令和4年度が始まりました

看護部では7名の新任職員を迎えました

辞令式

辞令交付式後、病院長より
高齢患者さんにより
 良い医療を提供するために、
 自ら考え実践してほしい。
      
という訓示がありました。


看護部に於いても看護実践能力を高め
高齢患者さんへのケアが充実
できるよう取り組んでいきたい
                    と気持ちを新たにしました。


服部病院看護部では、今年度以下の
  3つの目標に取り組みます

 1.クリニカルラダーを導入し、
                  看護実践能力を高めよう
 
    2.病院の方針を理解し、組織の
    一員として病院経営に参画しよう
   
    3.看護職者としての接遇を徹底し、
                             信頼される職場を作ろう


  新任職員を迎え、
  看護部職員が一丸となって、
  目標達成に向けて
  取り組んでいきますので、
  宜しくお願い致します

                             看護部長  野田 保代

令和3年度の最終研修は、3・4年目研修を2月に行いました

事例を通して、
看護実践の振り返りを一人一人発表し、
看護部長からの修了書授与がありました

1年間の研修を通して、研修生同士の意見
交換は、
他者の考えに触れることができ
良い刺激 
になったようです

また、研修担当した看護師長会では、
研修生の成長を感じることができ、
共に学ぶ機会 
となりました。

修了書授与

間もなく令和4年度を迎えますが、
ぎりぎりまで教育計画
考えているところです

当院で透析を受ける患者さんは
約150人です。
慢性透析を受ける患者さんの看護実践が
「強み」となるよう、
  透析看護認定看護師による研修
                                        を企画します
外観
み渡った青空は、年度末の忙しさを癒してくれます
次年度も、教える人も教えられる人も学ぶ環境を作っていきたいと思います。

      看護次長  岡脇 睦子

回復期リハビリテーション病棟師長の櫻井です

師長の役割を担い1年が経った時、
ファーストレベル研修を受講しました
受講を終え数ヶ月経ちましたが、
先日やっと修了証書が送られてきて
ホッとしました

今までは、
       看護管理の知識や根拠は浅く、
       自己流になっているのではないか

                         と不安を感じていました。

研修では、各教科の講義や
グループワークを通じて、基本的な
看護管理の知識を得ることができました。

また各教科、レポートに追われる日々
でしたが自己の課題と向き合うことが
でき、もっと広い視野で管理することの
大切さを理解できました。

そして、
他施設の看護管理者仲間
との交流は、とても心強く
自分自身にとって良い刺激となりました。

この学びを無駄にしないよう、
患者さんを大切に思い、
寄り添い、
患者さん主体の看護
が行える組織づくり
   
を目指し、
病棟全体でよりよい看護が提供できるよう
努めていきたいと思います。

この貴重なチャンスをくださった病院と
長期不在中にご協力くださった
他部署の方々、
また、温かく送り出してくれた
回復期リハビリテーション病棟のチームの皆に
心より感謝しています

回復期リハビリテーション病棟師長 櫻井芳子
師長

↑このページのトップヘ