思えない。 
・価値のない、才能のない自分が嫌いです。

毎日が楽しくないわけではありません。 
楽しめる趣味もあります。 
仕事は理解できないけれど人に恵まれて楽しいです。誇りもあります。 
でも上にあげたような理由で死にたくて仕方ありません。 
仕事を選んだのも有事の時は別に死んでも構わない、何かのために死ねたならそこで私というものに初めて価値が出来ると考えたからです。 
私は生きてる価値のある人間なわけでもないし、これから先を生きていきたいともどうしても思えないのです。 
病気で苦しんでいる方や行きたくても亡くなった方々には本当に申し訳なく、失礼な考えだと言うのは重々承知しております。 
周りの人からしたら異常な考えだろうということも重々理解しております。 
どうしたらもっと生きたいと、生に前向きになれるのでしょうか? 
どうやって自分に存在価値を見出せば良いのでしょうか? 
私は生きていていい人間なのでしょうか?

支離滅裂で読みづらい文章ですみません。


【拙回答】

因縁次第

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

少し物事を悲観的、虚無的にマイナスに考えてしまうところがおありのご様子・・

生きるも死ぬも、本来は、ニュートラルなもの(実体として、これだと決定して言えるような価値・意味・理由があるわけではない)なのですが、色々な価値・意味・理由などを付けては、そこにとらわれてこだわってしまうのが私たちの性でございます・・

とにかく、価値・意味・理由も無いわけではなくて、色々な因縁(原因と条件)次第であり得ているものにしか過ぎず、要は、因縁次第では、当然に変えることもできるものとなります。

まずは、あまり最初から諦めないこと、自己嫌悪に陥り過ぎないこと、自分を卑下し過ぎないことです。

結果を出すには、とにかく因縁に努力することが必要になります。最初から因縁に取り組むことを諦めていては、結果も全く望めないものになってしまいます。

自分で自分の可能性の芽を摘んでしまってはいけません。少しずつでも自分の幸せへ向けて、コツコツとできることからでも始めることが大切となります。

川口英俊 合掌

問い「心の広い人間になりたいです」

問い「心の広い人間になりたいです」

【ご質問内容】

考えすぎる性格のせいか友人がこそこそ話しているだけで自分のことを言っているのではないかと不安になります。 
また短気な性格でもあるのですぐイラっとしてしまいます。そんな自分が嫌で寛大な心を持たないとと思ったり、自分の器が小さいだけなんだと自分に言い聞かせても黒い感情が心のどこかに残ってしまいスッキリできず1人になると自分が必要なのかと考えたり自分のことがどんどん嫌いになってしまいます。 
感情を上手くコントロールするにはどうしたらいいのかアドバイスをいただきたいです。


【拙回答】

慈悲の滋養

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

心には元々実は、広いも狭いもありません。

ただ、色々な因縁(原因と条件)によって成り立っているものとなります。

良い因縁によれば良いものとなり、悪い因縁によれば悪いものになってしまうという感じでございます。

悪い感情を対治していくためには、善い感情が必要となります。

仏教では善い感情の代表格として、「慈悲の心」がございます。

慈悲は寛容さや許しの心にもつながるものとなります。

是非、慈悲の心を滋養して頂ければと存じます。

慈悲の心を滋養していく一つとして「慈悲の瞑想」がございます。

日本テーラワーダ仏教協会さんの「慈悲の瞑想」や「慈経」が有名ですので、下記にご紹介させて頂いておきます。

「慈悲の冥想 Metta Bhavana」 

「慈経 Metta Suttam/※注意・パーリ語読み自動再生あり」 

「慈悲(四無量心) 」 

川口英俊 合掌

問い「どうしたらいいのでしょうか」

問い「どうしたらいいのでしょうか」

【ご質問内容】

私はもう三十路前にもなる子持ちの母なのですが、未だに、自分の性格とうまく付き合っていけていません。

短気で、精神的にも弱く、ネガティブで、カッとなりやすいです。母からは、まさに子どもと言われます。自分の気の向くまま、ワガママなので。

カッとなったら、外に出さなければ、解消出来ません。その為、子育てする上でも子どもにイライラをぶつけてしまい、叩いてしまったり怒鳴ってしまったりしてしまいます。 
すっきりしたあとは、やってしまった事への後悔から、ずっと落ち込み、母として人として失格だと落ち込みます。 
旦那に相談しても、毎回、同じ事の繰り返しで嫌だと言われます。

私は今まで生きてきて、人生は楽しいと感じたこともなく、自分は生きている価値は無い位やな奴だと思って、ずっと生きてきました。

私もこの性格は変える事は出来るのでしょうか。もっとおおらかで余裕があって優しくて、明るい女性、妻、母になりたかったのですが、理想と現実はこうも違うんですね。

なにより一番は、子どもを叩いてしまうほど、カッとする所をすぐにでも直したいです。

どうすれば変えられるのでしょうか。アドバイスを頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。


【拙回答】

性格も因縁次第

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

性格というものは、実体的にあるものではなく、色々な因縁(原因と条件)によって成り立っているものでございます。つまり、因縁次第で変えれるものとなります。

まず、あまり自分はこんな性格と自分で自分の性格を固定して決めてしまわないことが必要となります。

このことは、生きている価値や意味や理由も同様であり、実体としては無いけれども色々な因縁によってあり得ているものに過ぎないということでございます。

性格について、では、どうすれば、もっと穏やかで、優しく、和やかな自分になれるのか、そのために必要となる因縁を考えて、実行に努力することが大切になります。

もしかすると、余裕が無いことや、ストレス、不満がその一因になっているかもしれませんね。

うまくリフレッシュや気分転換ができることを取り入れてみるのはどうでしょうか。

自分も幸せな気持ちにならないと、人の幸せな気持ち、あるいは、人を幸せにすることも、やはり、分からない、難しいものとなります。

少し自分が幸せな気持ちになれることが足りていないからかもしれません。

どうか少しずつでも自分に余裕を持たせてあげていってみて下さい。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