噂のキンプリを見てきました。

KING OF PRISM by PrettyRhythm

キンプリ


元ネタであるプリリズをほぼ知らなかったのでTLで見かけて気になったものの中々手を出せずにいたキンプリを、追加上映するということで見てきました。
プリリズを知らなくても問題ないというか、そもそもそれ以前の問題だからその辺は気にしなくていいと言われたからです。

実際、カオスでした。冒頭でやばいと思ったアニメは久々です。
男性アイドルものの括りなのですがどちらかというとノリはイナイレに近いものを感じます。というか、途中のストリートファイトは完全にイナイレに近いものを感じる。後遊戯王とかその他ホビーアニメを通っている人間には割かし受け入れやすいノリだと思います。それらの倍くらい、スタッフさんは何かキメておられるのだろうか…?と思う映画ですが。

私は比較的ホビーアニメを通ってきていて、イナズマイレブンの映画を何の違和感もなく熱いラストだったね!と言いきれるくらいこういったものに順応性がある方なので割と中盤くらいから慣れてきた感がありましたし、ストーリーについて考える余裕も出てきて面白かったし、正直同じような遍歴の友人に見せたいがためにDVDの購入を真剣に考えるくらいある意味素晴らしい映画だと思ったわけですが、一緒に見に行ったそう言ったジャンルに一切の耐性のない方(二回目且つ私より爆笑していた)もちょっとDVD欲しいかもと思うほどなので、ホビーアニメ系の「考えるな感じろ」系が好きな方には勿論ですが、そうでない方にも一度視聴をおススメします。
勢いが本当に凄まじいので日々の生活で疲れが溜まっている方に特におすすめ!!

以下、感想。
ネタバレですがこのアニメはネタバレなんてあってないようなものというか、未視聴には理解できない単語の羅列になること必須。書いている人間はプリリズの知識ゼロです。よく分かってないです。且つ視聴後はよく分からん衝撃とシックスパックくらいしか記憶に残っていなかったので内容とかセリフとかは完全なうろ覚えです。フィーリングで頑張って読んでください。

ただ割とマジでこれから見ようかなーって考えている人はまっさらな状態で見た方が絶対にいいと思うので読まない方がいい。事前知識はない方がいい。絶対にいい。



物語としては結構単純で、主人公のシンくんがとあるアイドルグループ(本編で出てくるらしい)のライブを見て感動、追いかけて後輩になる。主人公には類まれなき才能があり、それを目の当たりにした先輩たちは主人公に自分たちの役目を譲り渡し、引退するという話。主人公たちの派閥を潰そうとたくらむライバル事務所みたいなところと戦うみたいな話なんですが、何分尺が50分くらいしかないので基本的に主人公の才能すげーっていうのと先輩たちの引退決意に重点が置かれている感じです。
プリリズを知らない人達のために先輩三人の馴れ初めという名の総集編のようなものが流れるのですが尺が50分ということだけ事前に聞いていた私はそれで尺を使いきらないかひやひやしました。ところでそのうちのヒロくんがあの、総集編からも分かるようにちょっとこの子情緒不安定なヤンデレなのかな?的な空気を感じ取りましたがもしかして大分前にTLで何度か見かけた「ヒロ様」って彼のことなんでしょうか。(あの時はまたホビーアニメにヤンホモが出たのかな?くらいの認識)

この世界ではプリズムショーというライブが人気を博しており、全てはそのショーの評価で決まると言う、なんとも元決闘脳には優しい世界観。分かりやすい。ただ勝敗はいかに多くの人間をときめかせるかに重点を置いており、何となく先に相手をときめかせて骨抜きにした方が勝ちなのかなくらいの認識でいます。フィギュアスケートみたいに氷上からスピンを決めるのですが、それが必殺技のタイミングっぽい。
実際冒頭の先輩たちのプリズムショーからかなりぶっ飛んでおり、場面がマジで二転三転するため全てを把握しきれないまま何が何だか分からずにライブを終えたのですが、とりあえず三人が女子のときめく自転車二人乗り編、みたいなのを実践しながら自転車を全力で漕ぎ、でも公道の二人乗りは駄目だよ、と交通ルールを教えたシーンはとても印象に残っています。
ちなみにこの時点ではまだ全くこの作品の電波に耐性ができていないので終始肩を震わせていました。あと主人公がときめきすぎて喘いでいた。以上。

主人公はプリズムショーの興奮が冷めやらなかったのか笑顔で自転車に乗って土手ダイブをやらかし人に衝突しかける事故未遂をしていたのですがこの時点でお話はプロローグだったのです。笑い過ぎてすでに涙目です。

そこからとりあえず学園に属する寮生たち、仲間たちとの出会いが続きます。歌舞伎役者の女形と、その付き人のような女の子にしか見えない男の子、小学生にしか見えない男の子(プリリズの誰かの弟らしい)、不良少年、初見完全に寮母だと思っていた人、これらが今後主人公と一緒に踊ってこの寮を守っていくであろう仲間たちですが、残念ながら尺の都合上ほぼ、キャラは掘り下げられておりません。寧ろ公式のキャラ紹介のところの方が情報が多いレベル。

