家のパソコン用椅子を買いました。
オカムラのゼファー(Zephyr)というやつの中古。ヤフオクで15500円でしたが、2013年製造でほとんど新品にしか見えませんでした。アームも可動式だし。
いいのが安く買えた気がします。

っていうかこれ定価10万越え?小さいし1,2万くらいにしか見えないですけど。でもかなり気に入ってます。今までの椅子とは比較にならないです。ただ、背中はメッシュにすればよかった。座面はちょうどよいのですが、背中が固いです。会社会議室のメッシュ椅子(実はオカムラ バロンだった)の座り心地があまりに悪いので、クッションにこだわってしまいました。ちょうど同時に同じくらいの値段で座面クッション背面メッシュのゼファーもオクに出ており、最初はそっちに入札してたんですが、背面クッションが目に入り途中で変えてしまいました。ちょっと悔やまれます。


パソコン用椅子は今までニトリとかで適当に買っていたのですが、自分は極端にリクライニングして浅く座るので座面が足らず、椅子で眠ってしまったときとかすごく腰が痛くなってました。それといつも尾てい骨が座面前方に当たるのでそこだけすぐにヘタって薄く固くなってしまってました。

何故オカムラを買おうと思ったかと言うと、得意先の椅子がなかなか気持ち良くて、リクライニングするとそれに合わせて座面も前に出て角度も微妙に持ちあがって、おお〜と思い、背面を見ると、 OKAMURA BARON と書いてあったからです。で、調べるとこれが10万以上するらしい。それから行く先々でオフィスの椅子を注意して見たところ、自分が毎日座ってる事務所の椅子がオカムラのフィーゴ(ローバック)、会議室の椅子がバロン(ローバック)でした。自分の椅子がリクライニングすることも知りませんでした。っていうか自分そんな高い椅子に座ってたのかー。まあケチな自分の会社が10万も出して社員用の椅子を買うわけないですけどね。多分何千脚も一気に買うから半額以下で買ってるのだろうと推測。会議室の椅子は、座面がメッシュでなんか安っぽいしすわり心地悪いな、と思っていたのですが、得意先と同じバロンでした。違いは色と座面がクッションかメッシュか、ハイバックかローバックか。

で、バロンのクッション座面もフィーゴのクッション座面もやわらかくて気持ち良いので、クッションタイプで探すことに。オカムラだとコンテッサってヤツとバロンが人気だそうで、それにしようかと思いましたが、ちょうど見たヤフオクでゼファー(バロンと同じ機構らしい)の座面背面クッションタイプが安かったのでそのまま衝動買いしました。

届いたものがあまりに綺麗なのと、小さくて安っぽくやたらクッションが固いので、「これ本物?」という気分になり、近くにオカムラのショールームがあったので行ってきました。(買う前に行けよ)。スーツ着てたので、入口で法人か個人か聞かれて、できれば名刺欲しいと言われました。なんか個人と言いづらい雰囲気でしたが、個人と言って、名前や電話番号は出鱈目書きました。

サブリナというのを売りたいらしく、端から端までサブリナが並んでました。看板商品のバロン、コンテッサは専用コーナーがありましたが、ゼファーやフィーゴは隅っこに2脚ほど置いてるだけでした。ゼファーは本物だったようです。恰好良い椅子が並んでいるなかで、ゼファーの背中クッションタイプはかなり安物に見えました。
ショールームで色々座ったので、以下に試したものの感想を書きます。


【ゼファー】
見た目ただの事務椅子。クッションは他のモデルと違い、一切の装飾がない布。隅っこに安い椅子群が置いてましたが、それらと同じに見える。クッションが他のに比べて段違いに固い。お店でこれを見て買おうかと思う人はまずいないと思う。ただ、座るとなかなか良い。固くて分厚いので、多分座面もなかなかヘタらないでしょう。バロンと似ているが、バロンはリクライニングしてもどこまでも背中に背面が強く付いてきて、休ませないぞ、という感じ。これは解放感あり、倒したらどうぞ休んでくださいという感じ。バロンは最初からちょっと後傾しているが、これは背面が直角に立っている。これはもうちょっと後ろに倒せよと思った。リクライニング開始角度が設定できたらよいのですが。仕事するならバロンが良いと思う。家でくつろいでパソコン触るならゼファーのほうが良いと思う。どの椅子も、リクライニングの限界に倒すと、ガタンと軽い衝撃がありちょっとイラっとする。これは背面固いので余計そう感じる。その点でも背面はメッシュのほうが良いんでしょうね。後、買ってわかったのですが、こういうちゃんとした椅子は、どこまでリクライニングしてもちゃんと背中にフィットするのですね。今までの椅子だと背面の半分くらいの位置に頭があったので、ヘッドレストに触れることはありませんでした。なので、とことん倒すならヘッドレストは絶対あった方が良いですね。このモデルはヘッドレストはオプションも無いようです。


