qr こんにちは。服部@名南経営です。
 月曜日に視察したソウルのハローワークで、求人票を見てみました。
 といっても、ハングル語はさっぱりわからず、理解不可能でしたが、求人票にはどれも二次元バーコードといわれるQRコードが掲載されており、スマホで読み取ってみると、詳細は求人内容と思われる内容が書かれていました。

 これでもか、というくらいの求人票の情報があっても労働トラブルが生じる韓国。翻って日本をみると、そもそもハローワークの求人票は極めて簡素化された情報しか記載できず、QRコードの工夫すら感じません。

 捻くれた見方になりますが、シンプルすぎる内容の求人票をハローワークは受付け、求職者はまるで行間を読むかの如く、その会社を理解しようとするものの、結局、ミスマッチが生じて労働基準監督署に急行。つまり、マッチポンプではないかという見方もできます。

 よって、少なくともハローワークの求人票は、今の3倍以上の情報量を網羅できるようにして、スマホで読み取れば更に詳細な情報や写真、動画等が閲覧できるようになれば、採用後のトラブルは激減するのではないかと考えられ、是非、工夫をしてもらいたいところですね。