はた・ハタ farm-garden 

茅野市の八ヶ岳西麓で家庭農園とガーデニングを楽しむ夫婦です。 月並みですが、田舎暮らしはもとより、自給自足率の向上も楽しんでいます。 (実は他の場所でも家庭農園で遊んでいます。) また、50年来の趣味である「星空散歩」もここに移り住んでからは農作業や 庭仕事の合間にゆったり楽しんでいます。 ・・・そんな日々の暮らしをお伝えできればと思っています。

2017年03月


今日は別園に来ています。

別園でも西麓以上に鹿の害が以前からあります。

そのことに対応するのは農作業の一部となっておりますが、

食害がなければ農作業の楽しさは倍増するはずです。

でもご時世でしかたありません。

別園の周囲の環境はというと、

IMG_2447

周囲の農地の大部分はご多分に漏れず、耕作放棄地です。周囲300度

ほどは荒れ地に囲まれていて鹿などの野生動物が特に夜間はうろうろして

いるはずです。

畑の足跡を見ると鹿は別園に入るときは周囲のネットを飛び越え、出るときは

IMG_2446

出たいところのネットを噛みきって外にでているようです。

少し前から鹿の大好物である落花生や大豆、それに小麦などは別園では

作らないようにしていますが、どうしても中に入りたいようで日々根気比べ

をしています。

周囲の農地では耕作していませんので我が別園は鹿からすると天国に見える

のでしょう。

こんな状態での根気比べを当分続ける必要があるんです。


今季の冬はいろいろな粉食に挑戦。楽しい日々が続いていますが、

その冬もあとわずか。目先を変えた粉食にトライしました。

今回はパスタです。

IMG_2442

これが練り上げて延ばして切った生パスタです。

なかなかうまくいったようです。

これを調理して最終的には、

IMG_2443

ナポリタンになりました。うまくできました。まるで昔ながらの喫茶店のナポリタン

のようです。おいし~い!

パスタもそこそこコシがあって食べ応えがあります。

そのコシの出し方も少しずつわかってきました。

次はうどんに挑戦ーかな?


昨日に続いて雲がなかったので41Pの撮影に挑みました。

DSC_0305a

1日でさらに明るくなったようです。

双眼鏡でははっきりその姿がとらえられました。

今後41P彗星はりゅう座に入り、方向を少しずつ西より変えて足早に進んで

ゆきます。


3月29日1時49分 MK100赤道儀15cm反射900mm直焦点にて撮影


タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星はその後も北上を続けて

3月28日にはおおぐま座の北、りゅう座の境界近くまで進んでいます。

DSC_0285a

さらに明るさを増して短い尾がわずかに見えています。

3月28日1時29分 MK100赤道儀15cm反射900mmにて撮影



数日前に積雪があったばかりの八ヶ岳西麓ですが、

昨日の朝からまた雪が降り、少し積もってきました。

今朝起きて外を見ると、

IMG_2441
IMG_2438

前回よりずっと多く積もっているようです。

IMG_2439

計測してみると15cmほど積っていました。そのほとんどは昨夜暗くなって

からのものでしょう。

それにしてもここに来て雪続き。春が遠のくような感覚さえしてきます。


別園での畑しごとの合間にまわりを見ると、春の恵みであるアブラナの新芽が

IMG_2431

このように伸びています。

大好きなアブラナを、

IMG_2437

収穫しました。初物のアブラナは量こそわずかですが、初春の恵みとして

おいしくいただこうと思っています。

一方、アブラナの横には、

IMG_2433

ブロッコリーがその役目を終えようとしています。

それでも脇芽がそこかしこに見えています。

IMG_2435

ブロッコリーも収穫。

葉物の少ないこの時期、貴重な緑です。


別園での次の畑しごとは本格的な力仕事です。

畑の整理と土づくりを兼ねて、キャベツ跡地と白菜跡地

での作業となります。

IMG_2428

まず、キャベツ跡地を1ウネ三本鍬でうない地(30cm程の深さの溝を掘る)します。

IMG_2429

その溝にキャベツの残稈や敷きわらを入れます。

IMG_2430

溝に土をかけて残りを管理機で耕耘して終了です。

この後、白菜の跡地についても同じ作業を繰り返します。

久しぶりの力仕事で疲れました。今夜は早く寝よう。


今日は別園に来ています。畑しごとはあまり進んでは

いません。

畑の一隅では未収穫の白菜から新芽がたくさん出て

います。

IMG_2402

やわらかいところだけを摘み取りました。

IMG_2401

おいしそうな菜花です。今季2回目です。

食べるのは明日の朝とします。



先日干した切干大根がほぼ乾燥完了したので

別園にて収穫した大根の残りを今季最後の切干大根

としてきざみました。

IMG_2400

最後にしてはちょっと少なめ、2カゴでした。

右の袋は前回の5カゴ分です。これで670g、大根十数本がこれだけに

なってしまいます。

最後の切り干し大根はどの程度に乾燥されるのでしょう?


先日お伝えしたタットルジャコビニクレサーク彗星(41P)は

おおぐま座をさらに北上しておおぐま座β星付近にあります。

さらには渦巻銀河M108やふくろう星雲M97に大接近しました。

DSC_0250a

上方左側の薄いグリーンが41Pです。そのすぐ右側の楕円形が渦巻銀河

M108です。下方の青い円形がふくろう星雲(惑星状星雲)M97です。

著名な天体がこんなにも接近することはあまりありませんので撮影できた

ことは非常に好運であったと思います。

41Pはその光度を増して尾も良く見えています。

今後も楽しみです。


3月23日1時4分 MK100赤道儀15cm反射900mm直焦点にて撮影。

↑このページのトップヘ