【フィーゴ】
自分の席のは残念ながらローバックです。リクライニング意味ないです。仕事しろということでしょう。家でくつろぐ椅子でローバックはあり得ないですね。ローバック買うくらいならニトリ買います。フィーゴはゼファーと真逆でクッションが薄くて柔らかいです。この感触を想定してゼファーが届いたので驚いたのでした。気持ちいいのはこちらですが、多分ヘタるのも早いんじゃないかな。自分の席のもお尻がヘタってきたので、他の席の椅子と交換しました。中古を買うなら要注意。リクライニングの感じはゼファーやバロンと同じです。ただ、何故かこいつは倒し切ったときの衝撃がすごく大きい。クッションが薄いからかな。その他色々バロン、ゼファーより落ちる気がする。


【コンテッサ】
他のに比べて大きい。見た目かなり他のより高級感がある。大きい分やっぱりゆったり座れます。それ以外、特に他との違いは感じなかった。家でゆっくり座ったらまた違う印象なのかもしれないですが。イマイチだったのは、5段階リクライニング(昔の仕様だからですかね)。私は無段階リクライニングは必須なので、これの選択肢はないなと思った。多分出た当時は画期的なモデルだったのでしょうが、時代に追い抜かれた感じじゃないでしょうか。(ブランドを築いてるっぽいので、その名前のまま無段階リクライニングとか今風にすれば良いのに、と思った)


【バロン】
もうどこのオフィスに行っても置いてますね。定価12,3万以上するらしいのに。多分法人価格はめちゃめちゃ安いんでしょう。何故かオフィスでは座面メッシュが多いです。機構が同じなので感想は上記ゼファーの通り。ただし、見た目はゼファーとはかなり違う。色を選べば(グレーとか黒とか)結構恰好良い。何故かどこのオフィスもダサいライムグリーンですけど。(法人向けにライムグリーンだけ安かったりするんですかね)。座面メッシュはかなりイマイチですが、背面のメッシュはまあまあ気持ち良い。すごくくつろぐのでなければ(椅子を倒してもそれなりに背中に圧迫感がある。仕事の手は緩めさせないぞ、という感じ)良い椅子だと思う。これも選ぶなら当然ハイバック以上、背面メッシュ、座面クッションですね。これの可動式ヘッドレストは非常に良いそうです。


【サブリナ】
見た目が恰好いい。現代的な感じ。基本的にはバロンやゼファーと変わらないけど、リクライニングしたときに背中が包み込まれる感じでした。後、他のどのモデルでも感じた、リクライニングを倒し切ったときの衝撃が少ない。機構的に背中のメッシュが衝撃を和らげてる感じです。今回座ってみたなかでは、ダントツでこれが良かったです。この機構でメッシュが緩んできたりしないのかな、とはちょっと思いましたが。新品で買うなら自分はこれですね。ただやっぱりヘッドレスト付きのは高いです。後、ヘッドレストは固定式オンリーらしいです。


デュークとアトラスも見たかったのですが、見当たりませんでした。マイナーなんで売れないんですかね。シルフィーというののコーナーもありましたが見た目安っぽかったので素通りしました。コーラルってヤツのコーナーもありましたが、20万近い値札が見えたので素通りしました。他に、なんかやたら前傾している椅子が並んでいるコーナーがあって、異様な光景でした。あれって何に使うんでしょう。座面が前に向かって下に落ちてるし、ちゃんと座れるのかなと思いましたが、まあ何か特殊な用途に良いのでしょう。

色々違いを書きましたが、前傾のヤツを除くと基本的にはどれも同じような感じです。多分どれもコンテッサを原型に派生していったんですかね。どれかを選んですごく後悔したとすると、多分その人はオカムラの椅子どれも合わないと思います。