こんにちは。服部@名南経営です。
 来月、LCG(日本人事労務コンサルタントグループ)の企画によってソウルに渡航します。そのため、本日も番外編はソウル情報。

 ソウルへの渡航は、日本各地の空港から発着していますが、その多くが仁川国際空港で出入国します。
仁川国際空港からソウル市内に行くにあたっては、バスという手段もありますが、意外に時間が掛かります。渋滞などがあれば恐らく120分くらいかかることもあります。

 私がよく利用するのは鉄道。
 鉄道は、仁川国際空港とソウル駅を結んでおり、各駅停車とノンストップの高速鉄道があります。各駅停車は4500ウォン(約450円)で約55分。高速鉄道は8000ウォン(約800円)で約43分。

 各駅停車の方が本数は多いのですが、時間が合えば高速鉄道をお勧めします。理由は、各駅停車は座れないことが少なくない上、仁川国際空港まで行かずに途中止まりが何本かに1本あり、結局、1時間以上掛かることもあります。イスも硬く、お尻が痛くなってきます。

 その点、高速鉄道はノンストップで座席指定なので結構ラク。座席もしっかりしているので、疲れることもありません。わずか数百円の違いなのでこちらの方がお得ではないかと思います。ちなみに各駅停車と高速鉄道は乗り場が違うので注意が必要です。

 高速鉄道の時刻表は以下(2016年1月時点)。

仁川国際空港→ソウル駅の時刻表(上の写真)
ソウル駅→仁川国際空港の時刻表(下の写真)
tosol
toincn