このなかで、日中体をあまり動かさなかった子どもほど入眠するまで時間がかかり、昼間に静かにしていた時間が1時間増すごとに寝入るまでの時間が3.1分ずつ増えていた。また、早く寝入る子どもほど睡眠時間が長かった。一方で、就寝時間が夜9時以降という場合や、テレビを見た時間数などは、寝入るまでの早さに影響していなかった。 よく眠れない子どもや睡眠時間の短い子どもは、学校での成績が悪かったり、肥満児になる傾向があるため、今回の発見は重要だ
実験では、7歳児が対象となっていますが、これは決して、子供だけに限った話では、ない気がしています。個人的な考えでは、肉体と精神、どちらも使う事により、どちらにも適度な疲労を与える事で、深い睡眠が得られると思っています。

深い睡眠は、育毛髪の成長には欠かせません。生理学的に、年々眠りは浅くなっていくものですが、なんとかして、この深い眠りを手に入れる事が、育毛だけではなく、人生をそなりに充実したものにする秘訣の、一つだと思います。

以前紹介した、NHKのためしてガッテンでも、中高年の不眠、浅い眠りについて特集していましたが、浅い眠りを解消する方法の一つに、夕方運動をする。といった方法が、紹介されていた様に思います。肉体労働等のご職業の方は、その様な必要はないと思いますが、そうでない場合は、何かの折を見つけて、少しでも体を動かすという事を習慣づけるのが良いかもしれません。

エレベーター、エスカレーターの代わりに、階段を使うといった何げない事でも、効果はあると思います。 私も時間がある時に、散歩といいますか、歩く事を少し心がけています。有酸素運動は、AGA、DHTの働きを僅かでも抑制できる可能性があるので、その面でも、メリットはあると思います。

本サイトがメインです。よかったら、ご覧になってください。独自育毛法のコーナーに、現在の私の考えのほとんどが、掲載されています。発毛・育毛体験