乾燥が続いているせいか、気がつけば種の入ったカブが畑でカラカラになっていました。
早速、干す作業を省いてすぐに種を採り出しました。
一昨日はみやまこかぶ、昨日は木曽紫カブ。


2013-06-07 11-21-51_0001
これがカブの最終形です。



2013-06-07 11-29-02_0005
足で踏んでふるいにかけると種が出てきます。



2013-06-07 11-42-57_0009
昔からある道具「とうみ」で細かい塵を取り除けば、



2013-06-07 11-50-39_0011

種採りの完成です。
9月に入ったらまた畑に蒔いて、11月から2月まで収穫をします。