1: hatehate 2017/06/18(日) 23:06:27.85 ID:CAP_USER
 作家の百田尚樹氏が登壇予定だった一橋大の講演会中止騒動が波紋を広げている。一部の圧力団体が百田氏に「差別扇動者」とレッテルを貼り、講演を中止に追い込んだ。

 これは明らかな「言論弾圧」といえるが、いつもなら「自由を守れ」と声を上げるリベラルメディアはなぜ沈黙を続けるのか。(iRONNA)



 今回の騒動に対して「護憲リベラル派」は関心を示さない。百田氏が自らツイッターで情報発信するなどしたため、問題が露見したが、そうでなければ、埋もれていたであろう。

 この件は「表現の自由」に深く関わる。憲法上、優越的地位を占める重要な精神的自由権が侵害されたといえるが、護憲リベラル派は沈黙を続ける。

 朝日新聞は6月9日付朝刊の目立たない第3社会面でエクスキューズのように報じただけだ。同社が綱領に掲げる「進歩的精神」はいまだ発揮されていない。

 またなぜ、一橋大は問題視しないのか。法学部やロースクールで憲法を講義する教授らが、なぜ「自由を守れ」と声を上げないのか。不思議である。

 それどころか、大学の一部教員からも中止を求める声が出ていたという。正気の沙汰とは思えない。百田氏の講演を中止に追い込んだ団体はネット上でこう呼びかけた。

 「百田氏は、悪質なヘイトスピーチ(差別煽動(せんどう))を繰り返してきました。下記はその一例です。『もし北朝鮮のミサイルで私の家族が死に、私が生き残れば、私はテロ組織を作って、日本国内の敵を潰していく』。これらヘイトスピーチは、日本も1995年に批准した人種差別撤廃条約が法規制の対象としている極右活動・差別の煽動行為に当たる違法行為です」(一部抜粋)

 もし本当に、百田氏の言論が「違法行為」に当たるなら、講談社や新潮社、文芸春秋など大手や老舗の出版社は軒並み捜索対象となるが、そうした話は聞かない。

明白な「違法行為」

 百田氏のツイートによると、「講演を企画した学生たちは、サヨクの連中から凄まじい脅迫と圧力を受け続けていたらしい。ノイローゼになった学生や、泣き出す女子学生までいたらしい」。

 ならば、それら自体が明白な「違法行為」であり、刑法上の犯罪に当たる。それも、「深刻な差別・暴力が誘発されることを憂慮」する団体の扇動によるもので、警視庁は本件を正式に捜査すべきと考える。

 本件は憲法上も「表現の自由」に加え、「学問の自由」そして「思想・良心の自由」に深く関わる。ともに「内心の自由」と呼ばれ、「表現の自由などの外面的な精神活動の自由の基礎をなす」(芦部信喜『憲法』岩波書店)。

 とくに「思想・良心の自由は、内面的精神活動の自由のなかでも、最も根本的なものである」。そう、護憲リベラル派が大好きな教科書にも明記されている。

 その「最も根本的な」人権が侵害されたにもかかわらず、護憲リベラル派は「自由を守れ」と声を上げない。彼らに、自由や人権、立憲主義を語る資格があるだろうか。少なくとも「内心の自由」を掲げて「共謀罪反対」を唱えるのは、もう止めてほしい。

大学が「お墨付き」

 今回、百田氏を含む「保守」陣営の言論に「ヘイト」のレッテルが貼られ、「差別扇動」されたあげく、「違法行為」の誹謗(ひぼう)中傷も受けた。脅迫行為を含む「深刻な差別・暴力が誘発」された。そうした差別・テロ扇動に大学がお墨付きを与えることになってしまった。

 護憲リベラル派は口先で「リベラル」と言いながら、よって立つべき「自由」を理解していない。問答無用で「保守」を断罪しつつ、守るべき「自由」を踏みにじっている。自身が憎むべき全体主義に加担していることに気づきもしない。

 最後に、あえて彼らが大好きな思想家ハンナ・アーレントが残した教訓を借りよう。

 「全体主義と闘うためには、ただ一つのことを理解する必要がある。全体主義は、自由の最も根源的な否定であるということである。自由の否定は、すべての暴政に共通する。自由が脅かされるときに闘いに参集することができない者ならば、そもそもどのような闘いにも集うことはないだろう」(一部抜粋『アーレント政治思想集成』みすず書房)

http://www.sankei.com/premium/news/170618/prm1706180005-n1.html

引用元: ・【潮匡人】一橋大講演中止問題 百田尚樹氏の「表現の自由」は奪われた リベラルメディアはなぜ沈黙を続けるのか[6/18] [無断転載禁止]©2ch.net



20: hatehate 2017/06/18(日) 23:30:39.78 ID:GKrtKXi0

>>1
>これは明らかな「言論弾圧」といえるが、いつもなら「自由を守れ」と声を上げるリベラルメディアはなぜ沈黙を続けるのか。

これが初めてって訳じゃないしな
パヨクは常習犯だし

30: hatehate 2017/06/18(日) 23:41:57.42 ID:56/gBxmh
>>1
>朝日新聞は6月9日付朝刊の目立たない第3社会面でエクスキューズのように報じた
>だけだ。同社が綱領に掲げる「進歩的精神」はいまだ発揮されていない。

朝日新聞は、3年前に気に入らない意見や、不都合な批判を排した新聞。
言論機関としての誇りや良心を捨てた新聞。
こんな新聞や「言論弾圧」を行うパヨクの主張が、国民から共感を得られる訳がない。


(天声人語)痛恨事からの出直し_2014年9月13日05時00分

▼言論の自由の保障が、日本国憲法にもある。人間の歴史がこの自由を獲得するまでに、
どれほどの血が流れ、苦闘があったことか。その理念を尊び、死守すべき言論機関とし
て、慰安婦問題をめぐる池上彰さんのコラム掲載を見合わせたのは最悪だった
▼気に入らない意見や、不都合な批判を排した新聞は、もう新聞ではない。「あなたの
意見には賛成しないが、あなたがそれを言う権利は命をかけて守る」。古来の至言が、
信頼もろとも紙面上に砕け散った思いがした
▼砕け散ったもののかけらを、時間はかかっても拾い集める。そして信頼を一から作り
なおしていく。深く自省する中で、朝日新聞が言論の一翼を担っていく気構えには揺ら
ぎがないことも、あわせてお伝えをしたい。

50: hatehate 2017/06/19(月) 00:02:09.83 ID:qri3Ozov
>>1
ヘイトと表現の自由は別ってことだ。
ここも将来的に規制されると思うがね。

64: hatehate 2017/06/19(月) 00:35:08.88 ID:WVMRBzeN
>>50
ヘイトって誰が決めるの?
朝鮮人に都合が悪いことを勝手にヘイトだと言ってるだけじゃん

76: hatehate 2017/06/19(月) 01:06:58.60 ID:LjwGMa+a
>>1
表現の自由とか、日弁連とかペンクラブとか批判せーへんの

だっさっ
 
人気ブログランキング