2009年09月30日

お知らせです

『おしゃべりランチ』は終了しました。
11月からは、『チョットいい店』として
新たに連載が始まります。
お楽しみに!

レストラン、カフェショップ、雑貨屋さんなどなど
いろんなお店を紹介しますので
みなさん、素敵なお店を紹介してくださいね!


hatomame01 at 17:00|Permalink

2009年09月01日

木曽路南鳩ヶ谷店

a40d46c0.jpg店名:木曽路南鳩ヶ谷店
住所:鳩ヶ谷市南4−5−2 
電話:048−288−8211
アクセス(グーグルマップ)

 122号沿線に、ちょっと高級な感じの和食の店ができたんですって。
そこで、今回紹介するおしゃべりランチは、しゃぶしゃぶ・日本料理の『木曽路南鳩ヶ谷店』に決定!
しゃぶしゃぶで有名な『木曽路』は関東ではあまり見かけない店だが、大阪出身の相棒によると本店は名古屋にあり、関西ではおなじみで、ちょっとした会合や宴席によく使われている店だと言う。
『木曽路南鳩ヶ谷店』は115店舗目で、去年の11月にオープン。
SR南鳩ヶ谷駅より徒歩3分。駅からも近く、国道に面しているので車でも来店しやすい。
立派な店構え、石に刻んだ木曽路の文字が雰囲気を演出して・・・高そう?
でも安心して。たしかにディナーだとちょっと高めだけど、ランチはリーズナブル。
「いつもファミレスでランチというのはちょっと。でも、あまり高いのは・・・」の人も、きっと「木曽路のランチ」は納得すると思う。
店内は落ち着いた雰囲気で、和服のスタッフがしとやかに席に案内。
「日本料理はまず目で味わい、そして舌で味わうと言われるほど、見た目の美しさ、鮮やかさを大切にしている」というだけあって出される料理はどれも旬の素材を使い、和食ならではの盛りつけで、器にもこだわりがみえる。

ランチメニューは
 ◎和定食・・・・・1300円
  (お造り、天婦羅、季節一品、茶碗蒸し、ご飯、味噌椀、香の物)
 ◎刺身定食・・・・・1500円
  (お造り・大皿盛り、天婦羅、茶碗蒸し、ご飯、味噌椀、香の物、デザート)
 ◎松花堂弁当・・・・・1200円
   松花堂(お造り、煮物、肉料理、天婦羅)
   茶碗蒸し、ご飯、味噌椀、香の物
 ◎すきやき定食・・・・・1300円、大1600円
  (牛すきやき、玉子、ご飯、味噌椀)
 ◎すきやき御膳・・・・・1700円、大000円
  (お造り、牛すきやき、玉子、ご飯、味噌椀、香の物)
期間限定の季節メニューもある。
今は、『季節涼夏昼御膳』(8/27まで)
 ●妻籠・・・・・2000円
  (お造り、焼き八寸、一人鍋・豆乳コラーゲン鍋、冷やし鉢、揚物、ご飯、香の物、デザート)
 ●木曽路御膳涼風三昧・・・・・1500円
  (涼風盛、冷やし鉢、鮪とろろ、または鰻とろろ(チョイスできる)、揚物、ご飯、汁物、香の物、
   デザート)

「コラーゲンだって!」
「お肌、プルプル?」
私たちは豆乳コラーゲン鍋に釣られて「妻籠」を注文。
お造りはマグロとイカとサーモン、三種盛りの夏野菜ゼリーよせ、イワナの生姜やき、チーズをはさんだポテトもち、玉子豆腐の蟹あんかけなど、どれもひとつずつ工夫されている。
豆乳のコラーゲン鍋も美味!スープも飲み干しましたあ〜。
一品ずつ出してくれて、ちょっとした懐石料理の味わいで
「友だちと特別なイベントで食事するときは、迷わず『木曽路』にする」というのもうなずける。
個室で食事をしていると、和服の仲居さん風のスタッフのサービスが、まるで旅館にいるみたいで、旅行気分に!
デザートのくずまんじゅうも涼しげ。
客席は148席。テーブル席、個室、掘りごたつ席などいろいろある。
10名以上なら無料でバス送迎してくれる。(要予約)
高級感があって、それなりにリッチな気分が味わえてリーズナブル!
目も舌も雰囲気もバッチリな、おしゃれにランチしたいときにおすすめのお店です。

ランチタイム   AM11:30〜PM15:00
          無休  Pあり(36台)   


hatomame01 at 05:45|Permalink

2009年08月01日

お休みです

09年8月号は都合によりお休みとさせて頂きます。


hatomame01 at 07:35|Permalink

2009年07月01日

FLAVOR(フレーバー)

925f8e03.jpg店名:FLAVOR(フレーバー)
住所:鳩ヶ谷市坂下町2−2−17 
電話:048−446−7215
アクセス(グーグルマップ)

 今回はオープンして1ヶ月、開店ホヤホヤのcafe and wine『FLAVOR(フレーバー)』を紹介します。
SR鳩ヶ谷駅出口1番より徒歩5分、昭和橋交差点角。気づかずに通りすぎてしまうそうだが、ちょっとお洒落な感じのコーヒー&ワインの小さなレストラン。
淡いイエローとブラウンが基調の店内は、明るさと落ち着きを感じさせる。
交通の激しい昭和橋交差点角にあるのに、そんな喧騒も感じられない。
席に座ると、のんびりと、なんとなく幸せな気分にさせてくれる・・・スタッフの笑顔がやさしいからかも。
この店で特に私が気に入ったのは、上質な「大きな木のテーブル」だ。
なんとも言えない木のぬくもりが、料理も会話も素敵にしてくれる。この席はオススメ!
「鳩ヶ谷は緑もいっぱいあっていいところだし、それに鳩ヶ谷という地名の響きが好き」と東京から越してきたオーナーシェフの加藤和美さん。
お話を伺いながら、あれっ、どこかでお会いしたことが・・・?
店をオープンする前は司会業などで活躍していて、なんと、「鳩ヶ谷まつり」の司会をやってたんですって。
長年の主婦生活で好評で人気のあった料理をメニューに、「お料理の品数は少ないけど、時間と心をこめて調理している」という。

ランチメニューは
 ◎平日ランチ・・・・・800円
  A サラダランチ(ベーグル・スープ付)
  B フレーバーカレーランチ(サラダ・スープ付)
  C サラダ仕立ての角煮丼(サラダ・スープ付)
 ・セットドリンク
   コーヒー、ホット紅茶・・・・・200円
   アイス・・・・・230円

 ・手作りケーキセット・・・・・680円
 ・手作りケーキ・・・・・450円
 ・コーヒー・・・・・400円

 ◎アフタヌーンティセットもオススメだ。(PM1:30〜21:30)
 ・スコーンケーキ・きゅうりサンド(ドリンク付)・・・・・1100円

私たちはサラダランチ(ベーグル・スープ付)を注文。
ガラスの器に盛られたサラダは、たっぷりの野菜に小海老やチーズ、オリーブがトッピングされ、目でも楽しませてくれる。サラダにお好みの量だけおろしたてのチーズをかけてくれる演出もなかなかおしゃれ。
オリーブオイルをつけてベーグルをパクつく。
う〜ん、美味しい!
お店の前に置かれたパンフレットには
「ひとりで ふたりで グループで。香り高いコーヒーとグラスで楽しむワイン。昼はランチ 午後は手作りのアフタヌーンティを 夜はビールや軽食も用意しております。是非一度お越しください」とあった。
料金と雰囲気はカジュアルで親しみやすいのだが、料理はなかなかお洒落で本格的。
買い物帰りの主婦、サラリーマン、子どもやお年寄りまで、誰にでもやさしい雰囲気で、落ち着いて食事を楽しめそう。
新しい鳩ヶ谷の和みの空間誕生。みんなのコミニュケーションの場として、思い思いの時間を過ごしてもらえたら嬉しいというオーナーの思いが感じられるオススメのお店です。
あっ、そうそう、手作りのチーズケーキが最高の美味しかった!

