(8月6日の続きである。)
 
さらに山道を進んだ。
IMG_2473
あっ!
ヨウシュヤマゴボウがこんなところにあった。
どこにでもあるが、何故か見つけると嬉しくなって撮ってしまうなぁ。
全草毒だらけという植物なのに、どうしてよく撮ってしまうのか…??
「毒がある」という事そのものが魅力的であるし、「毒がある」という事は「魅力的」だという裏返しという事も考えられる。
IMG_2474
あぁ、まだ実は未成熟だ。
葉っぱもまだいまいちだ。
しかし、それでも美しいなぁ。
そうだ! やっぱりヨウシュヤマゴボウは「美しい」から撮りたくなるんだな。
これから、さらに美しくなると思われるので、ここにヨウシュヤマゴボウがあるという事を覚えておいて、また次回撮りに来る事にしよう。
IMG_2476
あっ!
あんなところにトンボが居る!
6~7m離れている。
シオカラトンボかオオシオカラトンボか…。
こんな山にも、そんなトンボがいるのかな…??
もう2~3歩、近付いて撮りたいところであるが、草藪が深くて踏み入れない。
体の機能的には踏み入れない事はないのであるが…
実は「マダニが居るかも…」と思って踏み入れないのである。
何しろ、半ズボン・半袖という…「山岳生態系写真家」としてはあるまじき出で立ちなのである。
世間では「マダニに刺されて亡くなった」というニュースが後をたたない。
家族にも毎日のように「マダニに気を付けて」「マダニに気を付けて」と呪文のように言われ続けている。
ここはやっぱり、涙を呑んで線を引いておくべきかと思い、これ以上草藪に足を踏み入れるのは思いとどまった。
IMG_2483
あっ…何だ…。
わざわざ遠くのを撮らなくても、ほんの近くにも別のも居た。
やはり、オオシオカラトンボだ。
コフキトンボにも似ているが、これは胸の斑紋はないし、コフキトンボより大きい。
IMG_2499
あっ、近くに雌(メス)も居た。
やはり、オオシオカラトンボだ。
いつもよく見るA川等、川ばかりでなく、山の中にもオオシオカラトンボは居るんだなぁ。
そう言えば、去年もこの辺で見たような気もする。
いつも「この昆虫をここで見た」と、「見た場所」を頭の中に留めておく事が必要だな、「山岳生態系写真家」としては…。
IMG_2506
あっ、マメコガネも居た。
可愛いなぁー…と、つい思ってしまうが、実はそうとばかりは言っていられないらしい。
というのは、マメコガネは日本の在来種ではあるが、過去に北アメリカに移入した「過去」がある。
その時、北アメリカには天敵が無く、猛威的に繁殖し続けて、「農業害虫」として何十年にもわたり北アメリカの重要な何百種もの植物を食害し続けたらしい。
「ジャパニーズビートル」と言われて、恐れられたらしい。
日本で現在恐れられている「特定外来種」でも、原地では当たり前のように暮らしている場合が多い。
IMG_2508
あっ、また後脚を斜めに挙げている
マメコガネがよくやる動作である。
これは、やっぱり「威嚇」なんだろうなぁ。
どう「威嚇」しているのか…??
① これ以上近付いたら、この脚で刺すぞ!
② これ以上近付いたら、この脚で蹴るぞ!
③ これ以上近付いたら、オシッコひっかけるぞ!
④ これ以上近付いたら、臭腺から臭い匂いをだすぞ!
…何回も捕まえているが、特に被害を被った覚えはない。
IMG_2518
あぁ、この辺はヤブミョウガがいっぱいだ。
ミョウガといっても、葉っぱが茗荷(ミョウガ)の葉に似ているというだけで、ミョウガの仲間ではなく、したがって食べられるミョウガの芽に似た芽は出ないらしい。
IMG_2519
去年、何種かのスズメバチが合同発生していた木を見に行った。
ところが今年は一匹も見当たらない。
木の裏側にも回ってよく見てみたが、一匹も居ない。
去年よく居た時期は、時期的にも過ぎてしまったので、今年も発生したけどもう居なくなってしまったのか…?
それとも、今年はもうこの木には発生しなかったのか…?
または、今年はスズメバチ自体の発生が全国的に少なかったのか…?
それにしても、スズメバチばかりか、カナブンも、蝶も…ハエさえいない。
ここからもうちょっと、山道に入ってみようか…。
あーっ!!
IMG_2526
何と! 山道に紐が張ってあり、「蜂注意 立入り禁止」の張り紙がしてある!
という事は、また違う木にスズメバチが発生したのだ。
どの木だ!? どの木だ!?
この山道に入ったところにあるに違いない。
通常であったら、私もよく通らせていただく道である。
入ってみるか!?
いや、何の為に張り紙をしていてくれているのか考えよ!
いや、私にわざわざ知らせてくれたとも考えられる!
いや、刺されたら病院まで走る体力があるのか!
いや、体力には自信がないが入りたい!
いや、やめろ!
10秒くらい自分の中で葛藤したが、誘惑に負けて入ってみる事にした。
IMG_2520_LI
ところが、あれーっ??
行けども行けども、スズメバチは登場してこない。
○ もう時期は過ぎてしまったのであろうか?
○ 駆除されてしまったのであろうか?
○ スズメバチを探し見つける私の根性が足りないのであろうか?
そこへ「ホーホケキョ」とウグイスの鳴き声が聞こえてきた。
どこだ!?
IMG_2524
どうも、この木のあの上の辺りから聞こえてくる
高い所である。
でもさっぱり、本体は見つけられない。
でもやはり、3回、4回とウグイスの鳴き声が聞こえてくる。
嬉しいなぁ…!
ソウシチョウに駆逐されてはいなかったようである。
でも、来年、さ来年と、しっかり見(聞き)届けていく必要がある。
「2017年は、夏の終わりにも、この辺でウグイスは鳴いていた」という事を覚えておこう。

2017年…
スズメバチは…???


ブログランキング
ブログランキングに登録中。この花の画像を押して応援してください。
私の順位は!!??
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村