(先日6月9日の事である。)

梅雨に入ったが、本日は何とか雨が降ってなく持ちこたえている。
今の内に鴨川散歩に行っておこう。
IMG_0016
おや、これはヤブガラシだな。
藪(やぶ)を覆って枯らしてしまう程の育成が旺盛なところからの命名らしい。
これはまだ殆どがツボミだな。
ピンクの「花盤」というのが中央付近に見えるが、それが花弁が散ってしまった「跡」らしい。
IMG_0010
おー、こっちのは「花盤」が多くなっているな。
IMG_0008
うわー、こっちのはピンクのやら橙色のやら…さらに多い
これらの「花盤」に、ハチやチョウが集まっているのをよく見かける。
美味しい蜜が一杯あるらしい。
やっぱりヤブガラシは昆虫が上に居る時に撮るのが一番だな。
次回はそういう時の記事を載せよう。
IMG_0024
あっ! 木の幹の表面にイラガの繭(まゆ)だ!
白いのが二つ見えるな。
その周辺にも褐色の殻が幾つか見られる。
近寄ってよく見てみよう。
IMG_0023
この白い二つの繭は、模様が付いてないので、普通のイラガではないな。
アオイラガかヒロヘリアオイラガか…??
周囲にある殻は穴が大きく開いているし古いので、成虫が既に抜け出た去年か一昨年の殻であろう。
二つの白い繭と周囲の殻は、同じ種類のイラガなのか、また別の種類なのかは…??
この白い二つの繭はまだ穴が開いていない。
という事は、生体が中に入っているという事である。
イラガは、冬前に一匹の終齢幼虫が自ら繭を作り、春に繭の中で蛹化し、6月に羽化するという。
…という事は、もうすぐ成虫が出てくるんだな…。
楽しみだな…と言ったら、不謹慎か…!?

やや蒸し暑い中を、トボトボと歩いていたら、何やら元気な声が聞こえて来た。
IMG_0059
ブォオーン… ブォオーン… ブォオーン… ブォオーン… ブォオーン…
あーっ、ウシガエルだ!
今年A川でも鳴き始めたが、この鴨川でも鳴き始めたか…!
こっちのは「大鳴き」だな。
そう言えば、去年もこの辺から聞こえて来たっけな…?
何処だ…??
あの辺から聞こえて来るのだが…。
一応写真を撮ってみたが、写っている気配は…無い。
やはり、「特定外来種」だけあって、しぶとく残っているな…。
他の生態系に大きく悪影響を及ぼすという事らしいが、全く居なくなってしまうのも寂しい…
と言うと、これまた不謹慎かも知れない。
IMG_0097
あっ!
ヒメジョオンの花の辺りに…チョウが2匹飛んで来た!
白いのと黄色いのだ!
モンキチョウの雌雄のような感じだな…!
片方が白いという事は、それは白色タイプのメスだな。
撮って、それが正解かどうか確かめてみたいな。
…しかし、なかなか留まらない。
飛んで居るのを撮ってみようか…!
しかし、今まで、まともに撮れた事がない。
でも、ひょっとして、偶然にしっかり撮れるという事があるかも知れない。
よし、挑戦だ!!
カシン! カシン! カシン! カシン! カシン!…
行ってしまった。
駄目だ…。 今回もしっかり撮れなかった…。
これが、望遠レンズだからかな…。
前のコンパクトカメラの時は、もう少しマシだったような気がする。
IMG_0172
あっ!
ここには留まっているチョウが…!
橙色で小さい!
羽を広げているな!
IMG_0164
ベニシジミだ!
逆さまに留まっている。
羽を広げたままだ。
この前写したベニシジミは、羽を閉じたままだったのに、本日は逆だな…。
昆虫というのは不思議だな…。



ブログランキング
ブログランキングに登録中。この花の画像を押して応援してください。
私の順位は!!??
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村