ランチタイム 平日 AM11:30〜PM14:00
         月曜定休   


hatomame01 at 16:54|Permalink

2009年06月01日

尾張屋

c3e4b285.jpg店名:尾張屋
住所:鳩ヶ谷市本町3−33−6
電話:048−284−2315
アクセス(グーグルマップ)

 鳩ヶ谷本町郵便局の前の通りを安行に向かって一つ目の信号の角に、ちょっとお洒落な雰囲気のお蕎麦屋がある。
お店の前を車で通るたびに、良さそうな店だなあと気になっていたのだが、行く機会がなかった。
知人の「店の雰囲気もなかなかよかった。おしゃべりランチで紹介したら」のおすすめで、今回紹介するお店は、お蕎麦の『尾張屋』です。
新しく出来たお店だとばっかり思っていたけど、ここで38年、建て直して4年になるという。
そんなに古くからあるお蕎麦店とは、地元なのに全然知らなかった。
モダンな店構えだが、一枚板の『尾張屋』の看板が風格を感じさせる。
店の入り口付近に植えた竹が、さやさやと5月の風に揺れてなんとも爽やか。
白い麻の暖簾をくぐって中にはいると、店内はすっきりとシンプルで、通りに面しているのに、喧騒などまるで嘘のような静けさ。
ガラス越に見える竹の緑が目にやさしい。落ち着いてゆったりと和める感じがいい。
2代目店主の佐相さんにお店のこだわりをきいたら、「美味しく、楽しく食べてもらえたらそれで・・・」。
シャイな人柄のようで「こだわり」のウンチクは聞けなかったが、「そば粉は戸隠で・・・」とか、こだわりはあるみたい。

メニューは
夏季限定・三陸沖産の芽かぶ
 ◎冷やし芽かぶ(そば・うどん)・・・・・各700円 
《冷たいそば・うどん》
 ◎もり・・・・・450円    
 ◎ざる・・・・・550円 
 ◎辛味大根・・・・・680円
 ◎鴨せいろ・・・・・790円  
 ◎海老天ざる・・・・・1000円
 ◎穴子天ざる・・・・・1000円(写真) ほか。
《温かいそば》
 ◎山菜・・・・・680円
 ◎けんちん・・・・・680円
 ◎海老天・・・・・820円 ほか。
《季節物そば・うどん》
 ◎冷麦・・・・・650円
 ◎冷やしたぬき・きつね・・・・・各700円
 ◎冷やしスタミナ・・・・・800円 ほか。
牛丼(750円)、スタミナ焼き丼(780円)などの《丼物》や
丼にそばやうどんが付く《セットもの》などメニューも豊富だ。

サラリーマンから主婦、子どもやお年寄りまで、誰にでもやさしい雰囲気が落ち着いて食事を楽しめると好評。
「ねえ、なににする」
「夏限定の『冷やし芽かぶ』は高血圧予防や美肌、美髪の健康食としておすすめだって」

「私は『穴子天ざる』、あなたは『海老天』にして、半分こにしようよ」
食いしん坊の私たちは、揚げたての穴子と海老の天ぷらに大満足。美味しかったあ。
もちろん『お蕎麦』は言うまでもありません。
居心地がよくて、ちょっとおしゃれな雰囲気のおそば屋さん。オススメです!

ランチタイム 平日 AM11:00〜PM15:00
         火曜定休   P有り


hatomame01 at 16:21|Permalink

2009年05月01日

魚菜屋 翔馬

c64670ff.jpg店名:魚菜屋 翔馬
住所:川口市戸塚東1−8−5
電話:048−298−8770
アクセス(グーグルマップ)

今回紹介するお店は、開店5周年を迎えた居酒屋『魚菜屋 翔馬』です。
JR武蔵野線・東川口駅(南口)から徒歩8分。スペイン料理・サブロッソと通りをはさんだ向かいのマンションの1F。
象形文字?のようなユニークな書体の「翔馬」と書かれた紺の暖簾が目印。
中にはいるとまず目に飛び込んでくるのは、大きな馬車の車輪。店内は客席の空間を広くとっていて、狭さを感じさせない。
テーブル席は暖簾で仕切られて、なかなかおしゃれな雰囲気だ。
私の中では「居酒屋=オヤジたちの酒処」というイメージだったので、ちょっとおしゃれなお店の雰囲気に、居酒屋のイメージが変わりそうだった。
カウンター越しに調理をする店主が見える。
さて、なにを食べようかなあ・・・「えっ、ここ和食屋だよね?」
メニューを見て、居酒屋といいながら魚料理のほかに洋食メニューもあるのには驚いた。

居酒屋でフレンチ?・・・このミスマッチなメニューが大好評なのだそうだ。
聞くところによると、店主はフレンチ料理の経験も豊富で、魚好きが高じて2004年に『魚菜屋 翔馬』をオープンしたとか。
魚料理からフレンチまで楽しめるなんて、なんか得した気分!
カウンター3席、テーブル17席、座敷10席。
20名以上で貸切に出きるそうです。

ランチメニューは
 ◎本日(4月21日)のランチ・・・・・850円
    ・ミックスフライ(銀鮭、ホタテ)コールスロー添え、
    ・冷やしあんかけ豆腐、
    ・小鉢(一口そば、刺身、ゼリー)
 ◎お刺身定食・・・・・1200円
    (小鉢、つけもの、みそ汁付)
 ◎ビーフカレー・・・・・・900円 
 ◎小海老とホタテのカレー・・・・・800円
 ◎ポークカレー・・・・・750円  
 ◎チキンカレー・・・・・750円
    (カレーは、いずれもサラダ付)
 ランチビール・・・・・290円
 コーヒー、紅茶・・・・・各150円
 アイスクリーム・・・・・180円

お昼時は混んでいたので時間を少しずらして行ったら、もう「本日のランチ」のミックスフライは終わりになっていた。
フライのかわりに「まぐろのアゴ焼きでよかったら」と言う事で、それを注文。(写真)

あまり魚の得意ではない私には、そのボリュウムが少々重たかったけど(ホタテのフライが食べたかったなあ)、魚好きにはたまらないだろうと思う。
「新鮮な刺身を食べてもらいたい」と、店主自ら築地や足立の魚市場に足を運ぶ。
その日の仕入れによってメニューがかわる「本日のランチ」(850円)は、味、ボリュウムともに評判で、ランチどきは主婦たちで満席に。
コーヒーをつけても1000円で食べられるランチ!人気なのもうなずけるというもの。

「お客さんに喜んで食べてもらえたら嬉しい。丁寧な仕事に拘っている」と店主の武内さんは言う。ちなみに店名の「翔馬」の由来は自分の干支、午年からつけたそうです。

ランチタイム
 平日 AM11:30〜PM14:00(ラストオーダー13:30)
 ※土・日・祝はランチはやってない

水曜定休   P有り


hatomame01 at 14:51|Permalink

2009年04月01日

叙々苑西川口店

a6cee274.jpg店名:叙々苑西川口店
住所:蕨市南町3−21−3
電話:048−445−0899
アクセス


今回紹介するお店は焼肉の『叙々苑西川口店』です。
「あの有名な焼肉の叙々苑が西川口にあるって知ってる?」
「ランチが美味しくて、超お得なんですって!」
そんな嬉しい情報を聞いたら、焼肉大好きな私たちはもう生唾ごっくんです。
おしゃべりランチに紹介しようと早速、行ってみました。
住所は蕨市ですが、JR西川口駅から近い。駅西口を出て、交差点を右折。3分ほど歩くと左側に大きく『叙々苑』の看板が・・・目立つのですぐわかる。
焼肉といえば昔は煙がもうもうで、臭いが衣服に移って、美味しいんだけどなんとなく敬遠ぎみだったが、今は、煙はおろか臭いも配慮され、おしゃれなお店も増えてきたので、普通のレストランと同じ感覚で焼き肉を食べられる。幸せだなあ(笑)。
ここ『叙々苑西川口店』も、店内に入るとほのかな照明の明かりで、静かで落ち着いた雰囲気を感じさせる。インテリアの壁際に飾られたガラスの器がきれい。
スタッフも優しげで感じがいい。
同じ叙々苑でも都内のお店とはちょっと雰囲気が違うが、ここ『叙々苑西川口店』は郊外店ということもあるのか、何となくほのぼのとした空間が感じられる。
そこが、近所の人や家族連れが気軽に利用できる人気の所以なのかも知れない。
ゆったり焼き肉三昧!テーブル席17卓・76席、座敷席9卓・42席。
少人数からみんなでわいわいまで、バッチリです。

