th0603 こんにちは。服部@名南経営です。
 東南アジアのタイにおいて、モバイルバンキングを対象に指紋を採取しようという動きがあります。そして、その次には全スマホ所有者から、安全保障目的で指紋を採取しようという方向性が示され、タイ国内で物議を醸しているようです。

 タイでは、7歳以上の国民に対してIDカードであるバットプラチャーチョン(บัตรประชาชน)が付与され、いわゆる日本のマイナンバーに先駆けて様々な使途で使われていますが、この交付には、指紋登録が必要なはずですが、なぜか改めて別ルートで指紋採取が求められています

 確かに、タイ南部では頻繁に爆発テロが発生し、バンコク市内でもしばしばテロ行為が起きていますので、管理をしたい気持ちもわからないでもありませんが、機微情報だけに扱うことができる省庁が限定されているのか、こうした動きに対して複雑な気持ちを抱く人が今後も増えていくものと思います。