hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

輪廻

問い「私は死後地獄行でしょうか?」

問い「私は死後地獄行でしょうか?」

【ご質問内容】

極楽浄土へ行くためには 
戒律を守らなければならないと聞いたことがあります。 
では戒律と私がしたことについて 
殺生をしない 
まずこれはどんな生き物とて殺してはいけないのですよね? 
蚊やゴキブリなど殺していますし 
肉や魚も食べています。

盗みをしない 
盗みは少年時代よくやりました。 
しかもつい数年前万引きをして 
警察に捕まりました。 
このことについては 
反省しています。

酒を飲まない 
ビールを飲んでます。

悪口を言わない  
極力言わないようにしていますが 
嫌なことされたり頭にくることされると 
時に反論や悪口を言ってしまう時があります。

嘘を言わない 
嘘はついたことはよくあります。 
大人になってからは正直に生きたいと 
思ってましたが会社などで働いていると 
普通に本音を言うと怒られたり 
敵対されいじめの標的にされた事がよくあります 
そういう経験をして以来 
時に思ってもいない嘘を言って 
ごまかしその場を乗り切ることがあります。

ふしだらなことをしない 
これはあまりしませんがエロ動画や画像などは 
鑑賞します。こういってことでも 
ふしだらなことになるのでしょうか?

心から懺悔をし善行を積み 
南無阿弥陀仏など毎日唱え修行をすれば 
罪罰から遠ざかるとありますが本当ですか?

そもそも地獄は実在するのですか?


【拙回答】

大切なのは諦めないことです。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

無始以来、無知無明、煩悩による悪い行いによって、迷い苦しみの世界に幾度ともなく輪廻する中において、今世に至っており、その間、一体、何度、数えきれないぐらいに地獄にも落ちてきてしまっていたことでしょう・・

今さら地獄(のような苦を受ける心境涯)に陥ることを、さほど気にすることでもありませんが、しかし、だからといって、どうせ地獄行きだろうしと、諦めてしまっては、また同じ繰り返しになってしまいます。

何とか仏様とのご縁、菩提心をしっかりと大事に大切に育み、とにかく今世においても、できる限りに行いをより善くに努めていくことが大切となります。

拙生も毎日のお勤めにて、三宝帰依や菩提心生起、懺悔、各戒保持誓願を繰り返し行いつつ、日々の行いを反省し、一進一退の中ですが、ほんの数ミリでも悟りへと近づけるようにと思っております。

諦めずに取り組んでいければ、きっと何生か後には、やがてその菩提心が花開き、悟りの実を結ぶことへと繋がっていくことになると存じております。

共に頑張って参りましょう。

川口英俊 合掌

問い「人間の男に生まれることは、前世の悪行の報いでしょうか。」

問い「人間の男に生まれることは、前世の悪行の報いでしょうか。」

【ご質問内容】

人間の男に生まれたことが、前世での報いでしょうか。 
こんな辛い生は無いと思っております。

独身なら独身で「何で世帯が持てないのか、何か精神的障壁があるのか」とか、「仕事だけが人生なのか」とか

世帯を持てば持てば持ったで「出世もできずに、どうやって妻子を楽にさせるのか」、「お前に男子の本懐はあるのか」、「そんな状況で親孝行できるのか」とか。

果ては「ヒモ」なったらったで、「男の誇りは無いのか」と責め立てられる。

前世でどんな酷いことをしたからと言って、何の記憶もないのこの私に、この報いは余りにも空しすきると思います。

どうしたら「人間の男」に生まれ変わらないようにできますでしょうか。


【拙回答】

「盲亀浮木」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

確かに私たちは迷い苦しみの世界である人間の世界に生まれてしまっております。

しかし、この人に生まれることの難しさたるや・・

仏教では、「盲亀浮木」という譬えがございまして、大海に住む目の見えない老亀が、百年に一度海面に浮き上がってくる時に、たまたまそこに流れてきた穴の空いた浮き木の穴に首を突っ込むというぐらいに、人として生まれるのは難しいとされています。更に仏様の教えのある世界に生まれて、仏様の教えを学び修せられることも、尚もって難しいことであると言われています。