ランチタイムメニューは
《シンプル、デリシャス、リーズナブルをテーマに!》
 ◎牛丼・・・・・800円(特選牛丼、ミックスキムチ、スープ)
    ランチサラダ・・・150円、生たまご・・・50円  
 ◎ビビンバ肉重・・・・・800円(ビビンバ肉重、ミックスキムチ、スープ) 
    ランチサラダ・・・150円
 ◎チゲ鍋ランチ・・・・・・750円(チゲ鍋、ミックスキムチ、ライス) 
    ランチサラダ・・・150円 
 ◎焼肉ランチ
   A米国産・・・・・900円
   B国産牛・・・・・1000円
    (焼肉、ランチサラダ、ミックスキムチ、ライス、スープ)

 ◎カルビランチ・・・・・2200円 (写真)  
    焼物(カルビ、海老)、叙々苑サラダ、ナムル、
    ミックスキムチ、ライス、スープ、コーヒー
 
 (ライス大盛りはプラス100円で。食後のコーヒーはオプションでたのめる)。

人気はビビンバ肉重、焼肉ランチのBとカルビランチだそうです。
焼肉といえばやっぱりカルビ!私たちは「カルビランチ」を注文。
炭火の上でカルビがジューッ。いろが変わる程度にさっと焼いて、パクリ!
う〜ん、口の中でトロけるー。思わずニンマリです。
もう大満足なのに、食いしん坊の私は「チゲもビビンバも食べたかったなあ」なんて言って、相棒に呆れられた。
土、日、祝日もお得なランチタイムがあるそうです。
焼肉通にも大満足の味なのにリーズナブル。女性同士でも気軽に入れるオススメのお店です。

ランチタイム 平日 AM11:30〜PM16:00  土・日・祝 AM11:30〜14:30
           P有り 15台・飲食時間中は無料(コインパーキング式)


hatomame01 at 08:32|Permalink

2009年02月01日

和食居酒屋 しゅんざいや(Japanese Daining Shun−Zai−Ya)

547c9aae.jpg
a2ae46b5.jpg
店名:和食居酒屋 しゅんざいや(Japanese Daining Shun−Zai−Ya)
住所:川口市戸塚4112 みよビル2号館1F
電話:048−298−7744
アクセス

 とくに目立った看板もなく、ローマ字で「Japaniese Daining Shun−zai−Ya」の文字。「和食屋さんみたいだけど?・・・・気になるお店だった。
そんなある日、「ねえ、ランチにおすすめのお店があるんだけど行かない?」と誘われたお店がなんとその気になるお店だった。もちろん「行く、いく!」と二つ返事でOK。
そこで、今回紹介するお店は、『和食居酒屋 しゅんざいや』です。
SR安行戸塚駅からJR東川口駅方面に向かって左側500m程のところ。一般的な「和食居酒屋」をイメージして行くと、通り過ぎてしまうかも。
敷居が高そうなお店?・・・ところが、本格的な和食がリーズナブルにいただけると贔屓にしているお客がいっぱいの、知る人ぞ知る人気のお店なんです。
外観は高級感があり一見入りずらそうだが、一歩店内に入ると、明るい木の内装で温かなぬくもりが感じられる。
いらっしゃいませ。日本手拭を頭に巻いた板前修業中?を思わせる男の店員さんが出迎えてくれた。なんか割烹料理屋みたい。お料理も期待できそうな雰囲気。
有名料理店などで10年ほど懐石料理の修業を経て、2005年にオープンして4年。
「高級イメージの懐石料理など和食を気軽に、美味しく食べてもらいたい」と、オーナーシェフで『和食居酒屋 しゅんざいや』の店長は、すべての料理をひとりで切り盛り、包丁を握っている。
カウンター6席、客席は希望人数に柔軟に対応できるお座敷の個室が6部屋。すべて個室なのでプライベートな食空間を落ち着いた雰囲気で楽しめる。

ランチメニューは
《Shun−Zai−Yaランチ》
 ◎店長気まぐれコース・・・・・1200円 (写真)  
 ◎爽コース(刺身、天婦羅)・・・・・2100円
 ◎楽コース(刺身、焼き物、煮物、天婦羅)・・・・・・3500円 
《丼ぶり》
 ◎玉子丼・・・・・600円   ◎親子丼・・・・・800円   
 ◎かつ丼・・・・・1000円  ◎(急)鮭・いくら親子丼・・・・・1200円 他
《定食》
 ◎煮物定食・・・・・800円  ◎鳥の唐揚げ定食・・・・・800円
 ◎ロースカツ煮・・・・・1000円  ◎(急)刺身定食・・・・・1800円  他 
《麺類》
 ◎(急)ざるそば・・・・・600円 ◎(急)稲庭うどん・・・・・800円
・子連れのママに嬉しいメニューも!
 《こどもランチ》
 ◎ミニハンバーグ・・・・・400円 ◎雑炊(蟹・鳥)・・・・・400円
 ◎3色ミニ丼(いくら・鮭・まぐろ)・・・・・500円
《100円メニュー》
 ◎厚焼き玉子、トマト豆腐サラダ、オニオンスライスなどなど。

メニューに(急)のマークがついてあるの気づきましたか?
この印のついているお料理は早く出すんですって。時間がなくて急いでる人はこのマークのメニューがおすすめです。
ご飯、味噌汁はお替り自由、ランチタイムはコーヒー100円、日替わりデザート300円のうれしいサービスもある。
私たちは一番人気の「店長気まぐれコース」を注文。相棒は鳥が苦手なので注文するときその旨を伝えた。さて、どんなお料理が出てくるのか楽しみだ。
豚肉で巻いた豆腐の餡かけ、蛍烏賊とワカメの黄み酢和え、いとよりの焼き物、茶碗蒸し、ぶりの汁物、香の物、玄米ご飯――どれも上品な味で美味しい!
店長きまぐれコースはその日の食材からお客様の顔を見てから料理を作るという。
ということは「私たちが上品だってことだよね」などと顰蹙をかいそうなことを言いながら料理を堪能。量や味付けは控えめなのに、食べ終えると大満足!
若い人にも来てもらいたいと、店名をローマ字にしたが、年配のご贔屓さんに英語じゃわからないといわれ、「しゅんざいや」にしたんだって。
店長の夢は「今は一人でやっているが、将来的には板前を育てて、店を大きくしたい」

(余計なことだけど、店長は独身でイケメンです!)
ランチ時はお子様メニューが嬉しい子連れのママたちも多いが個室のせいか気にならない。
割烹料理出身の板前さんの作る料理の味を、ゆっくり味わいたい人にオススメのお店です。

