2013年08月02日

しなり王子がやってきた。

昨日、しなり王子がきてくれた。
彼がソウルから戻ってきてから、電話では話をしたが会うのは久しぶりだった。

3年前かな、マポでの日韓戦はともに応援した。
この3年前の日韓戦が始めての韓国訪問だった。
個人的には海外旅行は好きな方で、訪問先はかなりの数にのぼる。
ただ韓国だけはなぜか、行く気がしなかった。

一人で降り立ったキンポ空港。待て度も待て度も荷物が出てこなかった。
しばらくして、ターンテーブルが止まり、周囲には誰もいなくなった。
多少の戸惑いと焦りを抱いた俺に、美女が微笑んでいるのを見つけた。
しかも彼女は俺の旗竿を持っていた。
まずは荷物があったという安心感から思わず微笑んでしまい.彼女に近づいた。
すると彼女は、俺を個室に案内してくれた。
そこには怖そうなおじさんが待っていた。
俺の荷物を見て、いろいろ聞いてくる。
俺のあの青い日の丸入りのヘルメットを凝視している。
気に入ってくれたようだ。
しかし、旭日旗などはなかったので、一時間くらいして、放免された。
慣れない地下鉄を乗り継いで、場末のホテルについた。
疲れもあって、うとうとしていると、ベルが鳴った。
ドアを開けると、そこにはしなり王子が立っていた。
ホテルの部屋はわりと広く、ベッドも二つあり、好都合だった。
翌日は午前中は明洞等を徘徊し、昼前にはマポのスタジアムについた。
韓国の街中を歩き回りながら感じたのは、

韓国人は優しい、親切だ。ということ

日本人丸出しの2人組に、嫌な顔ひとつせず、笑顔で出迎えてくれたのだ。
しなり王子はチケットを持っていなかったので、韓国ダフ屋から、購入。
これが安かった。韓国でのチケットは日本で買うと高い。ぼられている。
入場の際は検問も、荷物検査もなく、すんなり入れた。
場内での、旗振りの場所も自由にさせてくれた。
日本サポから離れてゴール裏中央に行ったのだが、
後ろには青いユニの人たちが集まってきてくれた。
日本人だと思い話しかけるが通じない。もしかしてと思った。
彼らは日本代表のユニをきているが、韓国人だ。
日本大好きの親日派の人たちだった。
しなり王子は、旭日をヘルメットに描きかぶっていたが、警備をも含めて誰もからも注意もされず
それどころか、韓国人から、特に女性にめちゃモテ。
差し入れをもらい、記念撮影に気軽に応じていた。

試合中に後ろの方で、もみ合いがあった。
今回出されたのと同じ横断幕だと思うが、撤去をめぐって、かなりそう然とした。

韓国では、あの横断幕と韓国人の人物画を日韓戦の試合にだし、あとて警備が剥がす。
これがセレモニーになっているようだ。
日本ではこのようなことを


やらせ

という。

なにはともあれ、韓国人の優しさと親切なところに、こころをうたれ、
その後一年ちょっとの間に4回もソウルに遊びに行くような、
親韓派となった俺でした。  
Posted by hatafuritai at 10:00

2013年08月01日

日本サッカー協会の旭日旗に対する対応

代表戦ではときおり、旭日旗が応援のグッズとして使われてきた。
それは大旗であったり、しなり旗であったり、時にはげーフラとして、、
6月のワールドカップ最終予選の対オーストラリア戦でも
最前列にはあった。
また選手で迎えの時にも、振られていた。
Facebook にも載ってます。(旗振り隊のカバー写真参照ください。)
協会からは何らの指示もなかった。
規制もなかった。
では、わが協会は旭日旗を公認してきたのだろうか?

