(6月6日の続きである。)
IMG_0756
川上から、アオサギが歩いて近付いて来た。
IMG_0760
たいへんゆっくりとした足取りで、私の居る方に近付いて来る。
私がカメラを構え写真を撮っているのに敢えて近付いて来るという事は、そう頻繁にある事ではない。
何を考えているのだか…。
無警戒? 無防備? 無関心? 大胆不敵? 勇猛果敢? 無心? 友好的? 親近感? 慈悲? おちょくり?
IMG_0763
風格がある風貌である。
(クリックすると、すべての画像は大写しで見れます。)
相当の年齢であろう。
脚には、やや赤みがあるものの、嘴や眼元にはもう婚姻色の色合いは見られないようである。
IMG_0782
あれ…。
止まってしまった
中途半端な脚の状態で止まったな。
片足立ちではあるが、右足先がまだちょっと残っているような感じである。
休憩に入ったのか、何か狙っているのか…??
IMG_0771
近くにコサギがやって来た。
何か、パタパタと羽をバタつかせている。
あっ、「追い込み漁」のようである。
IMG_0773
羽をバタつかせて、素早く右に左に歩き回り、魚をあっちこっちへと追い込んでおいて…
魚が慌て惑う隙を見て…
IMG_0772
嘴で突っついて獲る!!
あ…「追い込み漁」失敗だ。
コサギの、脚で川底の泥を突いて小魚等を追い出して嘴で捕らえる「負い出し漁(?)」は有名である。
今見せてくれた「追い込み漁」はダイサギがよくする漁法らしく、コサギは滅多にしないとネットには書いてあったが、私はまだコサギのしか見た事はない。
IMG_0780
「残念、今のはしくじった…。」という表情(?)で、その場に立ち尽くしている。
コサギは、「追い出し漁(?)」・「追い込み漁」の他、「波紋漁法」というのもするらしい。
〇 岩や木の枝等に留まり、嘴の先で、水面をチョンチョンと突き、波紋を作る。
⇒ 魚が、何か虫が流れて来たのかと騙されて波紋近くに寄ってくる。
⇒ その魚を素早く嘴で捕らえる
といった漁である。
この漁法はまだ見た事がないので、一度見てみたいものである。
おや、このコサギの目元は黄色っぽい褐色である。
婚姻色のピンクは終わったのか? これからなのか…?
IMG_0781
コサギがゆっくり歩き始めた。
また、「追い込み漁」を見せてくれるのか…??
IMG_0785
さっきのアオサギの近くを通った。
ありゃ…。
アオサギはまださっきのままの状態だった。

コサギ「失敗を見られたか…。」
アオサギ「まだまだじゃのう。」


ブログランキング
ブログランキングに登録中。この花の画像を押して応援してください。
私の順位は!!??
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村