八田真田八わーるど

作者「八田真田八(はったまたはち)」が創作した回文川柳やフォト俳句を中心に、写真・絵画・文章を載せます。

IMG_2920
スマホ無く人待ちしこと秋の雲
   良蕉
 スマホなく ひとまちしこと あきのそら
季語:秋の雲(秋)
八尾良蕉の自己分析:写真の被写体は、この年の春、仲間と共に渡る事ができず、この地に残らざるを得なかったオナガガモの雌(メス)と捉えています。即ちまたこの地に渡り戻ってくる「友」を待っている状況かと…。
 句はスマホにどっぷり浸かった実態のように詠んでいますが、実は私、スマホは未経験です。失礼ながら「こういう方もいるのではないか」との推測で詠んだ句です。


ブログランキング
ブログランキングに登録中。この花の画像を押して応援してください。
私の順位は!!??
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

(9月23日の事である。)

やっと、パソコン故障以前のペースに戻ってきたようである。
久し振りに、鴨川のちょっと遠い範囲の鳥の状況を把握しておきたく感じた。
本日は曇りで、写真写りは上々ではないであろうが、まぁよしとしよう。
いつものママチャリで出掛ける事にした。

IMG_2900
おぉー!
世間には、今、ヒガンバナが咲いていたのか!
他の方のブログではよく見られたが、自分が目にするのは、今年は初めてである。
何とか間に合ったという感じであろうか!
IMG_2897
離れて撮る方がいいか!
丁度、遠方にアオサギもいる。
アオサギが、ヒガンバナに隠れないようにしながら入れ、ヒガンバナを主体にして撮るか!
いやいや逆に、ヒガンバナを前景にして、ヒガンバナと分かる程度に入れながらボカし、アオサギの方にピントを当てて撮った方がいいかも知れない。
いやいや、それでは、アオサギが遠すぎる。
色々悩んでいるうちに、アオサギが逃げてしまっては元も子もない。
やはり、ここは、前者の狙いで撮ってみる事にした。
うん! なかなかいいではないか!

しばらく進むと、1羽の鴨が見えてきた。
1羽即ち、単独行動である。
マガモ…?
いやちょっと雰囲気が違うな…。
IMG_2917
やや、マガモより小さい感じがする。
コガモ程小さいという事はなく、ヒドリガモと同じか…ヒドリガモよりやや大きい位か…?
それに何となく、繊細で…か弱く…上品なイメージ…?
いや、マガモが図太く、荒々しく、下品と言っている訳ではないのであるが(モゴモゴ)…。
IMG_2918
嘴(くちばし)が真っ黒だ!
それに、尾がちょっと長いようで、後方にシュッと伸びている感じである。
オナガガモ!?
オナガガモの雄(オス)であれば、エクリプスであったとしても、嘴に青灰色の部分が見られるであろうが、これには見られず、真っ黒である。
という事は、これはオナガガモの雌(メス)…!?
IMG_2920
オナガガモがもう既に、北の国から、渡って来てしまったのであろうか!?
まだ9月の末である。
ちょっと早すぎるのではないだろうか!
それに、周囲に仲間が見られない。
という事は、本個体は、今年渡れずに残ってしまった「残り鴨」!?
ちょっとか弱く見えたのは、何か、渡りに加われなかった身体的事情を持った個体なのかも知れない。
…とすれば、その個体が、この厳しい夏を乗り切ったのである。
褒めてやらねばいけないであろう。
エラい!! よく乗り切ったぞ!!
もうすぐ仲間も渡ってくるぞ!!
仲間との再会が待ち遠しいであろう。

さらにチャリで進むと…。
今度は、対岸に、黒い鴨のような子鴉のような鳥が…!
IMG_2955
あっ!!
あれは、オオバンだ!
この夏、7月末にこの辺で1羽見かけた。
IMG_2954
あっ!!
太い草の根元辺りを盛んに突いているな。
あっ、食べたようだ。
オオバンは、川の中の植物質だけでなく、川岸の大型植物も食するのだなぁー。
それとも、この夏、こういった物も食べるようにして、生き残って来たのであろうか。
IMG_2959
あっ、こちらにむかって来た!
どちらにしても、この個体も夏を乗り切ったのだなー!
IMG_2966
オオバンは、「渡り鳥」とまではいかず、「標鳥」の仲間ではある。
しかし、仲間が全く見られない所をみると、やはり、この辺の気候は、夏場を過ごすには不適切であったと思われる。
このオオバンも褒めてやらねばなるまい
エラい!! 君もよくこの夏を乗り切ったぞ!!
もうすぐ仲間もやってくるぞ!!
仲間との再会を祈る!!


ブログランキング
ブログランキングに登録中。この花の画像を押して応援してください。
私の順位は!!??
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

IMG_2837 (2)
少年の素なる眼差し秋澄めり
   良蕉
 しょうねんの すなるまなざし あきすめり
季語:秋澄む(秋)
八尾良蕉の自己分析:少年に限らず、素直な目・素朴な目はいいものです。


ブログランキング
ブログランキングに登録中。この花の画像を押して応援してください。
私の順位は!!??
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