2009年02月02日

新春タクトセミナーでパネルディスカッションコーディネーター・総合司会を!

1月27日の新春タクトセミナーでは、総合司会と第三部のパネルディスカッションコーディネーターをつとめさせていただきましたディスカション

約500人もの来場者の中、たくさん知り合いのFPや不動産関係者もお越しいただいていたようで、お声をかけていただき、照れくさかったです

今回は、テーマが「右脳と左脳を刺激する」で、第一部では平成21年度税制改正のポイントについて、第二部では、資産下落時代の今だからこその資産対策についてのちょっと左脳的なお話がありました

トーク左脳的なお話から右脳的なお話へ・・ということで、第三部では、私がパネルディスカッションのコーディネーター役をつとめさせていただいた、寸劇ライブ「生かして生きる資産活用」では、税理士の本郷尚先生、弁護士の関根稔先生、不動産ジャーナリストの太田三津子さんとの軽快なディスカッションで、みなさんの右脳を刺激しました

寸劇笑いありの寸劇形式で、わかりやすく、専門家がどのようにクライアントの気持ちを理解し、本能を刺激して、的確なアドバイスをすべきかということを伝えられたのではないでしょうか?

全員

 

寸劇を演じてくださったみなさんと、パネルディスカッションのパネラーのみなさんと

 

皆さんと力を合わせ、無事にセミナーが終了し、スタッフ全員に感謝しています

司会タクト

 

 

 



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/hatarina/50212852