IMG_3981 - コピー_LI
(本画像は見るのが辛い方もおられると配慮し、部分塗りつぶし修正しています。)
冷まじや愛に優れる食欲か
  真田八
 すさまじや あいにまされる しょくよくか
季語:冷まじ(秋)
被写体:カマキリ
八田の自己分析
 「謎解き」と来ればまずは句のみを鑑賞する。
 すると句は、「冷まじいなぁ 愛に優っている食欲か!」という。
 鑑賞者は、これはどういう意味かと悩む。
「父親が子供に準備しておいた夕食を食べてしまった」という景なのか…?
 はたまた、「二人のクリスマスケーキを彼女が一人で食べてしまった」という景なのか…?
 等と想像を巡らすが、結局作者の意図するところが見えて来ない。
 そこでおもむろに「写真」を見る。
 すると、カマキリらしき昆虫が別のカマキリらしき昆虫に何かしている様子。
 そこに大胆な画像に対する「塗りつぶし」がある。
 「塗りつぶし」の理由はこの場合、「見ない方が良いかも知れない」・「見たくない人も多いと思われる」・「しっかり見る必要はない」等であろう。
 即ちここまで来てもまだ、「見たいものが如実に見えない」という意味で「謎解き」は継続する。
 そして最終想像力を発揮した上で、やっと「これは恐らく、カマキリの共食いの状況を表現したフォト俳句だな。」と作者の意図したところに到着する。
 人間には「夫婦愛」・「兄弟愛」・「家族愛」・「人間愛」・「人類愛」等と形容される「愛」がある。
 カマキリにはそういったものに該当する「情愛」といったものがないのであろうか…?
 カマキリは単に「強いものが強い子孫を残そうとする本能」が遙かに「情愛」を超えているのであろうか…?
 カマキリは肉食性で、近くにいる「自分より小さい動く生き物」に対してはすぐ捕食意識が働いてしまうらしい。
 それはカマキリという「同類」に対しても同様らしい。
 オスは、メスに捕食されてしまうかも知れないという危険性を背負いながら生殖行為に臨むらしい。


ブログランキング
ブログランキングに登録中。この花の画像を押して応援してください。
私の順位は!!??
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村