組み立ては完了でサーボ調整をした、サーボは以前にエンジン機で使っていたフタバの標準S3003を使った。
主翼のサーボ片側不安定、動きは良いが制動が悪く、エレベーターをS9254として、このサーボを主翼に
S3003は37g、S9254は49g 仕様ではミニサーボであり、EVを2ケで合計5ケで概ね100gに収まるが
本機は37g×3+49g=160gとなり、仕様より若干重たくなる、Yさんの機体は前重との事であるが、この改善を若干出来たのでは?、
ピコピコの取付を忘れていたが、下部開口を増やし取付 サーボの変更を含め若干重量が増えた


飛行重量        機体 2,600g + Lipo 750g=3,350g
地上推力推定 Moter KV410 ペラ16×8 Lipo6s で 4,000g (カルマート60でのテスト) 

KV値が少し小さいかな---Lipo残が少ないと推力不足の可能性---ペラを大きくは難---


Lipo 6S 5200mAh 2ケ発注
A294_I1[1]