答えは NO だ。
何年か前、国立での日韓戦だったか日中戦だったか、忘れたが、
試合前に旗振り隊の仲間が、旭日旗を準備していると、警備会社がやってきた。
旭日旗はダメだという。
なぜ?誰がダメと言っているのか?
係員は言った。

協会からです。

協会からの指示、、
おそらく旭日旗を強行し振ったら、没収。最悪の場合出入り禁止
協会の意思が読み取れた。

俺は仲間を説得にかかった。
旭日旗を降ろそうと、、、
なぜ?仲間はなかなか納得してくれなかった。
悔しさは俺にもあった。
でも協会が言っている以上、従うしか方法はない。
どうしようもない虚脱感が心を支配した。
ここは日本なのに、、、
ここは日本なのに、、、
なぜ、そんなに韓国や中国に御遠慮されるのでしょうか?
協会の決めたルールや具体的な指示にはしたがいます。
でも心から納得しているわけではないんですよ。
  
Posted by hatafuritai at 15:15

韓国サポの横断幕

今回私はソウルには行っていないが、韓国サポが出した人物像の横断幕は、
平成22年10月にマポでの試合に出されたものと同様な気がする。
旗振り隊写真館で見直して見たが、間違いないと思う。
ハングル文字の横断幕もそうだ。
これは、試合中に警備員と韓国サポがもみあい、一時場内は騒然とした。
結果、当然ハングル文字の横断幕は撤去された。
韓国協会は、日本側が旭日旗を出したから、みたいのことを言っているみたいだが、
あれだけ大きなものはすぐには準備できない。
こじつけだ。最初から出す意図見え見え。
周到にサポが韓国協会等の黙認か理解のもと準備したものだろう。
そういう意味ではしなり王子の旭日旗は相手に口実を与えた。

これら韓国サポの横断幕等は、日本側にとってほとんど意味がない。
なぜなら、まったく理解できない品物だからだ。
最初、聖徳太子かと思ったくらいだから。
韓国サポの国内向け横断幕とみた。
わが官房長官は遺憾みたいなコメントを出したが、
お話を大きくするだけ、かな?
ただ、韓国人は黙っていると、それが認められた、当然という風に捉え、
どこまでも際限なくやってくるから、釘を刺す必要はある。  
Posted by hatafuritai at 06:52

2013年07月31日

日韓戦と旭日旗

7月28日のソウルでの日韓戦で旭日旗が振られた。
そのことが、政治的な意味合いをも含めて大きな反響を呼んでいるようだ。

 ここ数年、サッカー日本代表戦では旭日旗が振られることは珍しくはなかった。
 ただ、何もトラブルが無かった とは言い切れない。
 
 それが、報道されたり、どこかのブログやツイッターで騒がれることもなかった。
 今回は若干事情が違うようだ。

 旭日旗、 それは旗振り隊にとっても避けられない課題だろう。
 今まで代表戦では旭日旗が振られてきた。
 6月のオーストラリア戦でも同様だった。
 ただ、このオーストラリア戦ではどこからも非難も、ご指導もなかった。
 誰も問題にはしていなかったんだ。

 なのになぜ、日韓戦では 騒がれる、誰が騒ぐのか、、、
 考えてみたい。

  このブログを読まれる方は、書いている私が誰だかご存じでしょう。
 私です。
  
 最近ではこのような所に自分自身の意見や主張を書くことを避けてきました。
 おおやけな場所で主義主張を文書化することはしませんでした。
 なぜならば、現実的な立場では、もう私個人の主張は私個人の主張ではなく
   旗振り隊  を代表する主張としてとらえられてしまうからです。

 言葉の重み、責任を感じながら少し考えを書き綴ります。

 韓国での旭日旗 のしなり王子は

   マリノスゴール裏の同士・戦友 かけがえのない友人だと思っています。  
Posted by hatafuritai at 09:27

2012年12月02日

鳥栖戦

時間がたつのも早いもので、とうと最終戦となった。
 勝てば、アジアへの可能性が、、

 入場待ちは寒風にさらされ、寒くて寒くて仕方がなかった。
 いつものようにいつもの場所へ、、、
 ここへ、最前列にきて、何年たっただろう。
 もうそろそろ、限界かなとは思うが、旗振り止める踏ん切りがつかない。

