電話とデスクとパソコンと。

引越業者の受付担当・畠山が日ごろ思ったことをブログに吐露します。

いやー。

ご無沙汰しております。
ここ最近やっと落ち着いてきた畠山ですこんにちは。

繁忙期、終わっちゃいましたねー。
強気で価格提示ができる時期はまた1年後…。

これからはまたユーザーさんの財布のひもの緩み具合を気にしつつ、空いた隙間に滑り込む営業をしなければならない日が続きます。
激安、というかヤケのやんぱち価格でしばらく頑張ります!



ちなみに4月は売り切れました。
ゴールデンウィーク後半はまだ空きがございます。



昨日お休みだったのですが、見ていたテレビの一場面を真似して奥様に、



畠山「゚∀゚)赤で身に着けるとしたら、俺何が似合うと思う?」



なんて事を聞いてみました。



奥様「゚∀゚)んー…」



畠山「゚∀゚)ドキドキ」





















奥様「゚∀゚)車」



















畠山「´Д`)あの、身に着けるものじゃないんですけど…」



奥様「゚∀゚)じゃベルト」



畠山「´Д`)あの、見えない…」



奥様「゚∀゚)お前は赤は似合わん。似合いたかったら痩せれ」



ごもっとも(´Д`)

でもパンツと靴下は赤持ってますよ!
あと仕事で使ってるPCのマウス!









…しばらく黒とグレーを身にまとって頑張りたいと思います。



それでは今日はこの辺で(´ω`)ノ

3月 締め切り間近です。

3月の空き枠が残りわずかです!
詳しくはお電話でお問い合わせくださいませ!

ご無沙汰しております。

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。



新年第一発目の更新(と言ってもすでにバレンタインですが)は、標準引越運送約款についてです。

約款とはなんぞや?
答えはこちら

説明はジャンプ先にてお願いするとして、やや補足を。



キャンセルした時に、引越日の前日から手数料発生するから2日前までに連絡をすれば負担は発生しない様に記載されていますが、もちろん負担が発生する場合もございます。
ではその負担はどの様な項目か?

約款の21条-3項の、

「すでに実施し、または着手した附帯サービス要した費用(見積書に明記したものに限る)を収受します」

という記載が該当します。
これを当社のサービスに置き換えますと「事前の資材配達」が当たります。
もちろん、当社の全見積、契約書にこの「資材配達に関する料金項目」は、附帯サービスという名目の欄の中に記載がございます。

着手した、とありますので、キャンセルの場合ダンボールの発送手配がされた後はこのダンボール配達費用のお支払いが生じることになります。



先日、私のお客様(正確にはお客様だった)より、キャンセルのご連絡をいただきました。
その連絡をいただいた当日が契約時に約束をしていたダンボール到着日だったので、前日のうちに発送手配は着手しておりました。
なので約款に基づき、附帯サービスに対する料金をご案内したところ、支払うつもりは無いとの回答でした。
その後、本人の代理と名乗る男性から脅し半分に「消費者センターに話す」という事まで言われ、もともと非常識なお客様だったのかな、と思われる節がございました。

約款に関しては、当社は見積段階でどのルートからお問合せをいただいても、確認できる様手配をしていたのですが、たまたまこのお客様はご覧をいただいていなかったという事でした。

この方はご紹介という事もあり、今後紹介元とお付き合いを継続していくので、ダンボールを返送していただくことで今回は対応をさせていただきました。
(結構な枚数でしたので、当社の負担としては甚大です…)

今回の件、一般のお客様でしたら請求書などの発行もしてお支払いを求めますが、逆に考えれば約款の事前確認がすべてのお客様に100%徹底出来切れていないという事を知ることができたいい機会と捉える様にしました。

紹介元にも再度徹底をお願いし、再発を防ぐ様手配をし直しました。



ここ最近、なんでもスマートフォンさえあればできてしまう世の中になっています。
こういう決まり事、約束事に対する意識の希薄さがユーザーに顕著に見られます。
便利なのは非常にいい事なのですが、根本的な約束事(約款は法的な部分に絡む部分もあります)は確認されてからサービスを利用される様、ユーザーにはお願いしたいものです。


それでは今日はこの辺で。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