鳩馴致のblog

レース鳩の飼育、雛の馴致等動画と画像を使って日記風に記してます。  GPSを装着して飛翔コースを調べてます。まさか と思えるようなコースを辿って 帰還してます。   C.C    stsuru@.mug.biglobe.ne.jp

  SKYLEADER GPS RING
商品取り寄せ、インストール、使用説明承ります。
下記C.C宛てご連絡下さい。
stsuru@mug.biglobe.ne.jp

昨日見たYAHOO天気予報は曇り、今朝4時には東の空に明けの明星。空は少しの雲で青空。訓練行こうと思いましたが、疲れからか起きにくく舎外に切り替えました。訓練するとすれば三田から山越え訓練を予定してました。5時30分では曇り、8時前も曇り、陽は出てません。太平洋上には高気圧が張り出してるのに、おかしな天気が続きます。台風の影響は未だ先のはず。
weathermap00
5時30分出しました、リフレッシュしたGPS RING2秒プロットで付けてます。未だ回収してませんが、どこか飛んでいってくれてるでしょうか?
5時30分に11羽出して8時に6羽入舎、10時頃4羽入り、RING装着鳥だけ入りません、種親ケージの側の屋根に止まってます。12時に鴉4~5羽に襲われ逃げだしたものの又種親ケージに戻ってきました。そのままそこに居て14時30分やっと入舎しました。
遠征に行かないで付近を旋回したりどこかに降りたりしてトータル4㎞程しか飛びませんでした。

お仕置きで山超え訓練待ってます。

訓練にて自鳩舎まで真っ直ぐ飛ばないで南に大迂回するようになった家の鳩、この帰還軌道修正のため再び万博記念公園から訓練しました。
5時30分に現地到着、太陽が出るのを待ちましたが東の空は少し赤らむも厚い雲に覆われおり姿見えません。
5時50分に放鳩しました。陽はありません、やや暗く街灯も点灯してます。放鳩直後西に飛んで行きました、しかし旋回しないで直ぐ南方向に飛んで行きました。又ダメかとがっかりしてました。

今朝は6時30分にやっと陽が指してきました。六甲山や山々にはもやがかかってます。車の中で「今日の訓練も帰還方向の軌道修正出来なかったか」と嘆いてました、そして両ケージ共入舎口を開けるのを忘れて閉めたまま出てしまった事に気づきました。大チョンボです、折角帰ってきた鳩さんに申し訳ないです。
7時過ぎ私は到着、鳩さんは屋根に止まってました、入舎口開けても入りません。なだめすかしてやっと一部入舎。RING回収し飛翔データー見ると、なんと南下しないで鳩舎方向に真っ直ぐ帰ってました。途中降りることもありませんでした。やれやれでした。
290821-1365banpaku
あと一つRING回収できたらそのデーター掲載します。
追記
もう1羽に付けた新しいソフトを使ったRING回収しました。
今朝の5時45分に時間設定しましたが、開始したのが8時過ぎて鳩が家についてからでした。GPS RINGがおかしいのか、天候不順なのか原因わかりません。東の空や山間部は雲やもやに覆われtますが上空はむしろ晴れてました。RINGの調子が悪いのでしょうね。これで3つ目です。

昨日の訓練では放鳩時点から帰還まで太陽はズット出ていました。鳩の飛び方は帰還方向の南西には飛ばないで南南西方向に飛びました。淀川に沿って南下し大阪湾に出てそこから大きく迂回し帰還してきました。
GPSも調子悪く、出発地点にて2~3度、大阪湾に至るまでは数度のプロットしかしてません。尼崎から西はほぼ順調に行きました。
GPSは新しいソフトでの35秒プロットタイプ。