 旗を用意して、まっていると今年初めての友が何人か訪ねて来てくれた。
 とてつもなくうれしい。

 試合は圧倒的に攻めた。でも得点できない。
 トップに学と小野
 これは、と思う監督采配。
 樋口さんは大黒や、谷口をあまり信頼していないようだ。
 結果は俊輔の一発だけ。
 勝ったはいいが、やはり得点力不足。
 協力FWが欲しい。

 終わってみれば4着、、
 これは好成績?
 なにか物足りない。

 試合後のセレモニーも淡々と終わって、エンド。
 来年もこの社長さん?
 期待できないな。

 試合後は旗振り隊メンバーと新横浜機関区へ、
 みんないろんなこと話していたけど、その話の中にはあまり加わらなかった。

 時間もなく、体力もなく、シート貼り等、グループの活動にもあまり協力できなかった。
 代わりに努力してくださった皆さんに申し訳ない。
 ありがとうございました。  
Posted by hatafuritai at 11:18

2012年07月29日

清水戦

こう着した試合だったが、
10番の動きが流れを変えた。
どちらかというと、動きが鈍かった小野、
それが相手のパスをカットして、マルキへ絶好のパス
確実に決めたマルキ、、、、
この一点で清水は壊れた、、、

あとは、一方的に加点、、、

久しぶりの快勝だった
ただその後のイエローは頂けない
あとで、このイエローは響いてくる。確実に

新しく小林選手の旗がデビュー、、
ものすごいスピードで完成した。
学の旗も速かった。

新しい仲間が増え、旗が増える、、、さらに増えてほしい

旗だけでなく、マリサポも増えてほしい

試合後は車で、新横浜機関区へ、、

 もう、遅かったので店じまいかなと思っていたら
マリサポが来てくれた

ナイターでの試合後にマリサポが来てくれたのは初めて、、
驚きと同時にうれしかった。
一緒に今日の試合のお話等、、盛り上がった

勝てばうれしい、
仲間が増えればうれしい

勝ち続けてほしいものだ  
Posted by hatafuritai at 12:53

2012年07月08日

セレッソ戦

朝から、大忙し、、、

 前日は三ツ沢シート貼り
 深夜12時から7時まで三ツ沢、、、
 9時から会社、、仕事がたまって、たまって、、、

 試合当日も朝から来客が多すぎてうれしい悲鳴、、、
 その合間に11日のオリンピック壮行会での まなぶの日の丸制作のお手伝い
 時間があればもっと丁寧に作れたのに、、、すみません

 15時過ぎ旭ガラスの研究所前から横浜駅西口行きのバスへ
 三ツ沢は、Jの試合としてはやや人が少ない
 お天気の影響か、、、

 セレッソは何とも言えないチーム、ただ選手の育成には定評ができつつある
 マリノスも負けずに育成頑張ってほしい。

 試合開始後から雨、、、旗泣かせ、、、
 前半は押し気味、、、

 コーナーから押し込んで先制、、これは今日こそは、、
 引き分けでなく、勝てそうな、、、気分、、

 でもまた勝てなかった、、、、

 後半、マルキがいなくなると、高さがなくなった、、

 10番も、11番もそれなりにいいのだが

 監督采配若干まえがかり、、、

 追加点を狙う作戦が裏目、、、

 ふう、勝てないね

 試合終わっていつものように新横浜機関区へ

  お店メニュー替えてマリノスメニューがなくなった、、

 でもマリノスメニューは裏メニュー、、、で残っています

 980円のジンギスカンを頼んで、マリサポであることをスタッフにお告げください

 何か、いいことあります。

 12時過ぎまで店にいて、家に帰ったのは深夜2時

 疲れがたまって、、、たまって、、、

 眠たいよ  
Posted by hatafuritai at 15:21マリノス

2012年06月17日

FC東京戦

間違いなく梅雨の一日だった。

試合前から小雨、、、なんとか試合終了まで、降らないでと願ってはいたのだが、、、

会社からバスで、新横浜へ、新横浜駅新幹線への入場券を買って構内へ、、、

新幹線うまか棒(?)を求めて、、

でも、売っていなかった。これ新横浜機関区で子供さんに大人気。

だからぜひ欲しかったのだが、

旗振り隊のミーティングに遅れる。最近はシート貼り等もなかなか出れず、皆様のお荷物状態。

反省しております。

 きょうは飯倉選手の旗作りを皆で手伝っていた。なんとか試合前のセレモニーに間に合わせようと、

あいにくの雨でしたが、気持ちは伝わったのでは、、

FC東京は絶不調?

