(先日12月1日の事である。)

ついに12月となったか…。

久し振りに稲荷山に来た。
11月7日以来… 1か月近く経っている。
もうそろそろ、冬鳥が何か来ているだろう。
はっきり「渡り鳥の冬鳥」とまではいかなくても、「留鳥ではあるが、冬となりこの辺りに移動してきた鳥」位の冬鳥は居るのではないだろうか…。
IMG_4314
去年、シロハラの「クチシロ君」がホームグラウンドとしていた「石柱」の辺りから入山した。
一昨年はルリビタキの「ルリ丸」のホームグラウンドであった。
ここには、何もまだ居ないな。
一昨年、シロハラの「工藤監督」がホームグラウンドとしていた「落ち椿」のポイントでは、去年は「ハネシロセン君」が縄張りを築いていた。
この「石柱」の辺りも、去年の「クチシロ君」や一昨年の「ルリ丸」がまた来るという可能性は低いのではないか。
かと言って、他のシロハラやルリビタキが定着するとも限らないであろう。
IMG_4317
シイの木の幹を輪切りにしたのを積み上げている地点に来た。
これは、おそらく「ナラ枯れ」となった椎の木が切り倒されて、輪切りにして積まれているのではないかと考えている。
「ナラ枯れ」とは、カシノナガキクイムシにより食害されたという事である。
あっ!!
今、その一個の木片の陰から、一羽の鳥が飛び立った!!
一瞬の事で、写真には撮れなかった。
IMG_4316
あー…
樹上の何処かあの辺に行ってしまった
シロハラだったのか…?
ヒヨドリだったのか…?
それ位の大きさの、暗褐色の目立たない色の鳥だったように思う。
もしここをホームグラウンドとして、定着し始めてきた個体であったらまた何度か会えるであろう。
段々、人慣れして来てくれるのではないかと思われる。
この地点を覚えておいて、注意しながら近づいたら良いのである。
IMG_4319
鳥を探しながら、少しずつ森を歩いた。
色々な鳥の鳴き声はするのであるが…
「冬鳥」なのか、従来から居る鳥なのか…それが分からない。
IMG_4341
山道の足元に動くものが居た。
2cm位の甲虫である。
ゴミムシだな。
IMG_4341 (2)
オオクロツヤヒラタゴミムシのようだ。
冬越しする所を探しているのかも知れない。
IMG_4356
石塀にモミジの葉が落ちている。
真っ赤だな。
どこから落ちて来たのだろう。
IMG_4359
わーっ!!
石塀の上を見上げたら、大きな楓の木があり、全体が真っ赤に紅葉していた。
俳句の世界では、楓(カエデ)が赤くなっても紅葉(もみじ)だし、他の葉が赤くなっても紅葉(もみじ)らしい。
IMG_4343
近くに真っ黄色になっている葉っぱもあった。
黄色くなっても黄葉(もみじ)というらしい。
IMG_4320
笹薮の辺りに来た。
去年、ソウシチョウが居たポイントである。
その時は10羽位居る気配が感じられたが、本日は何も居ないようだ。
ウグイスが駆逐されてしまったという事はないのか、それが心配である。


ブログランキング
ブログランキングに登録中。この花の画像を押して応援してください。
私の順位は!!??
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村