八田真田八わーるど

作者「八田真田八(はったまたはち)」が創作した回文川柳やフォト俳句を中心に、写真・絵画・文章を載せます。

(10月20日の続きである。)

さらに鴨川河川敷の道を歩いた。

IMG_2662
おーっ!
30m位前方に、朱色の何か鮮やかな色合いの植物が見えて来た。
あれは葉っぱか…? 実か…? 花か…?
IMG_2663
どうやら…「実」だな…!!
「朱色の実」…!?
ピラカンサか…!?
成る程!
「赤」になる前の「朱色」か…!
IMG_2664
これから、冬にかけて、段々真っ赤になって行くんだな。
「真っ赤なピラカンサ」もいいが、「朱色のピラカンサ」もまたいいものだ。

橋を渡って、対岸に行ってみる事にした。
橋を渡っていると、橋の影の水面に鳥が見えた。
IMG_2668
あっ! だ…!!
番(つがい)だな。
IMG_2669
マガモの番だな。
ここのは、もうオスが繁殖羽のようだ。
色々だな。
これもこの秋、北国から渡って来たマガモなのか、この鴨川にて「夏越し」したマガモなのか分からない。
IMG_2672
通常8月下旬~9月上旬に数羽のグループの鴨が先触れのように北国から飛来するが、それを「初鴨」というらしい。
ここ京都鴨川のこの辺りでは、「夏越し」するマガモが居る為、「夏越しした鴨」なのか「渡って来た鴨」なのか分からない。
という事は、京都鴨川のこの辺りでは、マガモに於いては、今後ほぼ半永久的に「初鴨」の句が詠めなくなってしまうではないか…!!??
…それは、ちょっとな…。

対岸に着いた。
IMG_2656
あっ!
今、私の足元に居た、緑色の生き物が60cm位跳んで移動した。
おそらくバッタだ。
「雉(きじ)も鳴かずば撃たれまい」!
もし、跳んで逃げなかったら、私もバッタの存在に気付かなかったであろう。
画面の中央位に居る筈だ。
一応、写真を撮っておこう。
カシン! カシン! カシン!
そろり…そろりと近付いてみる。
IMG_2658
あっ!
本体が見えた!
ショウリョウバッタだ。
このデカさはメスだな。
「産卵前」で、殆ど飛べなかったのか…?
いや、特に「産卵前」という事でなくても、メスは身体が大きいので、オス程は、高く・遠く飛べない。
IMG_2659
これだけ近付いても、今度はまだ逃げない。
ハッハッハッハー… 自身の「保護色」を「過信(かしん)」しているようだな。
残念だが、私にはあなたの存在はお見通しだなんだよ。
カシン! カシン! カシン!
おっと、そういう私も「カシン」している…!!



ブログランキング
ブログランキングに登録中。この花の画像を押して応援してください。
私の順位は!!??
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

IMG_2655_LI
有ると言へば有るのかもちふ栗の実よ  
  真田八
 あるといえば あるのかもちゅう くりのみよ
被写体:毬栗
季語:栗の実(秋)
真田八
 「謎解き」と聞けば、鑑賞者はまず「写真」を隠し、「句」のみを読む。
 「謎解き」であるから当然意味は分からない。
 そこで鑑賞者は、ああいう事かこういう事かと色々想像を巡らす。
 例えば、この句であれば、
 ① 栗の実が殆ど入っていない栗ご飯の事…?
 ② 栗狩りに行ったが、栗が殆ど生ってない木ばかりだった…?
 ③ 栗のイガを開いたが、たいへん小さな栗の実で、中身が無いんじゃないだろうかと思われる…?
 等である。
 その後、隠した「写真」を見てみる。
 「おーっ! ③であったかー! そうだと思ったんだー!」とか、それぞれ個別の感想を抱く。
 これが一応、「謎解きフォト俳句」の正しい鑑賞の仕方である。



ブログランキング
ブログランキングに登録中。この花の画像を押して応援してください。
私の順位は!!??
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

IMG_2648
あつぱれの日本ラグビー大感謝   
良蕉
 あっぱれの にほんらぐびー だいかんしゃ
季語:ラグビー(冬)
被写体:柿落葉
良蕉:  
  柿落葉の形はラグビーボールに似てました。

  今回のラグビーw杯、日本代表はよくやりました。
  日本は「ティア2」(ティア…強さのランク)です。
  「ティア1」のアイルランドやスコットランドを破って、リーグ1位になってベスト8になった…
  それだけで、もうミラクルです!
  お見事日本代表!! 有難う日本代表! 大感謝です!!



ブログランキング
ブログランキングに登録中。この花の画像を押して応援してください。
私の順位は!!??
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