また、人は天・修羅と共に、六道輪廻の中でも「三善趣」と言われるだけに、迷い苦しみの中にあるのは変わりませんが、畜生・餓鬼・地獄(三悪趣)に比べれば、はるかにましな存在であると言えます。

その上、三善趣であっても、天と修羅では、「有暇具足」(悟り・涅槃へと向かうための八つの有暇と十の具足を備えている)を円満には得難いため、実際は人のみが、仏様の教えを修せられるための絶好の機会となるだけに、できる限り無駄に過ごしたくないものとなります。

人して生まれたのは、ある程度、過去世における善き業・カルマの因縁(原因と条件)があってのことであるとも考えられます。私たちは、何とかこの機会を逃さずに、心の資質の向上のためにも、仏教の修習にしっかりと取り組んで参りたいものでございます。

川口英俊 合掌

問い「輪廻転生パート2」

問い「輪廻転生パート2」

【ご質問内容】

回答率99.9パーセントを誇るお坊様さすがです 
毎回私の質問に答えてくれてありがとうございます 
それではまた輪廻転生について質問です 
前回の質問で人が輪廻転生するのはその人の業によってと聞きました 
それはこの世に借金があって返済しなきゃいけないんですよね 
でも最初に作られた人間はこの世になんの業も残してないのになぜ借金を返済するためにこの娑婆の世界へ生まれるのですか?


【拙回答】

「無始無終」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

とにかく迷い苦しみに輪廻してしまうのは、何らかの因縁(原因と条件)があってのことになります。

因縁の無いところに結果はあり得ません。しかし、ではどの因縁が・・と遡り続けても、正直なところ無限遡及となるのは免れません。

よく、輪廻と合わせて、「無始無終」という言葉も使われますが、「誤った因縁を積み続けてしまう限りは、いつまでも輪廻は続いてしまいますよ」ということでございます。

借金という例えはある程度言い得ていますが、実際には返済できるような行いが、無明・煩悩により、ほとんどできていないのも現実となります。

また、「無始無終」について議論するのは、「無記」ということにもなりますが、とにかく、現に今、人として迷い苦しみの世界に存してしまっている以上、これから少しでも迷い苦しみを無くしていくための因縁を積んで参りたいものとなります。そのための教えが仏教でもございます。

共に頑張って努めて参りましょう。

川口英俊 合掌

問い「輪廻転生」

問い「輪廻転生」

【ご質問内容】

お坊様に質問です 
なぜ人は輪廻転生をするのですか? 
人が生まれる理由はなんですか?


【拙回答】

有暇具足

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

輪廻する原因・・「無明」(根本的な無知)による業・カルマの結果として、その業・カルマに応じて、私たちは迷い苦しみに輪廻することになります。

しっかりと仏教を修習することで、「無明」を対治すると共に、善き業・カルマを積みて、輪廻から解脱するための悟り・涅槃へと向けた流れに乗って参りたいものでございます。

人は天・修羅と共に、六道輪廻の中でも「三善趣」と言われるだけに、迷い苦しみの中にあるのは変わりませんが、畜生・餓鬼・地獄に比べると、ある程度ましな存在であると言えます。

更に、天と修羅では、「有暇具足」(悟り・涅槃へと向かうための八つの有暇と十の具足を備えている)を円満には得難いため、実際は人のみが、仏道を修せられるための絶好の機会となるだけに、できる限り無駄に過ごしたくないものとなります。

人して生まれたのは、ある程度、過去世における善き業・カルマの因縁(原因と条件)があってのこと。この機会を逃さずに仏教の修習にしっかりと取り組んで参りたいものでございます。

