hatsuden365ブログの読者様、おはようございます。

新年号『令和』が5月1日に、スタートしまして、約2ヶ月が過ぎました。

平成時代から、新年号『令和』がスタートし、世界の国々の政治経済と、企業のリーダーの選択と決断の報道を見ている中で、あらゆる組織や団体は、青年があらゆる意味で学ばなければ、競争社会では、生きて行けないと言えそうです。

今朝のB/Sニュース報道された中で、私が予想していた新時代のリスクが報道されていました。❗❗

FB_IMG_1504206249937


『5G社会の利点と弱点』です❗❗

『5G』の利点は、情報量の多さや、スピードの速さの利点の報道がされています。
一方で、『5Gの欠点』とは何か❓

地球温暖化による、海水温度上昇による低気圧の巨大化した雲からの落雷・稲光と全ての電波によるサージ電流対策なのです❗❗

更に、自然界の驚異であります『地震津波』です❗❗

昨日の夜、新潟県で地震津波が発生し、停電しています❗❗

20160807_132703_HDR


落雷対策としては、特許庁の見解では、hatsuden365社が特許確定しました、特許番号6153000・5252272・4441724 ・ 4143691・4599884の特許確定しました技術の必要性と言えそうです❗

20170221_113035


屋外灯の上に5Gのアンテナ📡を配置するシステムも、低い建築物にアンテナ📡を配置するシステムも、hatsuden365社は、対策特許確定しました。

地震津波災害時に停電しても、電子機器を動作させる技術とは何か❓

その答えは、自然界のエネルギーを集めて発電する技術なのです❗❗

その発電システムを『ハーベスティング発電』と申します❗❗

その『ハーベスティング発電』システムが、特許庁から特許権確定しましたと、連絡が来ました❗❗

コンサルティング致します。

特許確定しました技術も皆様に許諾します。