八田真田八わーるど

作者「八田真田八(はったまたはち)」が創作した回文川柳やフォト俳句を中心に、写真・絵画・文章を載せます。

(3月22日の続きである。)

植物園の「閉門」の時間(午後5時)が迫って来た。
もう一度、あのヨシガモを写してみたい
さっきは、眼に光が入らなかった。
ヨシガモの居た池の方向に向けて進んだ。

また、スズメらしき鳥が二羽、路上に居るのが見られた。
IMG_7032
スズメじゃない!!
またまたアオジである。
今度は番(つがい)か!?
IMG_7041
1羽は眼の周囲に幅広の黒色、嘴(くちばし)の直下まで、ヒゲのように生えた黒毛
これは完全な雄(オス)の特徴である。
IMG_7017
もう1羽は、眼の周囲の黒色がはっきりしていない
これは雌(メス)の特徴である。
という事は、やはり今度は「雌雄番(つがい)のアオジ」の可能性が高い。
アトリの雌雄の特徴と似ているなぁー…。
IMG_7048
ちょっと小さ目で細長い形のピンクの可愛い花が…!!
これも桜の1種らしい。
(またまた名前を忘れました。)

ヨシガモの居た池に戻った。
閉門(夕方5時)近いが、まだ太陽光が射していた。
やれやれ有難い。
眼に光が入った写真が撮れる可能性が残っている。
IMG_7051
ヨシガモは陸に上がっていた。
さっきとは違う状況が撮れる!!
ここだ!!
カシン! カシン! カシン!
IMG_7050 (2)
眼に光の入った写真が撮れたっ!!
「完璧」ではないがピントも合い、私としては「かなり」の写真が撮れた。
素直に嬉しい!!
(クリックして大写しで見て下さい。)
IMG_7067
さっきは気付かなかったが、同じ所にアオサギも居た。
IMG_7070
通常のアオサギより小さめだし、コントラストがはっきりしていない。
どうも幼鳥のようである。
IMG_7057
池の近くの、さっきも写した辺りの木の枝にまたまたハシブトガラスが居た。
やはり、殆ど逃げようとしない。
周囲にカラスは居ないので、来た時見たのと同じ個体ではないだろうか!?
桜の花をバックに「美し」さと「妖しさ」をない交ぜにしたような雰囲気を醸し出している。
IMG_7059
こちらを向いた。
凄いアピール感のある正面写真が撮れた!!
さっきのヨシガモと並び、本日の「自選二大優秀写真」と言えよう。
IMG_7077
本日最初に、遠くの方にツグミが見られたが、ここにもツグミが居た。
たいへん近くに居て、「逃げないツグミ」に近い。
このツグミも、もうすぐ「渡り」に参加して、北方に行ってしまうのであろうか…!?
IMG_7089
桜の木にヒヨドリが居た。
IMG_7098
花の蜜を吸っているようである。
最近のスズメと違って、この個体は古来からの蜜の吸い方をしている。
最近のスズメは、桜の花の根元から食いちぎって蜜を吸う「桜花食いちぎり型吸蜜法」を身につけた個体が多くなったとの説がある。
しかしまた、この「吸蜜法」は江戸時代からあったという説もあるらしい。
時々、花びらが5片くっついたままの状態で落ちているが、あれが「桜花食いちぎり型吸蜜法」の末路らしい。
あれをされると、「正常な受粉」ができないので、花の繁殖にとっては大変困った「吸蜜法」らしい。
しかし、ソメイヨシノの場合は接木(つぎき)で増やされるので、あまり関係ない事なのであるが…。
IMG_7101
「何か言っているようだな。」と言った表情でこちらを見てきた。
すみません、あなたの事ではないのです。

本日は平日の為か、植物園は空いていて野鳥を撮影し易かった。
休日はこうはいかないであろう。
有給休暇を取っていた娘も付き合ってくれ、なかなか楽しかった。


ブログランキング
ブログランキングに登録中。この花の画像を押して応援してください。
私の順位は!!??
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

(3月22日の続きである。)
植物園内の道をさらに進んだ。
IMG_6975
また枯蓮(かれはす)の池があった。
最初の枯蓮の池よりはかなり大きい。
あーっ!! 
モズらしき鳥が居た!!
…けど、写せなかった…。
IMG_6961
近くの道には、木の実がいっぱい落ちていた。
うわっ!! 何の実だろう!?
IMG_6962
樹上を見上げると、まだいっぱい残っている。
木に名札が付いていた。
「フウ」らしい。
そうい言えば、以前行った宝ヶ池には「モミジバフウ」の木があった。
その仲間のようである。
IMG_6971
池の畔(ほとり)にシロハラが居た。
ここ(植物園)にも、シロハラが居るのだなぁー…。
シロハラは、「山」でなくても居るものなのだなぁー…。
しかし、シロハラは撮りやすいなぁー…。
時々、ピタッ、ピタッ…と留まってくれるのが実に有難いなぁー…。
何の為に留まっているのか知らないが、私にとっては「今、撮ってね。」と言っているように思える。
IMG_6967
あっ!!
何かの鳥が水を飲んでいる。
ヒヨドリか…!
水を飲むヒヨドリを見るのは初めてである。

