IMG_1965
秋の日の来るや命に感謝する   
良蕉
 あきのひの くるや いのちに かんしゃする
季語:秋の日(秋)
被写体:アブラゼミ
良蕉: 「秋の日差し」は真夏のような暑いものから、初冬を思わせるような弱いものまであります。
    また、秋は、「台風」・「収穫」・「盆」・「旅行」・「運動会」等、色々な自然現象や行事等があり、その時その時に対する感慨も様々です。
    「秋の日差し」に対する感慨も様々でしょうが…
    何か「命」というものに対する感謝の念のようなものが起こって来ます。
    このアブラゼミは、9月になってもまだ残っていたメスで、周囲にもう他のセミは見られませんでした。



ブログランキング
ブログランキングに登録中。この花の画像を押して応援してください。
私の順位は!!??
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村