2017年10月03日

常勤医 平田先生 着任  “秋を楽しむ”

 10月2日(月)昨日より平田先生が着任されました。

 平田先生は私の14年後輩ですが、1年間九州がんセンターで一緒に仕事をした事があり、誠実な人柄と、内科医としての経験が豊かで、今回当院の常勤医としてお迎えすることが出来、大変うれしく思っています。

常勤医が増えて、診察の待ち時間で患者さんにご迷惑をお掛けしていたことも、少しは解消できるのではないか、と思っております。更に充実した診療も行えると思っています。


 衣替えして疲れて一休み。書斎から見る桜の葉が黄色に、褐色に秋の色になってきていますが、まだ充分緑色を残している葉もあり、陽光の変化によって色が微妙に変わり、風で形も変わって、ぼーっと眺めていても飽きない。
道を隔てた叶岳のふもとの木々の緑は濃く、数本の栗の木は実を付けている。秋ですね。

DSC00278DSC00276

DSC00273DSC00280


 診療もいっぱいいっぱいやってきて、医師会の役員もしてた頃は、こんなゆっくりした時間はなかったなあ。
しかしあの頃、ほんの10年前位までは、分単位で診療も医師会の仕事もやってテニスもやって、充実した日々だったと感慨にふけっています。


私の外来診療日は原則として週二日(月)と(金)になるので、少し体力的には楽になりますが、入院患者さんもおられるし、45名を超えた職員を抱えた理事長として、まだしっかりやって行くつもりです。


 9月23日、24日の連休を使って、恒例の職員研修旅行に行きました。

家庭の事情(育児他)や当直等で残念ながら参加できなかった職員もいましたが、20名の参加で秋の中国道を新幹線とバスで、足立美術館、出雲大社、石見銀山を訪れました。
世界遺産の石見銀山は初めて行きましたが、なかなか風情のある街道を散策しただけで引き揚げたのは残念でした。

blog-4blog-1

blog-3DSC00231


足立美術館と出雲大社は、私は二度目の訪問、足立美術館の庭はまだ紅葉には早かったのですが、やはりすばらしい風景でした。
blog-2blog-6blog-7


出雲大社はどっしりしたしめ縄に圧倒的な迫力を感じました。



パワースポットとして注目されているそうですが、広大な敷地にそびえる木々、青空に映える日の丸の旗も立派でした。
blog-8DSC00268blog-10



山陰の新鮮なおいしい海鮮料理、玉造温泉のやわらかい湯は印象的でした。
blog-5blog-92017923-143


皆しっかり飲んで食べて、たくさん買い物して、満足な旅だったでしょう。


 さて、10月からはインフルエンザの予防注射、原爆被爆者の定期検診が始まりますので、少し忙しくなることと思っています。

あんなに暑かった夏が過ぎて、さわやかな秋の日々、仕事もスポーツも読書もしっかりやりたいものですね。

2017年07月10日

梅雨、真っ只中

 梅雨の真っ只中、湿った空気とひんやり感が少し。

雨が降り続くと気分も滅入りますが、今年は陽性の梅雨みたいで、雨の合間にテニスができて機嫌よく過ごしています。


 検査希望の患者さんも暑さが増すとだんだん減って来てますが、熱中症気味の夏バテの患者さんが増えてきたみたいです。

しっかり水分を取りながらきちんと運動して汗をかいて元気に過ごして行きたいものですね。


 6月終わりに沖縄の海に遊びに出かけました。

行った次の日から梅雨が明け、少しひやっと感じる位の海の感触を楽しみました。

今年訪れたのは渡嘉敷島、那覇からの高速船がドック入りだったのでフェリーで一時間半位。


DSC04963DSC04973


今年は数年前に訪れた賑やかな阿波連ビーチではなく、白砂が続き、はまゆうが薄紫の花を咲かせ、長く続く入江の三日月型の砂浜の両端は岩場がある渡嘉志久ビーチ。

DSC04983DSC04967DSC04987DSC04989



ホテルが海辺にあって、朝夕、波の音を聞きながらじっと雲の流れを眺めているだけでも心安まる時間でした。

阿波連よりバナナボートで15分位のハナリ島という無人島にも行ってきました。

DSC05001DSC05002


少し潮の流れが強かったです。あまり多くはありませんが、白、紅、青色のサンゴも見られ、そこに群がるカラフルな魚達は、何度見ても嬉しくなります。

DSC05038DSC05046
DSC05022DSC05027


この渡嘉敷の海は透明度が高く“慶良間ブルー”と称されているそうですが、私が出かけた世界各地の海の中でも、ベストと言ってよい程で、何度でも行きたくなる海です。




 梅雨明けまで不順な天気が続くものと思いますが、体調を見極めてクーラーの効いた部屋から飛び出し、海や山で楽しみましょう。


 やはり梅雨には紫陽花の花、青紫色が良く似合いますね。


 最後になりましたが、県南部で大雨の被害に遭われた方々へお見舞いの気持ちを伝えたいと思います。


2017年03月28日

春の喜び

 木々の緑が増し、次々と花が咲き始めました。
私の大の苦手な寒さが和らぎ、待望の春の到来です。我が家の庭では、“かいどう”の薄紫の花が開き始め、“利休梅”が気品のある白い花を咲かせ始め、日増しにぎやかになってきています。

黄色い水仙も今年は何故か大量に咲きました。

DSC04896DSC04901

DSC04899DSC04903



 今冬はインフルエンザの流行も小規模で、私も風邪引かずにすみました。気温10度以下の日も少なくて、週2,3回のテニスも十分やれて、体調は上々です。

 職員達も元気で、例年春の異動が数人あるのですが、今年の春は、1人だけ退職、二人が育休から復帰してきます。
診療を助けて頂いている先生方も水曜日の担当の先生が大学の人事で変更になるだけで、後は変更ありません。
私の診療日も変更なく、副院長共々協力して、外来に訪れる患者さん達、入院で治療を受けられる患者さん達のために力を尽くたいと思っています。


 4月7日は、開院記念日で、当院は38年目に入ります。
副院長は8年目となります。医院サンルーム前の木々もすっかり成長して、川の流れが以前みたいには見えませんが、川の音、木の葉のそよぐ音が、患者さん達の癒しになっているものと思っています。

河畔の散歩道もすっかり整備され、早朝から夜間まで運動している方がおられますが、この環境を利用して始めた“元気塾”は、副院長、看護師、栄養士が中心となり、もう7年目となり、患者さん達にも喜んでもらっています。

8cadf37e-s46bbf3d9-s

2d7e3776-s499a3854

生活習慣、運動や食事を見直して、より健康な日々を送っていただきたいという、私共の願いです。


 ソメイヨシノの蕾も膨らんできて、咲き出せば本格的な春ですね。汗をかいて体調を整えましょう。

DSC04900

 皆様の春の日々が充実した楽しい日々でありますように祈っています。