苺、9月9日の様子

3月にホームセンターで苗を買って6月8日に畑に植えた宝幸早生。
6月中旬までに出たランナーは老朽苗になってしまうそうなので切り取っていました。
RIMG5734 (800x450)

植えっ放しの親株から増えたビーナスハート と スイカの蔓
RIMG5735 (450x800)

6月に買ったような気がする女峰の親株は枯れています(赤矢印)
RIMG5740 (800x450)

里芋の株元で増えたのは去年6月に頂いた苗、品種不明
RIMG5732 (800x450)

↑の品種不明の苗を親株として6月12日に移植したのが増えたもの。( ↓ )
親株を移植しない方がランナーの発生は多いようです。 が
移植した親株から発生した子苗は間が空いて本植えのための仮植はせずに
油粕などを株まわりに施しておけば良いだけなので 省力だし、植え傷みの心配がなくてよさそうです。
RIMG5733 (800x450)

今日は 品種不明の苺を全て
ドブ浸けにしてから
RIMG5736 (800x450)

15cm間隔で植えました
去年、今年と同じ場所です。 
どうなるか不明なので全部の苗を植えました。  
RIMG5738 (800x450)


移植したイチゴが上手くできたためしがない、畑の猫です。。。。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...