はた・ハタ farm-garden 

茅野市の八ヶ岳西麓で家庭農園とガーデニングを楽しむ夫婦です。 月並みですが、田舎暮らしはもとより、自給自足率の向上も楽しんでいます。 (実は他の場所でも家庭農園で遊んでいます。) また、50年来の趣味である「星空散歩」もここに移り住んでからは農作業や 庭仕事の合間にゆったり楽しんでいます。 ・・・そんな日々の暮らしをお伝えできればと思っています。

2016年08月


八ヶ岳西麓にある、はた・ハタ farm-garden で行っている

高冷地での二毛作ですが、現在は蕎麦の花が終わりつつあります。

その蕎麦の前作である小麦(南部小麦)は脱穀して玄麦状態で袋詰め

してありますが、乾燥があまり良くありません。

そこでブルーシートに広げて2回目の天日干しをしました。

IMG_1827

これで全体の半分ほどです。

なるべく薄く広げて乾燥を促進させます。

IMG_1829

1日に数回レーキを使ってかき混ぜます。これにより乾燥が均等に進むことに

なります。


1日干して乾燥はそこそこ進みましたが、まだまだ完全ではありません。

残りの半分を含めてよく晴れた日にあと3日は天日干しの必要があります。


八ヶ岳西麓にある、はた・ハタ farm-garden の庭づくりでの

重要なアイテムとしてウッドチップがあげられますが、

前回報告のあと、茅野市のセンターに確認したところ、

ウッドチップの在庫はまだあるとのことで間を見ながら

ウッドチップ運びを行いました。

IMG_1816

これは6車目を降ろす前の写真ですが、現在では7車目までの運搬が完了

しています。山の高さは1.5mを超えるほどです。

9月中に10車を目標に頑張ります。(在庫があればですが、)

これだけあれば今秋から来春前後までの必要量としては十分ではないで

しょうか。


八ヶ岳西麓にある、はた・ハタ farm-garden の畑で栽培中の

パンダ豆ですが、そのサヤを使った簡単な料理を紹介します。

IMG_1786

パンダ豆のうち、サヤの中の豆が小さいものを20~30本とってきます。

IMG_1787

ざるに入っているものが調理用ですが、ざるの外の1本は豆が膨れすぎていて

調理には向きません。


以下にレシピを記します。


①両サイドのスジを取って斜めに5mm幅で細かく切ります。

②これを2分ほどゆでます。

③水を切っておきます。

④ボールにニンニク・ショーガ1片ずつをおろして入れます。
  醤油大さじ2、ゴマ油大さじ1それに砂糖小さじ1を入れて混ぜ合わせます。

⑤④のボールに③を入れて混ぜ合わせます。

IMG_1797

こんな感じ。

⑥最後に器にもり、スリごまをかけて出来上がり。

IMG_1798

簡単でおいしいですよ。


八ヶ岳西麓にある、はた・ハタ farm-garden の庭の片隅で

昨年も紹介した、なまえのわからない花が今年も咲いています。

IMG_1818
IMG_1820



淡いブルーの直径が2~3cm程度の可憐な花です。

東側斜面のちょっと日当たりの悪いところでひっそりと咲いています。



八ヶ岳西麓にある、はた・ハタ farm-garden の庭で咲いている

白いムクゲが満開をむかえています。

IMG_1815

ムクゲはおおがらな花ですが、白いものは清楚な感じで他の色の花とは

おもむきが異なるように思いますが、いかがでしょうか。


先日の台風9号の影響は八ヶ岳西麓にある、はた・ハタ farm-garden

でも各所に受けていました。

その状況を報告します。


まずは庭にあるニセアカシア(ロビニア)ですが、

IMG_1825

左側に傾いています。


続いてパンダ豆です。

IMG_1823

これも同じように左に傾いています。

これらは台風9号が東海上を北上するときの吹き返しの風が写真の右側

(北よりの風)から吹いた影響のようです。

この時期にはあまり吹かない北よりの風に対応ができなかったということ

でしょうか?

いずれにせよ応急処置をしてこれ以上の悪化を防ぐ必要がありますね。


八ヶ岳西麓にある、はた・ハタ farm-garden の畑で栽培中の

豆たちの近況を報告します。


IMG_1782

落花生とクラカケ豆は一段と繁ってきています。


まずはクラカケ豆ですが、

IMG_1795

一部の花は実に変わりつつあります。


続いて落花生です。


IMG_1790

茎から地面に向かって2本のツル(子房柄)が突き刺さっているのがわかりますか?

このようにして着実に地中にて実がついてゆきます。


次は黒花豆です。

IMG_1794

花がどんどん実に変わってゆきます。大きいもの、小さいものでいっぱいです。


最後はパンダ豆です。

IMG_1786

パンダ豆のサヤがいっぱいです。サヤの中の実も膨れてきています。

ここまで膨れるとサヤごと食べるには硬くてあまり向きません。


今日の夕方、落日後の西空をふと見ると、

変わった形の雲がかかっています。

IMG_1810

ちょうど穂高連峰の上空あたりでしょうか。キノコのような形にみえます。

拡大してみると、

IMG_1802

何かすごい感じですね。


ちょっと調べてみると、夏場に多く発生する積乱雲の一種で

”かなとこ雲”のようです。


日没後のこんな雲はちょっと怖い感じがしますね。


数日に一度は西麓から別園に移動して田んぼの水を見ています。

今日もまたやってきて田んぼの水を調整しました。

稲の状況はというと、

IMG_1773

稲穂が重くなり、こうべを垂れ始めています。

もう少ししたら落水して稲刈りの準備が始まります。


またまた農繁期がやってきます。 うれし~い!


夏の八ヶ岳西麓から見る山々はほとんど雲が山肌にまとわりついて

なかなかその容姿をとらえることは難しいものですが、

IMG_1784

晴れていてもこんな感じで山は雲だらけです。



ところが今朝は雲が取れて北アルプスが望めました。

IMG_1781

槍ヶ岳付近には雲がかかっていますが、穂高周辺はよく見えています。

IMG_1774

右から北穂高岳、涸沢岳、奥穂高岳の稜線がきれいに浮かびあがっています。

山肌も美しく眺められます。

雪に覆われた冬山も威厳があっていいものですが、雪のない夏山もまたいい

ものですね。

↑このページのトップヘ