はた・ハタ farm-garden 

茅野市の八ヶ岳西麓で家庭農園とガーデニングを楽しむ夫婦です。 月並みですが、田舎暮らしはもとより、自給自足率の向上も楽しんでいます。 (実は他の場所でも家庭農園で遊んでいます。) また、50年来の趣味である「星空散歩」もここに移り住んでからは農作業や 庭仕事の合間にゆったり楽しんでいます。 ・・・そんな日々の暮らしをお伝えできればと思っています。

カテゴリ:ファーム > 田んぼ


10月長雨や台風でのびのびになっていた

西麓の稲の脱穀ですが、このところの晴天続き

で籾の乾燥状態がほどよくなりました。

IMG_2958

シートをはずして脱穀開始です。

IMG_2959

1時間前後で終了。

籾を運び、はさ掛けの材料を片付け、

わらをきざめば一段落。

概ね、田んぼの作業は終わりに近づき

ました。


八ヶ岳西麓の田んぼではまだ農作業が続いています。

IMG_2892

先に稲刈りし、天日干しした稲を脱穀。すぐに右側を

稲刈しました。

IMG_2894

稲刈した稲をはさ掛けしてシートをかけました。

さらに脱穀後の稲わらをカット。

まだ、後口の脱穀が残っていますが、ここまで

なんとか終わりました。(稲わらカットは雨の合間に)


IMG_2857

西麓の田んぼも大分いい色になってきました。

IMG_2854

でも右側の水口はまだ青いので、

IMG_2863

その境を手刈りしてバインダーの通り道を確保します。

IMG_2864

バインダーで一気に刈りました。

IMG_2867

はさ掛けして、シートをかけて2/3の稲刈りが完了しました。

残りはまた後日。


昨日稲を脱穀しましたが、後片付けがまったくできていません。

朝からそれらの作業に入りました。

IMG_2848

まずは、はさ掛け用の”ウシ”の材料をしまいます。

IMG_2849

続いて稲わらをカッターで裁断します。

IMG_2850

最後はトラクターで稲わらを土の中にすき込みます。

こうすることで大雨が降っても稲わらの流出が抑えられます。

もちろん、来期以降のための土づくりが主目的です。


別園で天日干し中の稲の脱穀を行いました。

IMG_2847

台風の被害後は晴天が続いたのでよく乾いています。

一気に脱穀してしまいました。

朝のうちは露で濡れているので露の蒸発を待って遅めに開始しました。

終わったのは夕刻でした。

明日は片付けをしなければ!


別園での稲刈りですが、好天に恵まれ順調に進みました。

何日かかけてやっと終了しました。

IMG_2818

このあと雨避けのシートをかけます。

実質終わるのは夕闇せまるころでしょう。

お疲れでした。


今日は別園で稲刈りを始めます。

IMG_2817

田んぼ1枚ごとに四隅を手刈りしてバインダーの入る場所を確保します。

今日から何日かかけて別園の稲刈りを完了させます。

(汗だく!)


別園の田んぼでは稲が大分色付いてきました。

IMG_2786

そこで田んぼへの水の流入を停止しました。落水です。

やはり、9月10日前後には稲刈りになるものと思われます。


別園の田んぼでは稲が登熟期に入って、こうべを垂れ始めて

います。

IMG_2775

もう少し色が付いたら落水して、9月10日前後が稲刈りとなりそうです。

もうすぐおいしい新米が食べられます。



ここ別園の田んぼでは、

IMG_2721

稲穂が出始めています!  出穂(しゅっすい)です。

出穂から45日程度で収穫時期とされています。

やはり、9月中旬あたりが妥当なところかと思います。

↑このページのトップヘ