西日本のみなさまごめんなさい。
今回の大雨も私たちの暮らしがもたらしたものではないのか?と感じています。
だからきっと、関東に暮らし、今回の大雨の被害を受けなかった私たちは
心苦しさを感じているのです。

畑から発生する温暖化ガス
温室効果、窒素肥料も原因…南極の雪氷内大気を解析 

 一酸化二窒素(N2O)という温室効果ガスの大気中濃度が1950年代から急増しており、その主な発生源は窒素肥料が散布された農耕地であることが、南極などの雪氷内に閉じこめられた過去の大気の解析で明らかになった。 

 海洋研究開発機構・地球環境フロンティア研究センターなどによる分析結果で、人口増に伴う農耕地の拡大のほか、化学合成された窒素肥料の普及と過剰散布も背景にあると考えられるという。 

 N2Oの温室効果は、二酸化炭素の約300倍。大気中ですべて分解されるには120年かかり、京都議定書でも削減対象になっている。 

 同研究センターの石島健太郎研究員らは、南極観測隊がドームふじ基地などで採取した雪氷内の大気を、グリーンランドの雪氷内の大気などと併せて解析した。その結果、N2O濃度は1952年に290ppb(ppbは10億分の1)だったが、2001年には316ppbまで上昇していた。 

 さらに、N2Oの発生源を突き止めるため、通常の窒素(N)や酸素(O)に比べて、ごくわずかに質量が違う窒素15と酸素18という同位体の割合も分析した。N2Oは海や熱帯雨林などからも発生するが、窒素肥料をまいた農耕地から発生するN2Oには二つの同位体が少ししか含まれないためで、雪氷内のN2Oは年代が新しくなるほど、双方の同位体量が少なくなることが分かった。 

 研究に参加した東北大学の中沢高清教授は「窒素肥料をむやみにまかないなど、世界全体で削減する必要がある」と話している。 
           2006年11月6日3時4分 読売新

7月8日の収穫。 (化成肥料不使用) 
この収穫物は 果たしてどのくらい温暖化に加担しているのでしょうか。
それとも?
RIMG8800 (800x450)
トウモロコシは5月中旬に播種したゴールドラッシュです。
キュウリ「バテシラズ」はまだ本気モードではありません。

種採り用の「バテシラズ3号」7月8日の様子です(4月4日播種4月30日定植)
RIMG8806 (800x450)

      とりあえず1本、種採り用に巨大化させています。
      が、交雑しているかもしれません。
      「バテシラズ2号」との交雑なら良いのですが・・・・
RIMG8808 (450x800)

後日、もう一本は開花前に袋掛けして人工授粉しておきましょう。

宅地畑で自家採種した「バテシラズ2号」は他の品種が近くにありませんでしたので
純粋に確実に「バテシラズ2号」だといえます。
RIMG8809 (800x450)

   7月8日 第2弾は四葉を播種しました

RIMG8803 (800x450)

畑の土と砂を使ってポットに撒きました(1個だけ)

RIMG8804 (800x450)

ご覧いただきありがとうございます。
応援クリックお願いいたします。=^_^=

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...