いいところない、

いやそれともマリノスが絶好調?

マリノスは、ほぼ試合をコーントロールし続けた。

得点は一点だけ、、もうすこし取れた、いや取らなければならない試合展開だった。

 試合前に旗を作りたいという相談を2件も受けた。

非常にうれしい。

現実に旗つくりを始めた人たちもいる。

もっと、もっとゴール裏を盛り上げ、超満員の日産スタジアムにしたい。

 試合後は猛スピードで、関内の新横浜機関区へ、、、

閉店間際の店内で、今日の試合の勝利感を味わいながら

生ビールを一杯。

ひとりで乾杯。

裏メニューの焼きそばと、ホタテのバター焼きがこれまたビールに最適、、

試合に勝つと、、、ビールもよりおいしくなる。

来週も冷えたビールをおいしく飲みたいものです。

 栗原選手、期待しています。  
Posted by hatafuritai at 10:38マリノス

2012年06月10日

ヨルダン戦

最終予選の2試合目はヨルダン戦だった。

 浦和御園へ向かう電車の中でカメラを忘れたことに気が付く。

いつも写真館楽しみにしている方にはごめんなさい。

 サイスタは真夏の日差しだった。

14時から旗振隊ミーティング。

一戦目より旗は少ない。全部で23本だった。

特に決めることや連絡事項もなく、淡々と進む。


 先日のオマーン戦での旗振りのメンバーと報道関係者とのことで

協会のかたや警備のシミスポから直接お話があった。

サポーターも報道関係者もともに日本代表を応援するということで立場は同じだから

協力しあっていきたいとは思う。

 ただ、旗を 日の丸をふんずけるのは、ちょっと、、、

少し気を使って頂きたいと、お願いしたい。

旗は、日の丸は サポーターにとって、旗振り隊にとって、とても大切なもの、、、

わかってください。

 この件で、協会のかたや警備会社の方にとくに御配慮いただきありがとうございました。

こちらも踏まれないよう、工夫し配慮いたします。


 試合は始まってみると、なんともいえない完勝。

 最終予選でこんなに大差で勝つなんて記憶にない。

 栗原のヘッドも気持よく決まったし、なにも言うことはないです。

 ただ次はオーストラリア。

 簡単には行かないでしょう。

  オーストラリアへ行かれるサポのみなさま、、、

 楽しみながらも必勝の応援お願いたします。

 私は新横浜機関区でパブリックビューで、応援したします。

ブラジルへ、、、一歩ずつ確実に前進したいです。  
Posted by hatafuritai at 09:43日本代表

2012年06月06日

代表サポとクラブサポーター

代表戦に集まるサポは、Jでもどこかクラブを応援しているのが普通だった。

競技場でも、彼はマリノスだとか、清水だとか、クラブで色分けできた。

ところが、最近ではクラブを応援していないサポが増えた。

応援していないというよりも、応援できないと言った方が正確かもしれない。

確かにJの試合に行って、さらに代表戦となると日程的に非常にきつい。

現実に今度の8日に代表戦、翌日マリノスはナビスコ杯だ。

これでは、、、、

協会の都合もあるのでしょうが、、、


それとは別に、最初からJの応援を放棄している人も増えた

放棄した彼らは言う。

Jと代表は別だ。

でもそれは、、

選手はクラブで頑張らないと代表には選ばれない。

クラブに所属していない代表選手はいない。

サポも同様だと思うのですが、

仕事や学校、居住地の関係でJの応援大変なのはわかりますが

応援は、代表だけ、、というのは、、、

それにJが盛り上がらないと、代表も強くならないと思うのですが、、、

サッカーの応援の基本はクラブで、代表戦はその発展上で、、

皆はどう思っているんでしょう。
  
Posted by hatafuritai at 09:31日本代表