川口英俊 合掌

問い「死は本人にとっても辛いですか」

問い「死は本人にとっても辛いですか」

【ご質問内容】

なぜ死ぬことが悪いのか未だに理解できません。

周りの人たちが悲しむのはわかります。私は一般的に幸せな子だから。 
でも、本人にとって生きることが死ぬことより辛いとはどうしても思えません。

楽になりたいとは、どうして思ってはいけないのでしょうか。

10年以上考えています。 
お坊さんの考えを教えてほしいです。


【拙回答】

迷い苦しみの輪廻

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

この迷い苦しみの輪廻にある限り生死はいずれにしてもつらいものとなります・・

代表的には、八苦としての「生・老・病・死の他に、愛するモノ・コトとも別れなければならないという苦しみの愛別離苦(あいべつりく)、憎しみ怨むモノ・コトとも出会っていかなければならないという苦しみの怨憎会苦(おんぞうえく)、(実体的にモノ・コトを)求めても得られず満足できないという苦しみの求不得苦(ぐふとっく)、心身共の作用が盛んに働いていることによる苦しみの五蘊盛苦(ごおんじょうく)」とございます。

輪廻の問題は、無明(根本的な無知)・煩悩による行い、悪い業・カルマのありようになります。

この業・カルマをできるだけ善い清らかな流れに調えていくことが大切となります。善い清らかな流れに調えていくための教えが仏教となります。

本当の「楽」となる悟り・涅槃へと向けて、是非、これを機会に少しずつでも構いませんので、仏教の修習に努めて頂けましたら有り難くに存じます。

川口英俊 合掌

問い「人間って?」

問い「人間って?」

【ご質問内容】

もちろん、自分も含めての話なのですが、人間って愚かだと思われませんか? 

自分たちの欲望を満たすために、地球の限りある資源を好きなように使い倒し、環境を破壊している現実。 

地球の命が永遠のものとでも思っているのでしょうか?

地球こそ、人間を産み出した母、言うなれば神だと思います。

その地球(母)の苦悩など全く考えず、欲望の思うままに行動し、うまく行かないと、苦しみ、嘆き、悲しむ。 

本当に、お釈迦様は、そんな愚かな人間を助けるために、仏教の教えを広めたのでしょうか?

授かった命を、自から捨てることは良くないことだと判っていますが、極端かもしれませんが、視点を変えると、死を選ぶことは、自分が使う予定であった、地球の資源を別の人に捧げることになり、これこそ、究極の人の為とは成らないのでしょうか?

火葬もおかしな習慣の様に思います。人間が死んだら土葬にし、地球に戻すべきではないのでしょうか? それこそが、本当の輪廻転生じゃないのでしょうか?

人の命は大切ですが、それ以上に、地球の命は大切なものだと思います。

宗教の違いや、国家の違いだけで、争っている場合では、無いと思います。

最近の自然災害の多さは、地球からの警告だとしか、思えないです。

皆様は、どの様に思われますでしょうか?


【拙回答】

「無明」を対治へ向けて

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

人間は確かに愚かです。三毒と言われる煩悩である貪(むさぼり)、瞋(激しい怒り)、そして、痴の、痴がまさに「愚かさ」ということになります。

根本的な愚かさのことを「無明」(むみょう)として、真理を知らずにいる「根本的な無知」を示す言葉となります。

この「無明」を対治し、悟りを目指す教えが仏教となります。

「本当に、お釈迦様は、そんな愚かな人間を助けるために、仏教の教えを広めたのでしょうか?」・・

「梵天勧請」として、梵天という善神から、悟られた教えを説くように請われたということもございますが、無明にある愚かなるものたち(何も人間だけではありません。六道にある衆生の皆)が、いつまでも迷い苦しみ(輪廻)に喘いでしまっていることを憐れみられて、大いなる慈悲の御心も起こされ、教えをお説きになられたのではないだろうかと存じます。

そして、悟りへと至るための四つ(苦・集・滅・道)の聖なる真理(四聖諦)について、お釈迦様は、まず最初にお説きになられました。(初転法輪)

もし、この輪廻から脱するための教えを聞くチャンスを逃したままでは、いくら生死を繰り返しても、また無明によって迷い苦しみを繰り返すだけになってしまいかねません。

非常に得難い人身を受けたる今こそ、仏様の教えを学び修する絶好の機会に恵まれております。真の「平安なる心」である悟りへ向けて、今生、できれば無駄には致したくないものでございます。

