こんにちは。服部@名南経営です。
 深刻な介護人材不足対応のために、訪問介護にも外国人労働者を活用していこうという動きがみられます。施設内の介護と異なり、自宅へ訪問する訪問介護は、抵抗感を示す人も少なくないものと推測されますが、背に腹は変えられないのか、受入拡大の方向で検討が進められています。

 しかし、この案、本当に上手くいくのでしょうか?
人材不足だから外国人に頼るというのは、いかにも安易な考えで、しかも、それ以前に外国人が日本に来てくれるのかという問題もあります。

 安易に外国人労働者に頼ることなく、まずはそれぞれの施設において人材確保について徹底的に智恵を絞る努力が必要ではないかと思います。