hatsuden365ブログの12、743人の読者様、おはようございます。

hatsuden365.comニュースです。

今朝は、NHK朝のドラマ『まんぷく』を見ました。

世界初の『即席ラーメン』が誕生する場面を初めて見ました。

私が初めて食べたのが、小学生のころですので、約50年前になりますね。
1960年当時は、乾燥面と言えば、「そーめん」や、「うどん」、そして、「そば」、「棒ラーメン」でした。
(他界した母の調理してくれた後ろ姿が目に浮かびます、懐かしい❗❗)

どんぶりに『即席ラーメン』を入れて、沸騰したお湯をそそぎ、3分間待っと『即席ラーメン』が食べられるラーメンはとても驚きました。

当時のラーメン店のラーメンは、うどん屋さんのうどんの価格の倍くらいの価格でした。
即席ラーメンの秘話が、NHK朝のドラマ『まんぷく』を見ると経営者の苦労と、家族の支援に感謝します。