また、「災害」というものは、私たちの八苦の一つの「怨憎会苦」にあたりますが、これもあくまでも私たちの都合による「災い」という捉え方となります。地球、自然、宇宙は、ただ因縁に従って移ろい変わりゆくものにしか過ぎませんし、別に人類を住まわせる環境のためにという意図での何か意思が働いているわけでもないかとは存じます。

それよりも、「自業自得」な面がある部分は、どう無明による悪い業(カルマ、行い)を対治していくべきであるのかというところが大切となります。

是非、まだでございましたら、悟りという真の「平安なる心」へ向けまして、まずは「四聖諦」から仏教の学びをしっかりと進めていって頂けましたら有り難くに存じます。

川口英俊 合掌

問い「人生の意味」

問い「人生の意味」

【ご質問内容】

生きる意味を教えてください! 
別に自殺を考えたり、リストカットしているわけではありませんが生きている意味がイマイチよくわかりません。 
100年後には確実に今生きている人のほとんどが死んでいます。たしかに生きていると悲しい事も楽しい事もあります。しかしこの世にはテロや残酷な殺人事件、強盗、DV、痴漢、いじめなど人生を狂わせることがあります。私は幸運にもそういう事件や事故には巻き込まれていませんがそういう方は多くいますし、見聞きするだけでもとても嫌な気分になります。全ての人が嫌な奴とは思いません。しかし人の人生を平気で壊すような人が大勢いる腐った世の中で生きていくのにはいったい何の意味があるのですか?血のにじむ努力して頑張ってる人にとって、平凡に静かに暮らしている人にとっては理不尽だらけです。さらにいえば貧困やエイズ、戦争、病気で若くして亡くなる人にとってはもっと理不尽です。悪いことをした人に罰は与えられないのですか?反省すれば許されるのですか?何も悪いことをしてないのに被害に遭う人に幸せはくるのでしょうか?毎日毎日学校に通い、手伝いをし、ボランティアや習い事、部活をしている自分が生きている意味がよくわからなくなります。


【拙回答】

「心の向上」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

生きる意味、人生の意味、確かに拙生も昔はよく考えておりました。

仏教を修習していくようになりまして、今は一つの結論が出ております。

「心の向上」、あるいは、「人格の向上」と言っても良いでしょうかね。

とにかく、この迷い苦しみの世界に生まれ死にを繰り返す(輪廻)原因として、「心」の問題が大きく関わってしまっています。無明(むみょう)という根本的な無知と、無明によって積みたる業(カルマ)の問題でございます。

来世、来来世へと続く心の状態を、何とか少しずつにでもよりよくに向上させていけるように、今世においてもできる限り努めて参りたいものと存じております。

是非、心をより善くに、より清らかに変容させていくための教えとしてある仏教に、関心を持って修習していって頂けましたら、大変に有り難くに存じます。

川口英俊 合掌

問い「私はグラコロです」

問い「私はグラコロです」

【ご質問内容】

こんにちは

甘い罠ならかかりましょう

しかけてよ

みせてよ

かがせてよ

上記の文章からどのような罠を連想されますか? 
お坊さんの想像を超えた創造力をお待ちしております

よろしくお願いいたします

一人言です 
喝の嵐かも...


【拙回答】

釈尊の教えの薫香を!

無明(根本的な無知)により仕掛けられた罠にかかり、輪廻の闇路を彷徨う愚か者たちよ!

その無明の正体を刮目してよく見よ!

その無明を打ち破る薫りを今こそかがせてやろう!

偉大なる尊師、釈尊の教えの薫香を!

