ブログを書き始めた理由を書こうと思う。
何を今更、って感じなんだけど、
いつもこっそり覗いてるblogのTB祭りのテーマなんで、
参加してみようかな、と思って。
片付けられない女魂→9/14 blog本発売決定♪)


私の場合は本当に日記の延長だった。
もう管理人本人すら忘れてる存在だけど、自己満足のHPが(今も)あって、
それに書いてた日記。
2002年くらいから書いてたみたい。
なんか日記の背景がそっけないな〜、何とかしたいなぁ〜と思ってたら
ブログなんてものがあるっていうんで、ブログで検索して
一番上に出てきたこのlivedoorに早速移ったってわけで。
2004年の4月のこと。

日記を書くのは前から好きだったと思う。
文章を書くのが好きだったし、若い頃は少なからず「ちょっと才能あるんじゃ?」
なんて思ったりもしたりしなかったり。
今思うと、「好き」って気持ちとそこに向かってとにかく頑張るだけ頑張れば、
文章を扱う仕事には就けなくても、今より全然文才があったような気がする。


とにかく、ブログに日記を書くようになって、
ブログがどんどん世の中に浸透するにつれて他人のブログを読むようになって、
楽しみも増えたし、落胆することも増えた。
この人の文章、上手いなぁ・・・って。
今、この記事を書こうと思って2004年春当時の日記を読んでみたけど
間違いなくただの日記だったな。
時々気が狂ってポエムとか書き出したりしなくて良かったと思う。


学生の頃はDEATH NOTEばりの日記で、ホンネ中のホンネをノートに書いてたけど
ブログって見知らぬ人とはいえ人が見るもの。
できるだけホンネを書いてるけれど、やっぱり都合の悪い部分は消したりする
ことはあるなぁ、と思う。
多分、知り合いも見てるからかな。
人間だから、そんなこともあるよねって、これまた都合よく解釈してるけど。

でもネット上で守っていることがたった一つあって、それは
「今の仕事上で付き合いのある人にはゼッタイにHPやブログの存在を知らせない」
ってこと。もちろんmixiも。
少しでもホンネを隠さずに言えるような環境で。
間違いなくただの日記だからこそ、これだけは守りつつ、
これからも自己満足な日記を晒していこうと思ってる。