TOP > お布施 > お布施の書き方・表書き
お布施 メニュー

お布施の書き方・表書き

お布施の書き方・表書き


香典やお布施の表書きは、儀式を行なう宗教(仏式・
キリスト式等)によって異なりますし、また葬儀・法
要によっても異なります。


現在市販されている不祝儀袋には、あらかじめ表書き
が印刷されている場合がありますので、これを使用さ
れる方が多くなりました。


書く位置ですが、水引きラインからわずかに下がった
中央に氏名を書き、裏面の左端に金額と氏名・住所を
書きます。


中袋に書くときは、表中央に金額、裏面左端に住所・
氏名を書きます。


住所は、受け取られた方が記録をつけますので、必ず
記します。


連名の場合、表に氏名を書くのは3名までで、右側に目
上の人の名前を入れます。


人数がそれ以上の場合は「○○課一同」「○○会一同」
などと書き、全員の住所・氏名を別紙に書いて中包に入
れます。


合同慰霊祭など死者が複数の場合には、だれ宛ての香典
か分かりませんので、上段の右上に故人の名前を書いて
おきます。


表書きの種類ですが、葬儀の不祝儀袋の場合、仏式の葬
儀には「御香奠」「御香典」とします。


また神式の香典は「御玉串料」、キリスト教式の香典には
「御花料」とします。


また「御霊前」は各宗教に用いることができます。