発達障害の子育てブログ・ライブドア

発達障害の子育てブログ・ライブドアは、発達障害や自閉症、アスペルガー症候群、に関する育児&ブログサイトです。発達障害に関する基礎知識や口コミ情報を集めて、紹介していきます。よろしくお願いします。

July 2010

反復的運動と興味の限定(静岡県の発達障害の特徴)



たまごっちって、今日、月曜日なんですね。


静岡県の発達障害の特徴について検索していますか?


「河津町」とか「西伊豆町」「湖西市」だったら、まずは近くを探して確認してみてください。


ネットが良いならヤフー知恵袋などでも、詳しい話が載ってる場合があります。


思考法にもよりますが、考えすぎでも良いアイデアはでません。 静岡県だとしたら、「静岡新聞」また「黒はんぺん」や・「KKRホテル熱海」などで気分転換もいいのことと思います。 では、メインコンテンツにいきますね。











それでは、静岡県の発達障害の特徴の解説です。、「反復的運動と興味の限定」をサクっと紹介してみます。









子どもの精神障害のうち、アメリカ精神医学会の『精神疾患の分類と診断の手引き』DSM−4で「公汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害と同義)」に分類されます。

その最も典型的なものとされる「自閉性障害(自閉症と同義)」には、「反復的で奇妙な運動」や「対象の一部に夢中になる」といった、症状がみられます。



では具体的にこれらはどのようなことを言うのか、『みんなで学ぶ発達障害と高機能自閉症』星和書店2004を参考にあげてみます。

 

「反復的で奇妙な運動」

●興奮や混乱すると手をパタパタさせる



●目の前で指をゆらゆらさせる

●奇妙な手の位置や、その他の手の動き



●長時間にわたり、くるくる回転したり、身体を揺らしたりする

●つま先立ちで歩いたり走ったりする



 

「対象の一部に夢中になる」



●不自然なものの用い方をする(例:人形の目をぱちぱちと開けたり閉じたりする、遊具の車のドアを繰り返し開けたり閉じたりする)

●対象の感覚的な質に興味をもつ(例:物の匂いをかいだり、しげしげと見つめたりすることを好む)



●動くものを好む(例:扇風機、流水、回転する車輪)

●不自然な対象への執着(例:オレンジの皮、糸など)



 

「自閉性障害(自閉症)」は、『精神疾患の分類と診断の手引き』における「公汎性発達障害」の最も典型的なものとされます。



この反復的で奇妙な運動や、対象の一部に夢中になる、といった、行動、興味、活動の限定および反復は、公汎性発達障害のなかでも特に高機能自閉症スペクトラムに入る「アスペルガー障害(発達障害)」でもあてはまります。

 

楽天ブックス続きを読む

常同性へのこだわり(岡山県の発達障害の特徴)



月曜に見るテレビ決めてますか?  不可思議探偵団、今日の特集は何?


岡山県の発達障害の特徴の情報を検索している方へ。


「吉備中央町」など「勝央町」「新庄村」でしたら、まずは近くを探してみましょう。


ほかにもオーケーウェブなどでも詳しい話が載ってる場合があります。


良い方法が浮かぶコツはちょっとした考え方。岡山県だとしたら、「岡山朝日高等学校」や・「キリンビアパーク岡山」「倉敷総踊り」などで気分転換もいいと診断されるかもしれません。 では、本題に進みましょう。 少なくとも5ページくらいは、見てくださいね。











それでは、岡山県の簡単に発達障害の特徴の、「常同性へのこだわり」を簡単に説明します。









発達障害としばしば混同され、また比較される自閉症(自閉症スペクトラム障害の最も典型的なもの)があるお子さんは、毎日の日課が常に同じように行われることに異常なほどにこだわりをみせます。

精神疾患の診断のバイブルである、『精神疾患の分類と診断の手引き』DSM−4(アメリカ精神医学会)でも、この特徴の詳細診断基準のひとつにあげています。



変わりがない、ということに頑なにこだわり、いつも同じ道筋をたどる。

 

この症状の具体的な例とは以下のものです[参照:『みんなで学ぶ発達障害と高機能自閉症』星和書店2004]。

●正確な手順を踏んです。よってある特定の活動を行うことを求める(例:特定の手順で車のドアを閉める)



