hatsuden365ブログの21,824人の読者様、おはようございます。

今日は、過日、NHKニュースで報道されました、日本企業の知的財産権を守るために、国会議員様が会合を開き、「『日本版NEC』の創設の必要性が高まった。」と発表された事を、マスコミが報道されました。

『日本版NEC』とは何か❓

マスコミ報道のアドレスです。

https://mainichi.jp/articles/20190320/k00/00m/010/197000c

昨年から世界の大国の米国と、中国の経済摩擦は、関税引き上げ、引き下げだけではなさそうです。


アメリカと中国の貿易摩擦が、知的財産の侵害等々の問題に発展し、交渉が難航していることは事実のようです。

日本の企業の技術や、金融等に、ハッカーが侵入する時代です。

政府に対して、1990年代に入り、米国は、サイバーテロ攻撃や、産業スパイ行為を米国企業や、米国政府のサーバにハッキングされていることからも、光通信ネットワーク社会の弱点は、情報が漏洩したり、情報が盗まれている現状で、サイバー攻撃は、インターネット環境は、「戦争地域」と米国のオバマ元大統領が世界に提言されていました。


世界の貿易が、物と物の交易から、相手国内のサーバーに接続できる時代が来たからこそ、新たな対策が必要不可欠との趣旨で、自民党の議員連盟は、米国と、中国との「経済戦争から日本企業を保全することが急務だ」と考えられたようです。

その提言を進めると同時に、日本版NECの創設を正式にまとめました。と報道されました。

先月から開かれています、第198回通常国会は、日本の中小企業の知的財産権を守るために、特許法を一部改正されます。

今回の特許法改正の一番の特徴は、新たに、『験証人』制度です。

詳しくは、特許庁で閲覧できますので検索下さい。
https://www.meti.go.jp/press/2018/03/20190301004/20190301004.html

結論的には、裁判所に特許権侵害している企業の製品、製造工場、または、工法は、工法を使用した利益を上げしている現場に『検証人』が立入検査を裁判所が、特許権侵害している企業に対して、要請する法律のようです。

原告は、被告に対して、証拠提出することで裁判する事ができますが、被告の製品がどうしても収集できない理由があれば、裁判所が『検証人』を派遣し侵害しているか、侵害していないのかを中立な立場で、知的所有権の専門家(弁護士・弁理士)の判断を参考にする法律改正のようです。

従いまして、被告側は、特許権侵害しているか、侵害していない事を証明しなくては営業できなくなるのです❗❗

企業は、自社独自の技術研究し、市場に販売する為には、知的所有権の侵害は中小企業にも大きな問題と言えます。

hatsuden365社は、1998年から光通信と無線システムの電力回路と通信回路に侵入していたノイズを
大地のどの地層に流すかを研究してきた企業です。

従いまして、アース理論を建築だけでなく、航空機・自動車・人工衛星等々の電子機器とノイズと、アース理論を確立した企業といえます。
航空機工学のアース理論を建築物に応用した企業と言えそうです❗❗