ランチタイム AM11:30〜PM14:00  定休 土曜・日曜・祝  P有り


hatomame01 at 11:01|Permalink

2009年01月01日

本有庵 むら木

bc47ed16.jpg店名:本有庵 むら木
住所:川口市安行吉岡1586−6
電話:048−286−1118
アクセス

 このお店を知らなかったら一生の不覚かも!?
川口市の中心地から少し離れた植木で有名な安行。その一角の緑豊かな安行吉岡に知る人ぞ知る美味しい蕎麦屋がある。
通も唸らせる美味い蕎麦、雰囲気も最高なのに、お店の場所がメジャーじゃないから、その納得の蕎麦の味を知っているのは、まだまだ地元の人だけ?。
今回紹介するお店は、隠れ名店のお蕎麦やさん『本有庵・むら木』です。
このお店を知ったら、あなたもいっぺんに虜になってしまうこと請け合いです。
アクセスは・・・?えーと、近くにスーパーマルエツ、首都高の安行インター手前を入る・・・上手く説明できない。
ごめんなさい。実は私たち『本有庵・むら木』に行くのは初めてなんです。
噂に聞いて一度行ってみたいと思いながら場所が分からず、すぐ傍まで行ってはあきらめた経験が2度ほど。
ここの路地を曲がればいいのかなあ・・・?と安行吉岡の閑静な住宅街周辺をウロウロ。

お店に電話したり、近所の人に尋ねたりして、やっと店に到着。
このお店、探すのに少し苦労するかも知れません。
自宅を開放したという『本有庵・むら木』は、想像していた「民家を改装した小さな手打ち蕎麦屋」のイメージとは違って、外観は今様のとても素敵な家で、『むら木』の看板がなければとても信じられないほど。
玄関をはいると、温かい笑顔の店主と女将さんが出迎えてくれた。お店というより、まるで知人の家を訪ねているような錯覚になる。
「昔ながらの蕎麦屋」にこだわって、美味しい蕎麦を食べてほしい・・・独学で蕎麦打ちを学びご夫婦でお店をはじめて7年になるという。
日当たりのいい縁側、二間続きの日本間。なんかいいなあ、この雰囲気!

メニューは
 ◎せいろ・・・・・700円   ◎天ぷら付・・・・・1300円
 ◎かも汁・・・・・1500円  ◎とろろ・・・・・1000円
 ◎みぞれ・・・・・900円   

 ◎田舎・・・・・800円    ◎天ぷら付・・・・・1400円
 ◎かも汁・・・・・1600円  ◎とろろ・・・・・1100円
 ◎みぞれ・・・・・1000円  

 ◎生粉打ち(十割そば)・・・・・1100円(土、日限定)
 ◎天ぷら付き・・・・・1700円

 ・温かいおそば(大盛りは315円増し)
 ◎天ぷらそば・・・・・1300円
 ◎かも南蛮・・・・・1500円
 ◎かけそば・・・・・700円
 ◎そばがき・・・・・800円

 ・甘味
 ◎そばがきぜんざい・・・・・600円

 ・にしん山椒漬け(600円)、さしみ湯葉(600円)、だだ茶青豆豆腐(400円)など一品物もある。

相棒はせいろ蕎麦の天ぷら付き、私は田舎蕎麦の天ぷら付きを注文。
お茶を頂き、そば煎餅をポリポリしながら待つ。このそば煎餅が意外と美味。
そしてなんといってもお蕎麦です!
とくに宣伝をしていないのに、口コミだけでお客さんが絶えないのはいかにここのお蕎麦が美味しいか分かろうというもの。香り、コシ、喉ごし、評判通りでした!。
蕎麦か饂飩かって聞かれたら、どちらかというと饂飩派の私が完食したんですから、納得です。
天ぷらのかき揚げもおすすめです。ホタテの貝柱もはいって、からっと、サクサク。
ちょっとびっくりするのは、蕎麦湯の濃さ。まるでそば粥を思わせるほどトロットロ!この蕎麦湯は特別に作っているんですって。どうりで他とは違うと思った!
甘味が欲しくなってそばがきぜんざいを頼んだら、素敵な塗りの御椀ででてきた。
織部が好きで器にもこだわり、随所に飾られた趣味の骨董などレトロなインテリアは、懐かしさと不思議な安らぎを感じさせてくれる。
テレビ「アド街」から取材申し込みがきたが「宣伝をすると、お客さんを待たせるようになるので断った」という。その心意気が魅力でリピーターが今日も増え続けている。
ちなみに本有庵の本有(ほんぬ)は本来の姿という意味だそうです。
私だけの秘密のにしておきたいとっておきのお店です。

ランチタイム AM11:30〜PM14:30  定休・火曜日、水曜日  P有り


hatomame01 at 18:52|Permalink

2008年12月01日

珈琲&ギャラリー 温温(ぬくぬく)

af39fff2.jpg店名:珈琲&ギャラリー 温温(ぬくぬく)
住所:さいたま市見沼区丸ケ崎1856
電話:048−686−3620
アクセス(グーグルマップ)

 そこだけがのんびりと時を刻みホッとできる空間・・・このお店を知ったら、あなたもいっぺんに虜になってしまうかも!
今回紹介するお店は、珈琲&ギャラリー『温温(ぬくぬく)』です。
アクセスはJR宇都宮線東大宮駅からバス。ファミリータウン入口下車、徒歩3分ほど。

田んぼや川など自然に囲まれた田園風景のなかにある。築150年。オーナー夫人の実家の納屋を改造したというお店は、さすが約一世紀半もの時の流れをくぐりぬけてきた風格と佇まいを感じさせる。
天井の梁、木のぬくもりなど、店内のそこここから昔の面影が偲ばれ、時の流れを忘れさせてくれる異空間。2000屬良瀉蓮武蔵野の林を思わせる自然。緑豊かな木立をのんびりと眺めていると、知らず知らずにふ〜わりと幸せな気分になる。
オーナーの前田さんにお店のコンセプトをたずねてみた。
香り高いドリップ珈琲を淹れながら、「お客さんに合わせるのではなく、自分たちの感性に忠実でありたい」と言う。
「感性とは?」との問いに「美しいものを、美しいと思う心。いつも自然体でありたい」と答えてくれた。
15年前、「大人のくつろぎの店」を目指して始めたという珈琲&ギャラリー『温温(ぬくぬく)』。
人気の秘密はそんなオーナーの感性から生まれているんだなあと感じて、ますますおすすめ気分に。
お昼の食事(11:30より)
◎キーマカレー(辛さをおさえた挽肉カレー)・・・・・1050円
   季節の野菜のピクルス付
◎チキンカレー(辛口本格カレー)・・・・・1050円
   季節の野菜のピクルス付
◎おにぎり(お好み2つ選んで)・・・・・各840円
  《 トロロおかか・梅あんちょび・ジャコザーサイ・木の芽昆布・肉みそピリ辛 》
     味噌汁・小鉢付
◎天然酵母パンのサンドイッチ・・・・・840円
   ・スモークハムとピクルス
   ・チーズとザワークラウト
   ・いろいろ野菜(ベジタリアンの方におすすめ)  
◎雑穀米膳(5品)・・・・・1260円
   ・雑穀米(白米、きび、あわ、黒米、玄そば、落花生)
   ・おまかせ小鉢
   ・ほうれん草とベーコンのオムレツきのこあん
   ・柿と大根の白和え          
   ・お味噌汁
◎パンのプレート(5品)・・・・・1260円
   ・天然酵母のパン
   ・スープ
   ・チリビーンズ
   ・サラダ
   ・ほうれん草とベーコンのオムレツきのこあん
どれも美味しいと評判のメニューだが中でも、おにぎりセットが1番人気!
なんでも、米どころの新潟県の人が「うちのおにぎりが日本一だと思っていたけど、ここには負けた」と言ったとか。
食事をした人には通常、コーヒー525円、アイスコーヒー630円がコーヒー420円に、アイスコーヒーが525円なる。同じものを1回のみなら263円でおかわりできる。
スタッフは10人、オーナー夫婦は厨房を、お店の隣にある工房でパンやケーキを手作りしている。2ヶ月で展示が替わるギャラリー、陶器ほか作家による様々な暮らしの雑貨など見ているだけでも楽しい。香り高いドリップ珈琲、地元の採れたて野菜をふんだんに使った美味しいお料理と自然。あの静かな雰囲気に浸っていたくて・・・また行きたくなる。
秘密にしたいけど教えたくなる、そんなおすすめのお店です。
営業時間 AM1O:30〜PM7:30  月曜定休(祭日の場合、翌日)  P有り


hatomame01 at 08:18|Permalink

2008年11月01日

和食ダイニング ざぼう(ZABOU)

