2007年09月23日

ワカメ

そろそろ引越しするにあたって片付けなければならないものが色々とある。
その一つが冷蔵庫の中身だ。
元々買い溜めはしないので大抵のものはすぐ片付いたのだが、容易には片付かないものもある。
その一つがワカメだ。

たかがワカメと侮る無かれ。
総量が味噌汁百リットル分くらいあるのだから大変だ(むしろわかり難い)。

仕事をしていた時にお客さんから「これ塩揉みワカメだから食べてーうぇっへっへっ」と貰ったのだが、べらぼうに長く保存がきくので、焦って消費しなかった。
最近は必死になってワカメ狩りをしているのだが、半月かけて未だに半分すら消費できていない状態だ。

今日も今日とてラーメンに、麺とワカメが1:1の配分で入れて食したが、やはり終わりが見えてこない。そろそろ憎しみが湧いてくる程に辛くなってきた。
坊主憎けりゃ袈裟まで憎いとは言うが、ワカメが憎ければパンチラが憎くなる。

で今日、食器を洗っていたら突如として水が流れなくなった。トイレが詰まったときのあの嫌な感覚。コンビニで詰まらせて知らん振りして帰ってきた嫌な記憶が蘇る。

なんぞこれ、と排水部分を開けて見て腰を抜かした。ホラー映画のワンシーンが現実に起きていた。髪の毛がワラワラワラワラワラワラと詰まってぎゃああああって全身が一瞬で鳥肌に覆われて目を逸らそうとしてでも気持ち悪いものから目を逸らせないあの不思議な感覚に襲われてはわわ敵が来ちゃいましたご主人様という思考を辿ってそこでようやく気付いた。


これ全部ワカメだ。


いやそれはそれで気持ち悪いんだけど。どうやら水で戻して水切りをしたさいに逃げ出したワカメ兵共が徒党を組んで反乱を起こしたみたいで、排水していかないの。もう全然。しかも時間をかけて水を吸ったおかげで肥大化が半端じゃなく、ヌルヌルとしていて感触が最悪。

ワカメは侮っちゃダメ!絶対!

流石に食べる気にはならないので生ゴミとして掃滅したが、もういっそ余ってる分も捨ててしまおうかと考え中。あるいは超効率的なお手軽料理を考案するか。

ワカメサラダという手もあることにはあるが、かつて、私の誕生日を忘れた母上が置手紙と共にワカメサラダを置いて出かけていったというトラウマにより却下する。
置手紙には「ちょっと時間が無くてワカメサラダしか作れなかったの。晩御飯は自分で夜露死苦ね(はぁと)」という旨が書かれていて、作ったも何も水で戻しただけのワカメを料理と言えるのかと、幼いながらも哲学的なことを考えていた思い出がある。

ポン酢で食べたが少ししょっぱかったと記憶している。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
もうご近所に配っちゃえ!w
Posted by わら。 at 2007年09月24日 01:05
わかめ大好きなので宅急便で送ってくださいませんか?
出来れば代金はノリちゃん持ちで(ぁ
Posted by レモン at 2007年09月24日 10:10
持って帰ればいいじゃん
Posted by わ at 2007年09月24日 14:42