2016年02月29日

衣裳いろいろ

こんにちは、黒岩です。

今日で2月も終わり。
旅籠はまだまだ寒さが残っています。
春が恋しくなってきますね。

ではでは、本日は衣装の種類のご案内

花嫁様の衣裳ってどんなの?を解消いたします!


白無垢

s0276

打掛から掛下まで白で統一された、もっとも格の高い花嫁衣装です。

白は古来から神聖なお色とされています。
唯一、綿帽子を合わせられる衣装で、もちろん角隠し、洋髪も可能でございます!

白無垢は白といっても、ものによって純白からアイボリーがっかたものまであります。
柄や素材も様々。
今は、掛下等を色つきにされる方もいらっしゃいます。


色打掛

s-20101113_2028

赤や金など、白以外のお色が入った打掛です。

色打掛は、白無垢と同格で、なんといっても華やか!
もともと打掛は、室町時代以降の武家女性の礼装でした。

旅籠では、かがり火撮影を金糸などが入った色打掛でされるとすごく映えますよ


引き振袖

hatago_114

引き振袖は、帯が映えます。
白無垢、色打掛とは違い、完全に帯が見えますので、柄や結び方によって豪華に見せられます。

また、白無垢、色打掛と同様に、裾にはふきがついています。

引き振袖のなかでも黒引きは、一番格が高く、
江戸後期から昭和初期までの一般的な花嫁衣裳として着られていました。

また、白無垢の下に、掛下として着ることも可能です


紋付羽織袴

s0074

新郎様の衣裳です。

一番格が高いのが黒五つ紋付き羽織袴です。
ですが、今は白やグレー等色付きのものもありますので個性を出す事もできます


ドレス・タキシード

06

旅籠でドレス・タキシードにお色直しされる新郎新婦様も沢山いらっしゃいます。
もちろんお写真だけも可能です。
ノスタルジックなお写真がとれますよ

新婦様は、ウェディングドレス、カラードレスと様々。和ドレスも素敵ですね。
新郎様のタキシードも丈の長さや色等バリエーション豊富です。

また、新婦様がドレスで新郎様が紋付の方もいらっしゃいます。



いかがでしょうか。衣裳も様々。
結婚式で衣裳選びは重要だと思いますので、
ぜひ運命の一着を見つけてくださいませ


お問合わせ、心よりお待ちしています。

【お問合わせ窓口】
かやぶきの郷薬師温泉旅籠Wedding
東京事務所
TEL03-3262-0502














トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ページの一番上へ
かやぶきの郷薬師温泉旅籠 HATAGO WEDDING ホームページへ
QRコード
QRコード