2241179e.jpg店名:和食ダイニング ざぼう(ZABOU)
住所:草加市金明町510−1
電話:048−946−7278
アクセス(グーグルマップ)

「こんなお店があったらいいな」を形にしたお店を発見!
本当は教えたくないとっておきの店なんだけど・・・・紹介しま〜す。
今回おすすめのお店は『和食ダイニング ざぼう(ZABOU)』です。
アクセスは東武伊勢崎線新田駅から徒歩5分。金明通り(清門町北交差点に向かって右側)にある。
店内に入ると先ず目に入るのがバーカウンター。ほの暗い照明が大人のなごみ空間を演出して
おしゃれな雰囲気に、思わず「ここは銀座?」とつぶやいてしまうかも!
それでいて気軽な雰囲気と和食ダイニングの美味しいお料理・・・女性にぴったりの店だ。
奥に落ち着いた和の空間が広がる座敷の部屋が3室。(掘りごたつ形式なのもうれしい)

二人から少人数でゆっくりくつろげる椅子席の個室もあり、人数やシチュエーションに応じて使い分けができる便利さも好評だ。
オープンして5年目。オーナーの小森豊さんにお店のコンセプトをたずねた。
「『ざぼう』は漢字で『座豊』と書くんです。座って、豊な気持ちでお食事を召し上がって頂きたい。彩り豊かな旬を和膳に盛り込んだお料理を、ゆっくりとくつろいで楽しんでほしい」と言う。

ランチメニューは
《お膳料理》
◎お寿司御膳・・・・・1500円
   にぎり寿司10種盛り、サラダ、お蕎麦、お味噌汁、デザート
◎本鮪とアボガドの丼御膳・・・・・1500円
   鮪アボガド丼、サラダ、お蕎麦、お新香、お味噌汁、デザート
◎海鮮あんかけ石焼御膳・・・・・1500円
   石焼ごはん、サラダ、お蕎麦、お新香、デザート
◎イベリコ豚とナスのわさび餡掛け御膳・・・・・2000円
   イベリコ豚と茄子、お蕎麦、ご飯、お新香、お味噌汁、デザート
◎和定食・・・・・1800円
   お造り、焼き物、煮物、お蕎麦、茶碗蒸し、ご飯、お新香、お味噌汁、デザート

◎彩りランチ・・・・・2300円
   先付け、前菜、お造り、焼き物、煮物、茶碗蒸し、お寿司、お椀物、デザート
《ランチコース》
◎ミニ会席コース
   ・華座(はなざ)全8品・・・・・2700円
     前菜、お椀、お造り、焼き物、煮物、お凌ぎ、煮物、お食事、デザート
   ・桐座(きりざ)全9品・・・・・3200円
     前菜、お椀、お造り、焼き物、煮物、お凌ぎ、揚げ物、お食事、デザート
◎レディース会席コース・・・・・3700円
    先付け、前菜、お椀、お造り、焼き物、お凌ぎ、煮物、にぎり寿司、お味噌汁、デザート

「食の安全がゆらいでる今の時代だからこそ、素材はすべて国産にこだわっている」とオーナー。
なだ万や鎌倉の料亭で修行したという料理長がつくる『ざぼう』の料理がなんと、草加で食べられるとあって口コミで広がり、特にランチはお客さんの90%以上が女性という。
ランチ時はお客でいっぱいで、友人は満席で断られたとか。
平日のランチでも予約を入れたほうが安心。
器にもこだわりこの雰囲気とおしゃれな感覚が大人気のおすすめのお店です。

ランチタイム 平日11:30〜14:30(ラストオーダー14:00)  P有り


hatomame01 at 17:34|Permalink

2008年10月01日

マンマパスタ グランデ 浦和美園店

630ff5a6.jpg店名:マンマパスタ グランデ 浦和美園店
住所:さいたま市緑区大門4201−1
電話:048−878−7881
アクセス(グーグルマップ)

やっぱりピザはもちもちがいい!そんなあなたにぜひ食べてほしいピザがあります。
今回おすすめのお店は「素朴で温かみのある楽しい食空間」をコンセプトにしているという『マンマパスタ グランデ 浦和美園店』です。
アクセスはSR浦和美園駅から東川口方面に向って「イオン浦和美園ショッピングセンター」を過ぎてすぐの大門坂下交差点の角。
店は喧騒の交差点傍とは思えない佇まいで、緑の木立、ガラス越しに揺れるオフホワイトのカーテンが見える。
店内に入ると、天井の扇風機がゆっくりと風を送り、古木の床、オフホワイトで統一されたテーブルクロスもシンプルで、窓から見える中庭の景色もいい雰囲気で、リゾート気分。
オープンしてまだ1年余りだがこの雰囲気とおしゃれな感覚が口コミなどで人気を呼んでいる。
特にランチはお客さんの80〜90%が女性という。

ランチメニューは毎週内容が替わります。

◎《今週のスパゲッテイランチ(自家製パン付き)》・・・・・850円――(取材した週のメニュー)
 A ピリ辛!小海老とブロッコリーのチリトマトソース
 B 大地の恵み 5種野菜のペペロンチーノ
 C 肉そぼろと青じそのクリームソース レモン風味
 D 揚げナスのミートソース
これらのお料理プラス
 ● ドリンク(コーヒー、紅茶、冷たいウーロン茶)付き・・・・930円
 ● ドリンク・前菜付き・・・・1080円
 ● ドリンク・デザート付き・・・・1230円
 ● ドリンク・前菜・デザート付き・・・・1380円になる。

◎《今週の薪窯ナポリピッツアランチ》
 F トマトソース グリル茄子とベーコン
 G マルゲリータ(トマト、モッツァレラチーズ、バジリコ)
 H 特製チーズソース ツナとインゲン
これらのお料理プラス
 ● ドリンク(コーヒー、紅茶、冷たいウーロン茶)付き・・・・930円
 ● ドリンク・前菜付き・・・・1080円
 ● ドリンク・デザート付き・・・・1230円
 ● ドリンク・前菜・デザート付き・・・・1380円になる。

厳選した食材に手間をかけたソースとあつあつの茹であげ麺。スパゲッテイはなんと270gとボリュームたっぷり!自家製の焼きたてパンも美味しい。
でも、やっぱり私のおすすめはピッツア!デ〜ンと構えた石窯を見ただけで、美味しさ疑いなし。
薪窯で焼いたナポリタイプのもちもち食感のピッツアは美味しくていくらでも食べられる。
イタリアのマンマの味(おふくろの味)という表現がぴったりの味が、幅広い年齢層に支持されているお洒落なレストラン。リピーターが多いのもうなずける、おすすめのお店です。

ランチタイム 平日11:00〜15:00  P有り


hatomame01 at 21:00|Permalink

2008年09月01日

カフェ&ギャラリー 水庵

419008dc.jpg店名:カフェ&ギャラリー 水庵
住所:越谷市小曽川705 しらこばと水上公園バスターミナル前 
電話:048−974−5162
アクセス(グーグルマップ)