●いつもの日課に些細な変化があっただけで混乱する(例:学校からいつもと違う道を通って帰るなど)。

●いかなる変化に対しても予め警告を求める。



●いつもの日課や儀式に従わないと、ひどく不安になり混乱する。

 

注意:「自閉症スペクトラム障害」は、「公汎性発達障害」とほぼ同義で用いられます。

このうち最も典型的なものを「自閉症」といいますが、その症状や深刻さにはかなりの幅があります。



 

「スペクトラム」と呼ばれる所以です。正常な知識とかなり優れた言語使用能力をもつものを「高機能」と呼びます。



「高機能自閉症スペクトラム障害」と言われるもののなかに、「高機能自閉症」と「発達障害」が含まれます。

DSM−4では、「自閉性障害」や「アスペルガー障害」という名称を用います。



  

◎☆



楽天ブックス続きを読む

コミュニケーションにおける質的な障害(熊本県の発達障害の特徴)



月曜深夜、TBSの 関口宏の東京フレンドパーク て見てる?


熊本県の発達障害の特徴について検索している方へ。


「甲佐町」とか「山江村」や「南関町」なら、まずは近くを探して確認してみてください。


オーケーウェブなどでも具体的な相談があります。


おもしろいのがただ考えていてもよい考えはでないものなんですよね。熊本県なら、「山鹿灯籠」など「鳥飼」や・「天琴(人吉市)」などで気分転換もいいと診断されることと思います。 さっそく、対策の話を説明します。











それでは、熊本県の「コミュニケーションにおける質的な障害」をサクっと解説いたします☆









発達障害や高機能自閉症、自閉症スペクトラム障害など、発達障害およびその関連の障害は、診断基準が専門家のあいだでさえ揺れているのが現状です。

診断のバイブルといわれるアメリカ精神医学会の『精神疾患の分類と診断の手引き』DSM−4では、発達障害としばしば比較、混乱される、自閉症の診断基準の「コミュニケーションにおける質的な障害」として、次の4つを挙げています。



(^_^)v

その具体的な例をあげてみます(参考『みんなで学ぶ発達障害と高機能自閉症』星和書店2004)



1.話し言葉の発達の遅れ、または完全な欠如

2.会話を維持することが困難



3.不自然もしくは反復的な言語

4.発達水準に不相応な遊び



 

まずはこの1〜4の症状のうち、1と2のふたつの記事、その具体的な例は以下の通りです。



 

症状1話し言葉の発達の遅れ、または完全な欠如



●2歳までに単語を用いたコミュニケーションを一切行わない。

●3歳までに簡単な句を用いることがまったくない。



●発話がみられるようになった後も、文法は未熟で間違いが繰り返される。

 

症状2会話を維持することが困難

●会話の開始、継続、あるいは終了の方法がわからない。



●話を前後させ、あれこれ話題を交えて語ることはほとんどない;会話を独り占めし延々と話し続ける。

●他人の発言に応じることができない。



●特別に関心のある話題以外の話をすることが困難。



これらの基準だけをみると、確かに「障害」であるようにも思われます。

「正常」との境がいかにあいまいか、また正常と限りなく近いところにある場合もあるということがわかるのではないでしょうか。






























ほか、関連サイト  





川村ゆきえをニコニコ動画で探せ!!!




続きを読む

共存症(大分県の発達障害の特徴)



今日は月曜か。 月曜というと、 ネプリーグおもしろいよね。


大分県の発達障害の特徴について探している人限定の話です。


「竹田市」また「玖珠町」、「宇佐市」だったら、まずは近くを探して確認しましょう。


ほかにもオーケーウェブなどでも具体的な相談があります。


でも、同じことを考えていてもこれだ!という答えはでません。 大分県でしたら、「蜂の巣湖」や「観海禅寺」・「大分交通」などで気分転換もいいと診断されることと思います。 さっそく、本題を説明します。 少なくとも5ページくらいは、見てくださいね。











それでは、大分県の「共存症」を簡単にお話をします☆









わが子には何か、同年代の他のお子さんたちとは違うところがある。

そう感じてきながらも、ではその違うところとは何かというとよくわからないのではないでしょうか?



