nancyate こんにちは。服部@名南経営です。
 少し前ですが、あるクリニックに行きました。その時のお話です。

 やや長い待ち時間の中でスタッフの方がある患者のところに向かっていきました。

スタスタスタ・・・手を前で合わせて、ややひし形っぽい形をつくりお辞儀をしてペコリ。
「患者様、○○○でございます」

 失礼ながら、何とも滑稽に感じ、思わず笑いそうになりました。そのクリニックは高級住宅地にあるわけでもなく庶民的な街にあるクリニック。患者用駐車場から少し離れた職員用駐車場には、ぬいぐるみやアクセサリー満載の軽自動車が駐車されています。

 確かに接遇面を向上させるということは重要かもしれませんが、患者の私の立場としては、そんなことをされるよりも(私はされなかったが)、「待ち時間○分です」といった表示モニターがあった方が余程有難く、普段使わないような言葉で話しかけられるよりも、多少丁寧な話し方で十分。関与先であれば、後日、院長といろいろと議論できるのですが、関与先でもありませんでしたのでスルー、今でもそうした接遇で患者対応をしているのでしょうが、丁寧過ぎる対応=接遇と勘違いしているように思え、患者の満足という認識にズレがあるように感じました。