こだわりの自家野菜を使って体にやさしい手作りの味が好評の店、カフェ&ギャラリー『水庵』を紹介します。
アクセスは東武伊勢崎線越谷駅西口よりバスで岩槻行き水上公園入り口下車徒歩5分、又は水上公園行き終点下車すぐ。
欅の木々に囲まれひっそりとした外観はどこかのリゾート地のカフェのような佇まいで、なんか心を和ませる雰囲気が漂う。
脱サラして定年になったらやろうと思っていたお店をオープンして7年。
「ランチメニューで使用している野菜はうちのおじいちゃんが作っています」とオーナー。低農薬、自家製野菜、地元産食材にこだわった店で、埼玉県産農産物サポート店にもなっている。
(おじいちゃんの野菜)は市場へは出荷していないので不揃いだが、低農薬で手間ひまかけた野菜なので美味しいと人気があり、買って行く人もいるほど。
海の精(塩)、洗双糖(砂糖)、千鳥酢、山木さんの醤油、南部地粉、利尻昆布など、自家製野菜はもちろん、だしや調味料にもこだわり、体にやさしい添加物のないものを使っている。
秩父源流水の武州氷を使った夏季限定「水庵の夏季氷」(全12種・9月まで)も人気で、畑のセロリとぶどうを白ワインゼリーで包んだ「セロリとぶどう』(650円)などフルーツやシロップも自家栽培や手作りにこだわっている。
メニューは
◎水庵弁当・・・・・980円。(月替わり・季節に合わせた旬のメニュー)(写真)
  ・一の重(茄子みそはさみフライ、夏野菜の中華漬け、ひじきとバジルのサラダ、じゃがいもと 
       セロリのソティ)
  ・二の重(ジャコと青じそのご飯)
          お味噌汁、香の物が付く。
◎雑穀米カレー・・・・・800円。
       (野菜をじっくり煮込み添加物なしのルーで仕上げた本格的カレー)
◎パンプレート(飲み物付)・・・・・880円。
       (天然酵母のパントースト、タマゴ、サラダ)
◎水庵御膳(三段重)・・・・・1250円。(4名以上で前日迄の予約)
・飲み物
 珈琲――水庵ブレンド(500円)・カフェオレ(550円)
 紅茶――ストレート(500円)
水庵弁当、雑穀米カレーをオーダーした人のみに飲み物がメニュー価格より200円引きになるサービスがある。
作家さんに特別に作ってもらったという水庵弁当の器がこだわりの料理に映えてより一層美味しく見える。ネイルドリップで一杯一杯丁寧に淹れたコーヒーもまた格別の味わいがあり、テラス席でゆっくりと飲んだら、時間を忘れてしまいそう。まさにリゾート気分に。
店内にはギャラリーもあり、手作りの陶器や雑貨の展示販売、人気のおじいちゃんの自家栽培の野菜も格安で販売している。5キロ2000円の特別栽培米(コシヒカリ)は口コミで買いに来る人もいる。
食の安全が注目されているいま、心と体にやさしいこだわりの自家野菜をゆっくり味わってみたい。そんなこだわりのランチにぴったりの、おすすめのお店です。

営業時間
  AM10:30〜PM18:30  月曜日 P有り 


hatomame01 at 17:30|Permalink

2008年08月01日

茶色の小びん

99b259db.jpg店名: 茶色の小びん
住所:川口市飯塚2−4−1 
電話:048−252−0500
アクセス(グーグルマップ)

心からくつろげる店って、以外とないのよねえ・・・とお嘆きのあなたにぜひおすすめしたいお店があります。JR京浜東北線川口駅西口から徒歩5分、西公民館隣にあるcofee&kitchen『茶色の小びん』です。
「ひとと、文化とピュアな自分に出会う場所」のイメージでつくったという店の雰囲気はまさに癒やしの空間そのもの。その安らぎのあるお店の雰囲気が愛されお昼どきはむろんのこと、いつ行ってもお客さんが絶えない。
オープンして8年。オーナーがこのお店を始めたのは、子育ても終わり、なにか地域の人の役に立ちたいとの思いからだったという。いろいろなことを話たり、勉強したり・・・「みんなが集まれる場所を作りたい」。自宅を改造し、お店のために、コーヒーの勉強をしに学校に通ったそうです。
スタッフはオーナーをはじめ全員が女性で、日替わりで担当している。
店の外観はどこかの国の片田舎にあるプチレストラン、そんな感じ。看板の「ふとっちょ母さん」?の笑顔に出迎えられて、店内に入ると目につくのはキッチンの奥の壁に飾られたコーヒーカップ。
友人でもある「たたらん」(たたらまつりのキャラクター)のイラストレーターが書いたという「メニュー」がまるで絵本のようで、思わず「カワイイ!」と言ってしまう。
メニューは
◎まぐろ漬けどんぶり・・・・・780円。
◎ネギトロ・イクラどんぶり・・・・・780円。
◎海の幸どんぶり・・・・・880円。(写真)
 (まぐろ、イカ、うに、イクラ、納豆、うずらの卵、しその葉)
◎焼きむすびのカニあんかけ・・・・・730円。
◎小びんの特製カレー・・・・・730円。(写真)
  食事をした人はコーヒーor紅茶を200円でサービスしてくれる。
◎トースト・・・・・350円。(サラダ、ジャム付)
◎シナモントースト・・・・・(サラダ、生クリーム付)
◎ケーキセット
 ・Aセット・・・・・700円。(自家製レアチーズケーキ)
 ・Bセット・・・・・600円。(ホットケーキまたは自家製パンプキンケーキ)など。
おすすめは「海の幸どんぶり」。普通、丼と言ったらご飯の上に具がのっているものだけど、別になっていておしゃれなイメージで好評。これは直送していっる築地で考えてくれたメニューだという。
どんぶりの器も抹茶茶碗を使い、これまたおしゃれだ。量的にも丁度いい。
ランチはいつもここと決めている人がいるのもうなずける。
壁面をギャラリーとして提供。8月は「暮らしに生きる書」、「パッチワーク」展。手作り作品コーナーもある。
毎月変わる、壁面ギャラリーを楽しみながら食事と、美味しいコーヒーでホットするひととき。小さなリビングみたいな空間が訪れる人の心をとらえている。
リピーターが多いのも納得! そんなお店です。

営業時間
  AM11:00〜PM19:00  毎日曜、月曜、祝日定休  


hatomame01 at 07:21|Permalink

2008年07月01日

日本料理 おざわ

825057d5.jpg店名:日本料理 おざわ
住所:蕨市塚越1−9−18 
電話:048−443−0950
アクセス:Google MAP


 銀座で修行したというオーナーが腕によりをかけてつくる日本料理をなんと、蕨で食べられる。
今回紹介するお店は、和の伝統を伝える『日本料理 おざわ』です。
JR京浜東北線蕨駅東口から徒歩5分、イトーヨーカドーの斜め前、めぞんきくの1F。

オープンは去年の5月。まだ1年目の新しい店だが、お料理の美味しさが口コミで広がり人気のお店です。
店のこだわりを聞いたら、「和食といえば高いイメージがあるが、リーズナブルに美味しい日本料理をみなさんに食べていただきたい」と女将さんは言う。
「自分たちがゆっくり出来ると思えるお店があったらいいと考えて」お店づくりをしてるだけあって、店内は落ち着いた和の雰囲気で、オーナーが各地で集めた器やさりげなく活けられたお花に季節が感じられ、和の良さが伝わってくる。
その日の仕入れにより替わるおまかせご膳からコース料理までお昼の献立も豊富。
ランチメニューは
◎体にやさしい麦とろご膳・・・・・950円。(旬のお造り、野菜たっぷりの揚げだし豆腐、麦飯とろろ、赤だし汁、香の物)
◎稲庭ご膳・・・・・950円。(野菜天婦羅、茶碗蒸し、稲庭うどん)
  大盛り・・・1100円。ご飯・・・100円。
◎おまかせご膳・・・・・950円。(その日に仕入れによる替わるお膳)(写真)
◎彩どりご膳・・・・・1350円。(お弁当形式でいろいろな料理が楽しめる箱膳。お造り、炊き合わせ、焼き物八寸、茶碗蒸し、ご飯、赤だし汁、香の物)
◎お造りご膳・天婦羅ご膳・・・・・各1450円。(お造り盛り合わせ又は天婦羅盛り合わせ、小鉢、生野菜、茶碗蒸し、ご飯、赤だし汁、香の物、デザート)
◎お楽しみご膳・・・・・1650円。(お造り2種盛り、天婦羅、小鉢、茶碗蒸し、ご飯、赤だし汁、香の物、デザート)
◎コース料理・・・・・3500円から。(「レディース」2400円は要予約)
築地で仕入れる旬の食材を使って作る伝統の味、本格和食は絶品です。
ちなみに私がこの日食べた「おまかせご膳」は、森林鶏の親子煮小鍋仕立て、野菜たっぷり鰹のたたき、小鉢(ひじき)、ご飯、赤だし汁(シジミ)、香の物でした。とっても美味しかった!
そして、この店のおすすめがもうひとつあります。
なんと、ここ『日本料理おざわ』には料理人コンテスト『ぐるなびシェフBEST OF MENU2008』で応募総数1468作品の中から優秀賞トップ10に選ばれた宮本シェフがいます。
なんという料理かって?「山芋万頭(650円)」(写真)です。
もちろん食べて見ました。1つの材料を3通りの調理法を用い、山芋の皮の千切りを巻いて香ばしく仕上げるなど発想が面白い。アンが美味しかった。行ったらぜひオーダーしてみてください。
テーブル席、お座敷、カウンターなどそれぞれに居心地のいい空間で、ゆっくりとした時間がすごせます。サービスも味も値段も満点!おすすめのお店です。

