はた・ハタ farm-garden 

茅野市の八ヶ岳西麓で家庭農園とガーデニングを楽しむ夫婦です。 月並みですが、田舎暮らしはもとより、自給自足率の向上も楽しんでいます。 (実は他の場所でも家庭農園で遊んでいます。) また、50年来の趣味である「星空散歩」もここに移り住んでからは農作業や 庭仕事の合間にゆったり楽しんでいます。 ・・・そんな日々の暮らしをお伝えできればと思っています。

2017年01月


今年も寒さが続いて、別園の大根の葉の霜枯れが進んでいます。

そうなると大根を収穫して西麓に移動し、切干大根を作る時期と

いうことになります。

早速、収穫した大根を洗ってふと目の千切りにします。

IMG_2276

ザルに広げて濡れ縁に干しました。

昨年は干す時間が不足したのか、カビの発生したものがあったので

今年はより時間をかけて干そうと思います。

まだ、別園の畑には収穫可能な大根がありますので、切干大根はさらに

増えていくことになります。


さむ~いさなか、孫たちが西麓にあそびにきました。

何か一緒に作れるものはと考えて出たのは薪ストーブでパンを

焼くこと。

孫たちの好きなパンダ豆の甘煮を使って豆パンを作ってみることにしました。

IMG_2256

それぞれが自分の食べる分を広げて豆をのせ、丸めます。

IMG_2257

全部で6つの豆パンを丸めて寝かせます。

IMG_2258

薪ストーブで焼きあげます。

IMG_2259

ふんわりと焼き上がりました。

暖かいうちに孫たちと一緒にいただきました。

パン生地の風味とパンダ豆の甘みが何とも言えないハーモニーを醸し出して

ほんとうにおいしくいただきました。孫たちもアッという間においしそうに

食べてしまいました。

こんなにおいしいのであれば時々作って楽しみたいですね。




寒い日が続くここ八ヶ岳西麓のはた・ハタ farm-garden ですが、

降り積もった雪もあまり融けずに残った状態が続いてます。

庭では雪の風紋が出来ていました。

IMG_2272

西麓は気温が低くて降る雪も水分が少なく、サラサラしていて風が吹くと

地吹雪となって飛びまわり、それが風紋となって現れます。

近くの田んぼでは、

IMG_2274

ちょっと違った形の風紋ができていました。


朝起床して気温をみると、昨日に次いでの氷点下14.3℃。

たまにテレビで見る濡れタオルを外に出てまわしてみました。

IMG_2266

結果はご覧の通り、1分もしないうちにバリバリになってしまいました。

やっぱ、寒い!!

朝6時50分、気温は氷点下13.5℃でした。

IMG_2267

西には穂高連峰が朝日を浴びて輝いています。


このところ、氷点下10℃を下回る日が続いている、八ヶ岳西麓ですが、

今朝目が覚めてちょっと寒さを感じましたが、それもそのはず、今朝の

最低気温は氷点下14.7℃、今季の最低気温でした。

そんな寒い朝、起きてまず行うには、

IMG_2264

そう、薪ストーブに火を入れること。

少しすると、真っ赤に燃えあがって身も心もほっこり。

西麓での生活に薪ストーブは欠かせませんね。


チョット、間が空いてブログの更新が遅れてしまいました。

本日の話題は以前から紹介しています、ヤーコンの調理についてです。

ヤーコンは御存じの通り、根菜の王様ですが、オールマイテイではある

ものの、インパクトの少なさもあって多彩なメニューに登場する機会は

多くありません。

そんな中で今回紹介するのは正に”ヤーコン”そのもの。

その特徴を如実に表現しています。

それは”なます”です。

IMG_2253

ヤーコンとその1/3の人参の千切りを塩もみして水分をしぼって

酢と砂糖で合わせました。

味はというと、ヤーコンの特徴であるシャキシャキ感がさらに際立ち、

その甘さも相まってまろやかなものに仕上がりました。

想像以上においしく、根菜の味覚順位を変更せざるを得ない状況です。

是非、一度お試しを!!


先日のピザの残りからのパンにヒントを得て、おやきパンを

作ってみました。

以下にレシピを掲げます。


まず小麦粉ですが、南部小麦とゆめちからを75gずつ合わせます。

次いで砂糖大さじ1、塩少々、ドライイーストおおよそ2gくらいを入れて

ぬるま湯100ccで練り込みます。

IMG_2235

ラップをかけて1時間ほど寝かせます。

1時間経過後、これを5等分します。

IMG_2238

それに具を詰めて丸めてゆきます。

IMG_2240

詰め終わってから30分ほど寝かせます。

その後、薪ストーブで加熱します。

IMG_2241

この程度の火力で10分ほど焼きました。

IMG_2242

焼き上がりました。

IMG_2243

外側がカッリカリ、内側はふわふわのパンが焼けました。

餡子は大根の葉の炒め物です。

あつあつをいただましたが、餡子と皮のうまみが合わさってほんとうに

おいしくいただけました。

風味はおやきに近く、皮はパンということで、

おやきパンと名付けました。


お正月気分もそろそろ抜けようとしている今日この頃ですが、

昨日の夕食はまたまたピザでした。でも、ピザ生地が余って

しまったのでどうしようかと考えた末に思いついたのがパン。

とりあえずは余った生地を広げて少し寝かせ、薪ストーブで

焦げ目がつかない程度に焼きました。でもお腹はいっぱい。

翌朝の食事にしようということに。

IMG_2232

昨日焼いたパン(ナンのようですね)にルバーブジャムをたっぷり付けて

いただきます。時間をおいても割合やわらかくておいしいパンです。

これならいろんな使い方が考えられますね。


昨日昼過ぎより降りだした雪は予想以上の降雪となったようです。

朝起きるとまだ雪摸様。

IMG_2244

雪が舞い、もやが立ち込めています。

外に出て見ると意外に深く、大量に積っていました。

積雪をみると、

IMG_2245

なんと20cmもありました。

朝ごはん食べてから雪かきしよ~と。


冬の星座の王様「オリオン座」。そのオリオン座の真南にあるのが

うさぎ座です。ちいさな星座ですが、「H」を横にしたような星の配列

がオリオン座の南隣りにあります。

その「H」のすぐ下にM79は存在しています。

DSC_0095a

小さくても割合明るいので見つけやすいです。

真冬にはめずらしい球状星団ですので一度は見ておきたいものです。

冬の球状星団がもうひとつあります。

それはうさぎ座のさらに南隣りのあるはと座にあります。

DSC_0101a

NGC1851です。南に低いのでなかなか見ることはできませんし、比較的

暗くもあります。

MK100赤道儀15cm反射900mm直焦点での撮影です。

↑このページのトップヘ