1月10日に湿潤低温処理をして → 

2月2日に暖かい陽の当たる部屋に移動したミニトマト

この2つは実験を兼ねて ひと月ほど早めの育苗スタートです。
RIMG6909 (800x450)

7日目に発芽が始まりました。


例年、私の方法(無加温)だとトマトは播種後9日くらいから発芽が始まるのに比べて
今年は例年より寒さが厳しいですが2日ほど早く発芽しました
 
   夏野菜の育苗の過去記事はコチラ → 

RIMG6910 (450x800)
低機密、低断熱の昔ながらの家ですが
2階は 暖房をつけなくても
日中20℃位にはなっています。

夜はキッチン(就寝時には暖房なし)のカウンターの上に置いておきました。

















左奥の衣装ケースが痛々しいです。ww
RIMG6911 (800x450)

ベビーリーフ類は最近、成長が早くて助かります。

スーパーでは1袋200円位で売られていますから・・
RIMG6912 (450x800)

もう一つ、ケースが有ります。



左がプレミアムルビー、右がラウンドレッド


RIMG6914 (800x450)

培土は赤玉土で種が浮かないように砂を使いました。
湿潤低温した1月10日以来、水やりはしていません。


プレミアムルビー
RIMG6915 (800x450)

ラウンドレッド
RIMG6916 (800x450)


そして

産直で購入したミディトマト6個入り(品種不明)が
RIMG6895 (800x450)


まるでフルーツのような美味しさ
RIMG6896 (800x450)

だったので
RIMG6897 (800x450)

種を幾つか採りまして
低温湿潤処理をはじめました。


*過去記事で低温処理と表現しましたがGUU様のブログで湿潤低温処理というのが正しいようなので
そちらの表現を見習いました。



ご覧いただきありがとうございます。

応援クリックお願いいたします。=^_^=

     


にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
にほんブログ村





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...