290819-0831-nagaokakyou
GPSが通過点を描写するのは3つの衛星を捕捉しここから送られてきた電波を3点定位で受信したときです。
1点受信だとプロットしません。2点受信なら高度が合わないで受信されないことが多いです。晴天にも拘らずGPSの受信感度が悪いのは地上に送られてくる電波に障害を与える物質が大気中にあることです。この日は湿度が高くて90%はあったようです。小さな小さな水滴が大気中に沢山存在したため衛星からの電波を通さなかったと推定します。
一方、現在のソフトを使ったプロット間隔3分のRINGは6時にスイッチ オンになったにも拘わらず1度もデータープロットしませんでした。現在のソフトの方が衛星電波受信感度は良いはずなのに不思議です。昨日ではないですがこの前一つのRINGが死んで使えなくなりました。
なんか異常気象の影響でしょうか?
家の鳩の飛翔データーもおかしいです。従来は放鳩のとき太陽が出てれば真っ直ぐ鳩舎に帰還してました。太陽出てなくて磁気コンパスと目視で帰還してきた前回と同じ飛翔パターンで帰還してきました。
これは大気中の小さな水分が多量に浮いていて太陽光の大気への入射角と地上で受ける角度と差が生じ、鳩の太陽コンパスに異常が起きたためでしょうか?このため鳩は南北方向の地磁気と過去の経験から川に沿って南下すれば(今回までは武庫川と淀川西岸)大阪湾に到着できる、ここに出ればあとは目視で帰還できると踏んだのでしょうか?
太陽光の屈折
光の屈折
光の屈折-2
水分を多く含んだ大気の中から太陽の光を見ると実際の太陽の高度より低く見えてしまい、太陽の虚像と実像で混乱を起こすのでしょうか?

今朝4時には東の空に明けの明星が煌々と照ってました。しかし大気の異常はまだ続くとみて訓練中止しました。
秋レースの合同訓練やレースでは他鳩舎の優秀な鳩に川西、尼崎まで連れて帰って貰ってその後は得意の有視界飛翔に頼って帰還する方法を取るのでしょうか?

これは考えにくいでしょうけど、9月中旬になっても異常気象が続くなら美川以東のレースは参加しない方がいいかもしれません。南下して名古屋、三重県に入って集団失踪になるかもしれません。

長岡京から23羽62km訓練しました。6時30分三菱電気工場前をスタート。朝から快晴で放鳩時太陽を見ることができたせいか旋回しないで低空で直接帰還方向に向かいました。しかし何故か南南西に進路を取り淀川東岸経由大阪湾に出ると言うかなりの迂回コースとなりました。全行程太陽が出てる中何故でしょうか?
290819-0831長岡京62㎞
今までの訓練が太陽出てない時ばかりだったので太陽コンパスより磁気コンパスを優先的に使うようになったせいでしょうか?
今後 吹田、伊丹からの訓練行って帰還方向の軌道修正が要りますね。
全鳩早期に帰還しました。
しかしGPS RINGの調子悪いです。晴天なのにプロット抜け多数あります。更に別のRINGは全くプロットしませんでした。空に何か異常があるのでしょうか?水分がやたら多いようです。それ故気温上がると急に大雨降るみたいです。鳩も多湿帯は避けて飛ぶのでしょうか?

 今朝は今にも雨が降りそうな中、5時47分に出しました。少し飛んで高層マンションに6時まで小休止、雷音無くなってから遠征に出かけたようです。
一昨日の2時間30分程の遠征飛翔データーはRINGがダメになったのか取ることできませんでした。
1、2番子集団の16羽は昨日舎外しても全く飛びません。50㎞以上の訓練は朝方の太陽が出ないため帰還覚束なくできません。
8月末の堅田90㎞合同訓練は鷹の攻撃恐れて(今年2月被害出ました、帰還してきた鳩もばらけてました)パスする予定でしたが長距離訓練できないので参加することにします。

今朝の11羽舎外の動画です。6時遠征に出て7時20分一旦鳩舎周りを旋回し又遠征に出ました。8時過ぎ帰還しました。


RING回収して飛翔データー見ると家から見えないところでズーット休んでました。がっかりです。

↑このページのトップヘ