そんなジレンマを抱えて日々を過ごしてきたご両親方にとって、診断はひとつの目標であり、かつまた新たな始まりともなります。

診断を下す専門家も、またそれを受け止めるご両親にとっても、簡潔な診断であればそれに越したことはないはずです。



(-_-)

しかし常に発達障害や高機能自閉症という単独の診断ではおさまるとは限りません。



 

複数の精神症状を抱えている場合を「共存症」といいます。



このような混在する症状を治療しないままに放置しておくことは、お子さんの機能全体を悪化させる要因ともなります。

『みんなで学ぶ発達障害と高機能自閉症』星和書店2004では、発達障害と高機能自閉症にしばしば併発する他の障害とその特徴を挙げています。



共存する診断とその特徴

●不安障害・・・過剰な心配。・恐怖のために特定の状況や対象を避ける。



●注意欠陥/多動性障害・・・不注意。・多動性。・衝動性。

●うつ病・・・悲しみや、いらいら。・以前は楽しんでいた活動に興味がなくなる。・食事と睡眠のパターンにおける変化。・疲労とエネルギー不足。・価値がない、希望がないという感情。・自殺観念または行動。



●トゥレット症候群・・・チック(突拍子もなくすばやく繰り返される動き、または音)。



  

♂ 
































ほか、関連サイト  



発達障害wiki 






続きを読む

DSM−4による自閉症の診断基準(兵庫県の発達障害の特徴)





タレント候補って強いイメージがあるけど、どうしちゃったんでしょうか?




それだけ国民が、真剣に生活を考えるようになってきたってこと?




知らないうちに、税金の無駄遣いされるのは、もう勘弁して欲しいですからね。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100712-00000295-yom-pol







兵庫県の発達障害の特徴を探していますか?


「大阪市浪速区」とか「堺市中区」・「岬町」だったら、まずは近くを探して確認してみてください。


オーケーウェブなどでも詳しい話が載ってる場合があります。


良い方法が浮かぶ裏技あります。兵庫県なら、「大阪ドーム」・「丸福珈琲店」・「人車祭り」などで気分転換もいいと診断されると診断されるかもしれません。 それでは、具体的な話に進みましょう。 少なくとも5ページくらいは、見てくださいね。











それでは、兵庫県のかんたんに発達障害の特徴の、「DSM−4による自閉症の診断基準」を説明します。









アメリカ精神医学会の『精神疾患の分類と診断の手引き』DSM-4では、自閉症の診断基準はどのように記されているのでしょうか?[参照:『発達障害と高機能自閉症』星和書店]

 

ただし、『精神疾患の分類と診断の手引き』では、発達障害や自閉症という言葉を用いません。

 

「アスペルガー障害」また、「自閉性障害」という名称を用いています。これらの用語の間には何の違いもありません。



DSM-4の症状

『精神疾患の分類と診断の手引き』DSM-4では、症状として大きく3つの分野を設けています。



1.社会相互作用における質的障害

2.コミュニケーションにおける質的な障害



3.行動、興味、および活動が限定され、反復的



そしてこれらの各領域のことついてそれぞれ具体的な症状とその例を示しています。

 

●社会相互作用における質的障害

1.対人的相互関係を調整する非言語性行動の使用の著明な障害



2.発達水準に相応の仲間関係をつくることができない

3.喜びや達成、または興味を他人と分かち合うことがほとんどない



4.社会的または情緒的相互作用の欠如

 

●コミュニケーションにおける質的な障害

1.話し言葉の発達の遅れ、または完全な欠如



2.会話を維持することが困難

3.不自然もしくは反復的な言語



4.発達水準に不相応な遊び



●行動、興味、および活動が限定され、反復的

1.興味が限定的に集中し、その程度や対象が、過剰に強烈かつ/または不自然



2.変わりがない、ということに頑なにこだわり、いつも同じ道筋をたどる

3.反復的で奇妙な運動



4.対象の一部に夢中になる






















ほか、関連サイト  










続きを読む
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
  • ライブドアブログ