2012年10月07日

AIJで被害を受けた長野の基金が別の運用でも損失

AIJ投資顧問の年金資産詐欺事件で被害を受けた長野県建設業厚生年金基金(長野市)が別の資産運用でも多額の損失を出した。

長野県建設業厚生年金基金の年金資産を管理していた外資系(フランス)のソシエテジェネラル信託銀行(東京都港区)が、十分な調査をしないままファンドに投資していたとして、金融庁は近く金融商品取引法(善管注意義務)違反の疑いで行政処分を出す方針を固めた。

また、同基金は別に、日本アジアグループの100%子会社の投資運用会社「ユナイテッド投信投資顧問」(同中央区)と「スタッツインベストメントマネジメント」(同千代田区)の2社とも投資一任契約を結び、ソシエテ信託が投資したファンドに、この2社も投資していた。

この損失を出したファンドは「アール・ビー インベストメント・アンド・コンサルティング(代表取締役社長 岩橋 重樹」(同中央区)で、長野県建設業厚生年金基金の投資した60億(一部報道では70億とも)言われている金額の大半が失われているという。

また、ファンド「アール・ビー インベストメント・アンド・コンサルティング」は、投資先の一部の企業について、上場される見込みがないのに、「将来上場される」などとする報告書を作成していたという。

AIJ被害基金 別の運用でも多額損失か
(NHKニュース:2012年10月6日 19時27分)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121006/k10015570161000.html

長野の基金、AIJ以外でも損失 未公開株に投資 運用3社、行政処分へ
(日経新聞:212年10月6日22時49分)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0601V_W2A001C1MM8000/

信託銀など行政処分も=AIJ被害基金の運用損失―金融庁・監視委
(ウォール・ストリート・ジャーナル:2012年 10月 6日 23時06分)
http://jp.wsj.com/Japan/Economy/node_525505

AIJ被害基金の資産紛失 外資信託銀を処分へ 金融庁
(朝日新聞:2012年10月7日10時0分)
http://www.asahi.com/business/update/1007/TKY201210060598.html

他にも損失を被った基金があるかもしれない。
今後の調査結果を待ちたい。

ただ、ファンドの運営会社には、行政処分ができないという、そこが問題かもしれない。


hatikoku_totoro at 11:00コメント(0)トラックバック(0) | 国内(社会)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
カテゴリ別アーカイブ