denshi こんにちは。服部@名南経営です。
 先週の土曜日の日本経済新聞のトップ記事は、訪日外国人のためにビザの手続きを2019年からを目途に電子化を進める、との内容でした。
 現在は、外国人が来日するにあたっては、国によっては現地の大使館に出向く等の対応が求められていましたが、アメリカのESTAを参考に電子認証を進めるとのこと。

 政府が示す「マイナンバー制度利活用推進ロードマップ」では、2019年には日本国民のパスポート管理とマイナンバーを紐付けていく方向性が示されておりますが、これによってインバウンドとアウトバウンドの両方が電子化によって管理されていくことになります。

 行政の効率化にも繋がることから、これらは加速していくでしょうが、いよいよ本格的に電子管理が進みそうで、着実に敷かれたレールにて進んでいるように感じます。