川口英俊 合掌

問い「障害児の中絶」

問い「障害児の中絶」

【ご質問内容】

宜しくお願いいたします。 
妻がそろそろ高齢出産なのですが、子供の為にも二人目が欲しいと言います。 
ただ、妊娠初期に検査しい異常があれば中絶すると言います。 
理由は育てる自信が無いのと、障害児自身も辛い人生だから。また、親が死んだあと生きて行けないから。だそうです。

私はそれは人殺しなのではと悩むのですが、いかがでしょうか。 
障害児を育てるのに疲れて殺してしまう事件もあります。 
障害児でも育てる覚悟が無ければ妊娠自体、間違った事でしょうか。 
妻の選択にも正当性があるなら、子供に兄弟を作りたいです。


【拙回答】

私たちにおける最大の「障害」とは・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

程度の差はあれども、生きていく上での困難さを「障害」と言うのであれば、正直に申せば、皆、「障害」を抱えていることに変わりはないものであると考えております。そして、皆、独りで生きていけるものではなく、弱い存在でもあります。

生・老・病・死、愛別離苦、怨憎会苦、求不得苦、五蘊盛苦・・輪廻にある限り、迷い苦しむことは仕方のないものとなります・・

でも、この迷い苦しみの世界にあって、皆、それぞれで障害を抱え、弱い存在であっても、何とか生きていることができているのは、お互いの助け合い、支え合い、分かち合い、補い合いがあってのことによるからでございます。

大切となるのは、他への思い遣りや配慮の心、そして、仏教的に申せば、慈悲の心となります。

是非、お二人目を望まれて、お生れになられたお子様も、周りの御支えと共に、慈悲の心でお育て頂ければ、誠に有り難いことであると存じます。

とにかく、仏教的には、輪廻で迷い苦しむ最大の「障害」というものは、煩悩の親玉である「無明」(根本的な無知)であると考えます。

皆が、仏教の修習によって、「無明」を対治していくことで、この迷い苦しみの世界から脱せられるようにと致して参りたいものでございます。

川口英俊 合掌

問い「人間のクズが許せない」

問い「人間のクズが許せない」

【ご質問内容】

人間のクズが許せません。 
僕の言う人間のクズとは、平気で人が嫌がることをする人や悪いことをしても罪悪感のない人のことです。

例えば、本人に聞こえるような声で人をバカにする人や、公共の場でのマナーを守らず周りに迷惑をかける人、人を陥れてお金を稼ぐ人(当たり屋や痴漢のでっち上げをする人等)等です。

こういった人達には倫理観や人としてのプライドのようなものがないため、自分達さえ良ければ何をしてもいいと思っています。 
その結果周りが嫌な思いをしようがお構いなしです。

例え自分と関係のないことでも、こういった話を見かけたり聞いたりするだけで僕まで嫌な気持ちになります。 

本当ならこういったクズは全員殺してやりたいくらいなのですが、それは現実的ではありません。 

彼らの行為に対する怒りと、それをどうすることもできないもどかしさでモヤモヤします。

世の中からこのような行為をなくしたいです。 
こういった人を撲滅させるにはどうしたらいいと思いますか? 
また、クズを許せない気持ちと上手く付き合うにはどうしたらいいでしょうか?

回答よろしくお願いします。


【拙回答】

無明の対治

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「罪を憎んで人を憎まず」という言葉がございますが、仏教では、その真に厭い憎むべきものを「無明」(むみょう)(根本的な無知、根本的な愚かさ)と考えます。

まさにこの「無明」というものが、大乗さんもおっしゃられていますように、「クズの種」であり、数々の煩悩の原因、悪業の原因となっているものであります。

厄介なことに、拙生もささお様も、ささお様がおっしゃられるようなクズたちも、そして、この輪廻において迷い苦しむ衆生の全ても、実はこの「無明」に侵されてしまっています。

何とかして皆の迷い苦しみの原因となっている無明の闇を晴らしていかないといけません。その闇を晴らすための光が、仏教の智慧となります。

是非、自分も、クズたちも、そして皆も、悪しき行為をなさないようにしていくために、その根本的な原因となっている無明を対治していけるよう、これを機会に、仏教を修習していって頂けましたら有り難くに存じます。

共に頑張って、自分、そして、皆の無明を対治して参りましょう。

川口英俊 合掌
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