その後主人公をプリズムショーへと誘った謎の美少年が出てくるのですが本当に謎のまま終わります。後編の予告で次元を超えて主人公に会いに来たみたいなことが明らかになるのですが(次元を超えるのは遊戯王で慣れている)今作ではただ不思議な少年でなんとなく敵らしいという情報しか出ずに終わります。後編の目処が今のところ立っていないらしいのでこのままだと公式で意味ありげに主人公と背中合わせしているキーパーソンという立ち位置を一切活かせずに終わってしまいそうです。

で、先輩たちの馴れ初め。多分本編の総集編みたいな。どうでもいいけどヒロ様が情緒とともに声も低くなったり高くなったりして一切の情報を知らない私はこの子人格が三つくらいあるのかなと思いながら見てました。総集編だけ見た感想ですがヒロ様とコウジくんの痴情の縺れみたいなあれそれに(一方通行っぽい)君イナイレに出てなかった?と言わんばかりの褐色少年が巻き込まれてしまった可哀想な構図にしか見えなかったんですが本編は果たしてどうだったのでしょうか。気になるところです。

ところでそのライバル事務所の社長は声がダメ男の方のミキシンなわけですが、本編中もその悪役っぷりを如何なく発揮し、ひたすらバラの鞭を振るったり高笑いしたり、ビルの最上階で優雅にバスタイムと洒落込んでいたので普通に「仕事しろよ」って思いました。

先輩たちが進路について悩む中、カヅキくん(イナイレ出身者)が敵の刺客に襲われストリートファイトをするというのが物語の中盤の山場なんですが(50分の尺を考えると序盤中盤終盤にプリズムショーがあるという完全なるジェットコースター構成)それがまさにイナイレの必殺シュートの応酬のようなダイナミックっぷり。
どうでもいいけどその時不良少年がカヅキくんに向かって「あんたはもう昔の憧れてたあんたじゃない」みたいなかなりきついことを言ってたのですが尺の都合上次の瞬間にはそのごつい刺客が現れ「はああ!?カヅキ先輩がお前に負けると思ってんのかよなめんなクソが!」みたいな庇いをするので見てるこっちはかなり熱い手の平クルーを見た気分になります。ついでにカヅキ先輩もここで戦ったらみんなに迷惑がかかると無視しようとするのですがたった一言煽られただけで簡単に試合に乗ってくる単純っぷりだったのですが多分9割方尺の所為です。

で、問題のシーン。シックスパック。もうね、これ考えた人天才だと思う。それか絶対キメてた。間違いない。
敵がカヅキくんの攻撃を受けるんですけどそれがまさかの鍛え上げられた腹筋で、ブリッジ決めながら受けるんです。「シックスパックなんちゃら」という技名とともに。なんちゃらは聞き取れませんでした。シックスパックの衝撃が強すぎて。
段々プリズムショーに慣れてきて完全に油断していた腹筋にこの攻撃は卑怯だよー!シックスパックくん卑怯だよー!(名前が一切思い出せない彼)
戦いはドローになるのですが倒れた二人のレオタードのような衣装はなんだかすごく露出がえらいことになっており、シックスパックくんの体勢がうつ伏せだったのがスタッフの良心なのかなって思いました。

その頃の主人公はというと才能の片鱗を見せて仲間たちを骨抜きの腰砕けにしていました。
コウジ先輩はそれを見て、引退を決意します。

その後はなんだかんだあって、先輩たちの解散を発表し、悲観に暮れるファンの前で主人公が踊り大々的に世代交代をしていくというラストなんですが、もうそのころにはすっかりキンプリの世界に毒され、じゃなかった順応していたのでいい歌だな、としんみりするまでに至りました。でもやっぱりプリズムショーの途中でコウジくんが銀河鉄道的お別れをし、そのままマジで会場からいなくなったときは不意打ちで吹いたのですがそれ以外は本当にしんみりしていました。本当です。
悲しむファンを前に、プリズムショーはみんなを笑顔にするんだ、と主人公は立ち上がります。そして本当にみんなを笑顔にするのです。感動。そのころには割かし冷静に、先輩たちは虹を超えていったけど、主人公を太陽を超えて、それを抱きしめるのだな、と深く頷きました。意味は私もよく分かりませんがきっと電子ドラッグをキメていたのでしょう。

EDはとてもいい歌でした。CD欲しいです。


とにかく50分の尺とは思えない濃密な映画でした。ちなみになんだかんだで最後は感動的だった、と感想を述べると一緒にいった仲間にマジかよ、という視線を向けられましたが多分ホビーアニメを通った人には通ずるものがあると思うのです。まあ、爆笑はするけど。慣れるまでの衝撃は大きいけれど。私が見に行ったのは普通の上映の回でしたが、夜の応援上映は会場含めてもっとカオスなんだろうなと思っています。
とまあ正直完全初見でもなんら問題なく、しかも本編に具体的な世界観の説明も一切なかったにも関わらずとっても楽しめたので勢いを楽しめる人には超お勧めの電子ドラッグ映画です。
ちなみにその後ごはんを食べながら作った人は絶対にキメてる。じゃなきゃおかしい、という結論が出ました。続編心からお待ちしております。