「枯蓮の池」を後にして、さらに道を進んだ。
IMG_6954
これは、ツツジの仲間か…!?
所々に花が咲きだしている。
IMG_6953
あっ!!
またシロハラが居た!!
しゃがんで、藪の中を覗き込んだらよく見えた。
石の上に乗るだろうなと思っていたら、乗ったので捕えた。
ホントにシロハラは、行動も予測し易い。
有難い鳥である。
「初心者向けの野鳥」という事になろう。

さらに道を進んだ。
IMG_6986
あっ!!
エナガだ!!
これはどういう訳だ!!
エナガが唐突に私の目の前に現れた!!
僅か1m位の正に「眼前」である!!
IMG_6994
しかも、2羽居る!!
2羽が、クルクルクルクルと入れ替わり立ち代わり、何かしている。
これは、遊んでいるのか!? 採餌の一環なのか!?
それとも、2羽で私を翻弄しに来たのか!?
IMG_6996
こんなに目の前に、エナガが現れてくれたのは初めてである!!
しかし、撮りにくいなぁー!!
行動予測不能である!!
シロハラとは全く違う動きだなぁー!!
シャッターチャンスも何もあったものではない。
いい構図になったと思ったら、すぐ次の行動に移りるので、チャンスを待っていたら駄目だ!!
絶えず、シャッターを切って行こう!!
IMG_6998
正面からも写せた!!
…というより、偶然、正面写真も撮れたと言った方が当たっている。
2羽一緒の所を撮りたいが、距離が近すぎるのと、動きが早すぎて私には無理である。
IMG_7005
殆どの写真が、ボケボケで、全く写ってない写真も数枚あった。
何とか、観賞に堪える写真を数枚アップした次第である。
「撮影難度」の高すぎる鳥である。
私には、やはりアオサギ・シロハラ位が丁度良い被写体である。


ブログランキング
ブログランキングに登録中。この花の画像を押して応援してください。
私の順位は!!??
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

(3月22日の続きである。)
ヨシガモの居た池の周りの道をさらに進んだ。
IMG_6796
ハシブトガラスが眼の前に居た。
(どの写真もクリックすると大写しで見れます。)
このカラスも「人慣れ」しているようで、殆ど私に警戒心を抱く事無く撮影させてくれた。
「カラス全体が人慣れ」という訳では無く、「人慣れしてくる個体も出て来る」という事なのではないだろうか?
IMG_6807
ヨシガモの居た池の端にマガモの番(つがい)が居た。
池の畔(ほとり)に居ると、また川の畔に居るのとは違った生き物に見えてくる。
何か、品格・風格が増したような…。
いや、いつもの鴨川のカモには品格・風格が無いとまで言っている訳ではないのであるが…。
IMG_6816
梅林に着いた。
紅白の梅が奇麗に咲いていた。
写真を撮っておられる観光客も何人か見られる。
IMG_6813
さっき、マガモの番(つがい)の居た池がここ(梅林)からも見えた。
その番が、まだ同じ位置関係でじっと休憩していた。
IMG_6815
梅の花が、白からピンク、ピンクから赤へとグラデーションを成して移り変わって行くような美しさに趣きがあるんじゃないか…?
等と考えて撮って行く。
IMG_6811
また、どこかに鳥が居るんじゃないか…とも思って探すが…。
居ない
「梅にウグイス」とまではいかなくても、「梅にメジロ」、或いは「梅にヒヨドリ」でも良い。
駄目なら、「梅にスズメ」でもいい。
しかし…「梅にカラス」さえ居ない。
人間が居なくなると、鳥が現れて来るのかも知れないなぁー…。
「梅林での鳥撮影」は諦める事にした。

梅林を出てさらに進むと、植物生態園に入った。
あっ!
道の端の木の小枝に何か鳥が居る!!
IMG_6834
白・黒・灰色の混じった小鳥だ!
IMG_6830
どうも、シジュウカラのようだな。
下からでははっきりしないが…。
しかし、ちょっと遠いなぁー…。
IMG_6884
おや、アスファルトの道の端の、ちょっと苔のある辺りに鳥らしきものが動いたようだ!
鳥が居るのか!?
スズメか!?
いや、「苔の色が保護色」になっているという事はスズメではないのではないか!?
IMG_6901
あっ!!
アスファルトの道の中程に出て来た。
アオジだなぁー!
わざわざ自ら餌食になり易い地点に出て来るとは…!!
このアオジも「悲しき」・「有難き」、「人慣れしたアオジ」という事だろうなぁー…。
「人慣れアオジ」には、まだ稲荷山では遭遇した事はないなぁー…。
このアオジ…さらに私に接近してくる。
IMG_6924
おや、何か見つけたのか!?
IMG_6931
何か、白い物を咥えたなぁー!
芋虫!?
よくそんなものが都合よく、アスファルトの路上に居たなぁー!
ラッキーだなぁー!!
IMG_6937
眼の周囲の黒色が濃く幅広だから雄(オス)だな!
結局、2m位の位置まで、近寄って来てくれた!!
「アオジの最接近記録」である。
バックに空間が広がり、目に光も入り…ちょっとスズメっぽいが、「最高」に近い良い写真が撮れた!
これが、アスファルトという人工的な路上でなければもっと最高だったのだが…。
IMG_6942
アオジが道端の杭の上に乗った。
いやいや、そこも木に似せた「擬木杭」なんだけど…。


ブログランキング
ブログランキングに登録中。この花の画像を押して応援してください。
私の順位は!!??
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