ランチタイム
  AM11:30〜PM14:00  月曜日定休  


hatomame01 at 14:22|Permalink

2008年06月01日

カフェ&ダイニングバー トリニティ

65b04b9c.jpg店名:カフェ&ダイニングバー トリニティ
住所:川口市戸塚東1−11−17
電話:048−297−6446
アクセス:グーグルマップ

 「ペットOKのお店をどっか知らない?たまにはうちのワンちゃんとランチがしたいなあ」と言うあなたにおすすめのお店を見つけました。
今回紹介するお店『カフェ&ダイニングバー トリニティ』は、JR京浜東北線川口駅東口から徒歩7分、ケヤキ通りをSR戸塚安行駅方面に少し歩いて、スーパーマルゴの信号を左折。2つ目の角を左に曲がってすぐの閑静な住宅街の一角にある。コーh−豆と陶器の店・なごみを目印にすると分かりやすい。
去年の9月に出来たばかりの新しいお店。店内の内装から料理、お酒、遊びまでスタッフみんなで作ったこだわりの店だという。店は23席と小さいけれど、落ち着いた雰囲気で、ここは時間もゆっくりと流れているような感じがする。明るくアットホームなもてなしも感じがいい。「日ごろの忙しい時間から気持ちの落ち着く場所へ・・・」――この店のこだわりはそこにあるようだ。

ランチメニューは
◎焼きタコライス・・・・・750円。(写真上)
◎ふわふわチキンオムライス・・・・・800円。
◎照り焼きチキン丼・・・・・800円。
◎ボロネーゼパスタ・・・・・700円。
◎和風クリスピーピッツア・・・・・380円。
◎サービスランチ(日替わり)・・・500円。(写真中)
ガバオ〜タイ風バジルご飯〜などなど。

スタッフおすすめの「焼きタコライス」はこの店のナンバーワンのメニューだ。でも、なんといっても目玉のメニューは平日12:00〜13:00に入店のお客様限定のサービスランチだ。日によって中身が変わるが、この日はライスの上にチキンの照り焼きがタップリとのった1皿で、これに茄子などの夏野菜がいっぱい入ったスープが付いてこの値段はお得です。
ランチメニューを注文するとプラス200円でドリンクセット(コーヒー、紅茶、オレンジジュースほか)。プラス230円でドリンクとミニサラダがつく。
夜はダイニングバーとして料理とお酒、ダーツもあるので遊び場としても楽しめる。お昼とはひと味違った時間を味わえそうだ。

ワンちゃんのメニューもある。
◎山芋のお好み焼・・・120円
◎かぼちゃのパンケーキ・・・300円
野菜のトマト煮・くるくるロールサンド・・・380円
など。
すべて手づくり。ワンちゃん用の中庭もあるので、ワンちゃん同伴でゆっくりランチを楽しめそうだ。

一緒に居心地のよい時間をすごせたら・・・スタッフの優しい気持ちが伝わるお店です。

ランチタイム
  AM11:30〜PM16:00  火曜日定休  Pあり(2台)


hatomame01 at 01:21|Permalink

2008年05月01日

和食 さたけ

5c988c0c.jpg店名 さたけ
住所 川口市東川口4−23−1
電話 048(298)7227
アクセス(グーグルマップ)


「落ち着いた所でゆっくりランチがしたい」というあなたにとっておきのお店を見つけました。
今回ご紹介する『さたけ』は東川口駅から歩いて10分。けやき通りを浦和方面に向かって左側に少し入った閑静な住宅街にある隠れ家というにふさわしい小さな和食のお店です。デザイナーズマンションの1階ですが、中は純和風。
のれんをくぐるとまるでどこかのお宅にお邪魔したような雰囲気の玄関。靴を脱いで中に入ると店主のセンスの良さを感じさせるオープンスペースのくつろぎ空間が広がります。大きなテーブルに掘りごたつの席は8人がけと4人がけの4つ。障子で仕切られた個室も2つあって落ち着いた雰囲気が素敵です。夜は懐石のコース料理が中心なので、ここのランチは穴場かも。
お昼のメニューは「さたけ膳」のみ。小鉢2品とお刺身、主菜、御飯、御椀、お新香、デザートがついて1500円。その日によって中身が変わりますが、この日は「鰆の西京焼」に玉子焼とうどのきんぴらが添えられ、活きのいい「ぶりと生タコのお造り」、胡麻豆腐を牛乳、生クリームでなめらかに仕上げたこの店自慢のクリーミーな「嶺岡豆腐」、今が旬の「わらびの信田煮」、「竹の子御飯」、ふきが入った汁もの、香の物。そして後からデザートに「白玉小豆」が出てきました。鰆の西京焼にはピンクのツツジが一枝添えられ、たけのこ、わらびと旬の素材を使った季節感あふれる懐石料理がお店のこだわりを感じさせてくれます。
夜は月コース(3800円)、雪コース(5800円)、ふぐコース(7000円)の他、単品メニューもあるそうです。
美味しいものを食べると幸せ気分、おしゃべりも弾みます。食後のコーヒーは200円。
落ち着いた雰囲気といい、ゆっくりとくつろげるので女性グループにおすすめ。
ランチタイムは11時30分から14時まで。水曜定休。駐車場あり。


hatomame01 at 18:27|Permalink

2008年03月01日

ザ・海峡川口東口キャスティー店

4367a72e.jpg店名:ザ・海峡川口東口キャスティー店
住所:川口市栄町3−7−1 
電話:048−282−0567
アクセス(グーグルマップ)

 今日のランチはちょっと変わった雰囲気のお店に行きたいなあ。
変わった雰囲気のお店?・・・ ああ、ある、ある。そんなあなたにピッタリのお店が!
今回は、「不思議な個室空間で創作料理が食べられる」と話題のお店を紹介します。
そのお店は、JR京浜東北線川口駅東口から徒歩1分、キャスティー(そごうデパートの隣)の7Fにある、こだわりの和風と無国籍料理『ザ・海峡川口東口キャスティー店』です。
そこは「ザ・海峡」というネーミングに引かれて発見した店で、川口東口の賑やかな場所にあるのに、店内に足を踏み入れればまさに別世界?穴倉のような個室が並び、ややほの暗い照明が幻想的な大人の空間を演出している。なんでも高円寺にある巨大な鶏の唐揚げで有名な海峡グループが作ったお店なんだそうです。

