india3 こんにちは。服部@名南経営です。
 木曜日の夜、自宅で食べた鰹のタタキに当たり、激しい腹痛と下痢で、一晩、まったく眠れませんでした。

 金曜日はクライアント様にて研修講師があったため、休むこともできず薬を飲んで普通に出勤し、問題なく終わらせることができましたが、この感覚、インドやバングラデシュに行ったことを思い出しました。

 ネットで症状を調べれば、恐らく、アニサキス症の食中毒。南アジアでは、まるで儀式のように激しい腹痛と下痢に悩まされますが、著しく体力が消耗すると同時に、微熱が出て食欲等も減退します。

 そんな経験をしても、再び行ってみたいと思うのが、南アジアの変な魅力。娘の高校受験も終わったので、行こうかなと思いつつも、まずは今の体調を整えねば・・・。それにしても、今年は厄年のように身体にガタがきているな。。中年だから仕方ないか。