kyoiku こんにちは。服部@名南経営です。
 企業の人事担当者の方と教育制度についての議論になるとき、「矛盾しているんだよね」という話が出ることがあります。

 企業内の教育制度では、質や能力の向上を目指して構築していくものの、企業が本当にその教育を受けてもらいたい従業員は、仕事ができる故にあまりに多忙で受講できず、むしろ、仕事ができない手を抜く従業員が手を挙げることが多いとのこと。
 企業としては、同じお金をかけるのであれば、エース級に投資をしたい一方で、想定外の人材が手を挙げ、それを矛盾と感じているようです。

 確かに、仕事ができない従業員が教育を受ける必要性はあるでしょうが、受けてもそれを仕事に結び付けようとしない上、受けさせてもらったにも関わらず、陰で文句ばかり言っているというケースもあるようで、人事担当者が矛盾と言われることが何となくわかるような気がします。
 条件を絞り過ぎると誰も受講できなくなったりと、企業内の教育制度の在り方は、奥が深いものと感じざるを得ませんね。