お昼のメニュー(ランチ)は
唐辛子の刺激で疲れた体も元気100倍の
 ◎博多明太子と韓国風キムチ&ネギ・・・・・950円。
ミネラルたっぷりの野菜がいっぱいの
 ◎特製石釜焼きピビンパ・・・・・950円。
海鮮たっぷりのリゾットをトマトソースとチーズの風味が人気の
 ◎海鮮イタリア風雑炊・・・・・950円。
なんと言っても『ザ・海峡』と言えばみんなが知っている「山盛り唐揚げ」が評判の
 ◎若鶏の唐揚げランチ・・・・・780円。はみ出る唐揚げ!はらペコなら即オーダーだよ。この店の一番人気メニューだそうです。

ほかにお刺身御膳、など「美味しさ安全にこだわったザ・海峡ならではのこだわりの和風と無国籍料理」がある。厚焼きトースト280円、おにぎりセット650円などちょっとうれしいメニューもある。
お昼のメニュー(ランチ)を注文+200円で・珈琲、紅茶、グラスビール、グラスワインなど数種の中からチョイスができるドリンクがつく。
そして女性だけにランチ1日10ケ限定のデザートプレートの嬉しいサービスがある。女性は絶対行かなくっちゃ!
 私たちが食べたのは「特製石釜焼きピビンパ」。石釜の中でジュウジュウと香ばしいおこげの香りが食欲をそそる。美味しい。サラダもついてこの値段は安い。ダイエットも忘れて・・・満腹、満足!。
でも、心残りは「鶏の唐揚げ」を食べなかったこと。次に行ったらゼッタイ食べるぞ!

洞窟の不思議空間、竹のスダレをしめると周りの目をきにせず楽しい会話も出来る。デートにもいいかも。店員の人も感じがよかった。ナイショにしたいけど教えたくなちゃうそんな雰囲気のお店です。

ランチタイム
  AM11:00〜PM14:00  無休


hatomame01 at 07:02|Permalink

2008年02月01日

よし藤

33b9be0d.jpg店名:よし藤
住所:川口市並木4−6−18 鯨屋ビル1F 
電話:048−258−3390
アクセス(グーグルマップ)

 美味しいステーキが食べた〜い!それも雰囲気のいいところなら最高なんだけどなあ。

 ランチで美味しいステーキを食べさせてくれる店?・・・おまかせください。「本格的なステーキ、吟味を重ねたお料理と高級感の漂う室内インテリア」で評判のお店をご紹介しましょう。
 そのお店は、JR京浜東北線西川口駅東口から徒歩10分。産業道路沿い(斉藤記念病院そば)にあるステーキ、しゃぶしゃぶの店『よし藤』です。17年前に東京からここに店を構えた。
 店内は評判通りの落ち着いた雰囲気。1脚5万円(オーナー談)するという椅子がお洒落で高級感を漂わせ大人の空間だ。それでいて気どってない雰囲気が人気の秘密かもしれない。
 ステーキの美味しさは素材となる肉選びが重要で、和牛100%、厳選された前沢牛、山形牛を使用しているという。この店のこだわりは「美味しくないものは出したくない」。
 カウンターでは17年焼いても反らないという特注の鉄板でフランス料理歴50年のシェフが目の前で焼き上げて、お客のお皿へ。この鮮やかな手さばき見事な演出がお料理をますます美味しくさせる。
ランチメニューは
◎ステーキサンド・・・・・980円(柔らかいビーフステーキ仕立て)
  (サラダ、味噌汁付)
◎ハンバーグ・・・・・780円(熱々ジューシー鉄板仕立て)
  (サラダ、ご飯、味噌汁付)
◎牛肉煮込み重・・・・・780円(和風仕立てふんわりスクランブルを添えて)
  (サラダ、味噌汁付)
◎ビーフストロガノフ・・・・・1365円
◎ビーフ煮込みハンバーグ・・・・・1470円
◎ビーフシチュー・・・・・1575     
◎霜降りサーロインステーキ・・・・・1785円
◎和牛ヒレステーキ・・・・・1890円 (写真)
◎和牛200gヒレステーキ・・・・・3150円 
(いずれもご飯、味噌汁,お新香、サラダ、コーヒー付)
お得なコースメニュー
◎Aコース・・・・・4200円 
(前菜、季節のサラダ、ヒレステーキ、焼き野菜、ご飯、味噌汁、香の物、アイスクリーム、コーヒー)
◎Bコース・・・・・5980円
(オードブル、季節のサラダ、本日の魚、ヒレステーキ150g、焼き野菜、ご飯、味噌汁、香の物、デザート、コーヒー)
 私たちが食べたのはランチで1番人気とおすすめされた和牛ヒレステーキ。焼き上げたお肉をトマトや醤油ベースなど2種類のソースでお好みで楽しめる。とくにトマト風味のソースは分けて欲しいというお客さんがいるほど好評。マイルドな味で美味しかった。ハンバーグも人気のメニュー。
 ディナーは少々高くてもランチはこんなにリーズナブル。夜だって都内の半額以下で食べられる!
 「初めてのお客さまには感動を、再来店のお客さまには確かな信頼を約束」というコンセプットがリピーターを増やしているのも頷ける、そんなおすすめのお店です。

ランチタイム
 11:30〜14:00 無休 Pあり


hatomame01 at 14:01|Permalink

2008年01月01日

神秘の大木 奥只見一國

e1f0232a.jpg店名:神秘の大木 奥只見一國
住所:川口市並木4−19−10 
電話:048−253−0159
アクセス(グーグルマップ)

 ちょっと大事な人とのおもてなしランチだから・・・と気合を入れて出かけたお店が、落ち着いて会話も聞こえないほどうるさかったり、雰囲気も悪かったりしたら、せっかくの食事もおいしさ半減!
「料理の美味しいのは当たり前、静かな雰囲気とサービスが行き届いてるお店紹介して欲しい」というワガママな要望に応えて、今回紹介するお店は日本料理『神秘の大木 奥只見一國』です。
JR京浜東北線西川口駅東口から徒歩で15分ほど。川口の地でお店を開いて20数余年になり、はじめは小さなおそば屋さんだったが、時代の流れとともに本格的な懐石料理を楽しめる日本料理のお店になったという。お店の入り口にそびえ立つ樹齢750年、直径2.8mのとちの大木は圧巻。産地は奥只見・田子倉湖湖底だという。店内のテーブルはすべて奥只見のとちの木の一枚板でどっしり感があり、贅沢な気分にしてくれること請け合いです。
ランチメニューは
◎日替わりランチ・・・・・1050円(写真)
◎冬の音 旬のミニ懐石・・・・・2520円(限定20食、要予約)
 (先付、前菜、焼き物、煮物、食事、寿司、季節のデザート)
◎一國御膳・・・・・3150円 (創業以来人気の御膳)     
◎和食御膳・・・・・2100円 (天婦羅、刺身)
◎そば重ね御膳・・・・・1575円 (二段のお重に詰め合わせ。開ける楽しさ)
◎一國そば三昧・・・・・2625円 (三種三色食べ選ぶ楽しさあふれる料理です)
◎迷いそば・・・・・2100円 (どこからたべようか、迷い、迷って)
期間限定の秋冬あつあつ鍋焼きメニューも揃う。
◎あつあつ鍋焼き御膳・・・・・1764円
◎奥只見けんちんうどん御膳・・・・・1659円
◎釜揚げ鉄鍋天うどん・・・・・1449円
◎鉄鍋温玉カレーうどん・・・・・1354円
メニューが豊富で、盛り付けもきれいでどれも美味しそう。どれを食べようか迷ってしまうほどだ。
そのなかでも絶対おすすめなのが20食限定の「旬のミニ懐石!」
焼き物の安肝砧巻き、煮物の和風ポトスなど全て和の職人の手造りだという。
子ども連れでも気軽に楽しめるようにと全室「完全個室」なのも嬉しい。リーズナブルな予算で本格懐石料理が食べられ、常連になりたいと評判のお店です。

ランチタイム
 11:30〜15:00 第3木曜定休 Pあり


hatomame01 at 18:16|Permalink